薄井寿男のひとりごと

木づかいの家

2019年12月29日 Category :: 日記

新年を迎えるにあたり

こんにちは。

宇都宮で木造住宅の新築・リフォームをしています。 薄井工務店、代表の薄井です。

早いもので、今年も終わりが近づいてまいりました。

会社としては本日(29日)を持ちまして仕事終いとさせて戴きます。

年明けは6日(月)からの業務再開となります。

休日中はご不便をおかけすることもあるかと思いますが、ネットからのメールご連絡については随時確認できますので、緊急の場合はそちらにお願い致します。

 

さて、本年も皆様方には大変お世話になり、誠にありがとうございました。

お陰様で今年で創業76年を迎えることも出来ました。

現在は創業から10年持つ企業は何と約6%しかいないとの総務省の統計がありますので、一年一年継続できることに本当に感謝致します。

心より御礼を申し上げます。 ありがとうございます!

 

毎年の事ではありますが、今年も様々な経験をさせて戴きました。

思い起こすと、やはり上手くいくことより反省の方が多くありますね~

この業界、私も35年ほど関わっておりますが、いつになってもまだまだヒヨッコ!

許認可や工期の遅れ、管理の不備やメンテナンスの内容など、ご迷惑をお掛けしてしまったお客様もあり、、大変お詫びを申し上げます。

色んな意味で勉強が足りないと深く反省しております <(_ _)>

 

しかし、そんな中でも少しは成長できたかなと思う事もあります。

 

4月には薄井工務店でも初となる、分譲を計画しました。

『ナチュラルタウン下砥上』会社から歩いて行ける場所に6件分の分譲です。

名の通り、普通の分譲ではなく、自然を活かした緑の感じるオープンな分譲です。

既に工事は始まっており来年の秋口にはっ全棟完成すると思います。

 

7月にはデザイン性のある外構をガーデン業界のカリスマ 宮本先生とコラボした      『GARDENS GARDEN』 を取組始めました。建物とガーデンを総合的にデザイン計画した内容です。

現在、会社のガーデンショールームもリニューアルしていますので4月頃にはオープン致します。

楽しみにされて下さい。

 

8月には、薄井工務店の現場の標準仕様手引きの見直しをし、新基準が完成しました。

大きくはこれから多くなるであろう水害に対する、外部の防水処理関係の強化を致しました。

世界の自然現象は年々変化して行きます。それらにしっかりと対応できるよう計画をしました。

 

同じく8月に栃木県内では初となる大型パネル工法に取組みました。

これが上手く成功すると、工期が大幅に短縮され、人的施工ミスや現場事故、近隣にご迷惑をお掛けするなどのリスクが大幅に改善され、完全で安心なクリーンな現場が実現します。

年明けも数件、施工計画があります。

 

また、9月頃からは新デザインの計画をしておりまして機能性、デザイン性に優れた新しいタイプの家が来年より始まります。

現在の予定で5月頃にはそのモデルハウスも完成する予定です。

 

来年は、薄井工務店の最も得意とする『木づかいの家作り』を更に強化すべく、業務範囲を縮小する計画もあります。

これまでもお世話になっておりましたが、木造以外の工法や店舗の工事、また遠方エリアの工事は条件によりお受けできなくなることもございます。

大変、心苦しいのですが、これも私たちの社会的使命である『人にやさしい住まい』を『地域と共に目指していく』 この理念に基づき来年も取り組んで行きたく思います。

 

最後になりますが、皆様方には一年間本当にお世話になりありがとうございました。

皆様のご健勝ご多幸をお祈りしますと共に、来年がより素晴らしい年となりますよう念じております。

また、来年も薄井工務店を宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

2019年11月2日 Category :: お家コラム

様々な災害に遭いながらも、新しい期を迎える事ができました。

皆様こんにちは。

栃木県宇都宮で新築・リフォーム・ガーデンを取り組んでます。薄井工務店代表の薄井でございます。

10月は大型台風に集中豪雨など、甚大な被害があり、被災された皆様方におかれましては慎んでお見舞いを申し上げます。

100年に一度の災害ともいわれていますが、気候変動や温暖化などにより今後は毎年のように水害が起きる可能性もあります。

今後の家づくりについては、本当に水害を考慮した作りにする必要がありますね。

弊社のお客様においても、床下床上浸水など罹災された建物も数件ありました。

まだまだ処理が追い付かない状態ではありますが、今後も全力を尽くして修復作業を進めたく思います。

 

さて、私共も長い間、建設業に携わっておりますと、今までにも様々な災害に遭遇してきました。

薄井工務店の創業は昭和21年。戦後間もない時期ですので戦争の影響は直接受けてはおりませんが、自然災害については震災、風災、水災など数多くの影響を受けてきました。記憶に新しいのは、やはり2011年の東日本大震災、そして先月の台風19号。

大震災も勿論心配ですが、頻度からすると水害の方が多くを考慮する必要がありますかね。

先の施工手引きの見直しでは防水性に絡むバルコニーや換気箇所の収まりを強化してまいりましたが、現在は屋根や窓周りの直接的に影響を受ける箇所のデザインも見直しを掛けています。

建物の性能も耐震耐風、断熱気密と、いまや当たり前ですが。

これからは水密性、防水性の向上を目指していかなくてはなりません。

既に、あるメーカーさんでは1メートルまでの浸水に耐えられる家なども開発しましたね。

ん~凄い! 弊社も頑張らねば!

 

そんな多くの災害に遭いながら、家づくりを常に考えてきました薄井工務店ではありますが、お陰様で弊社も会社設立で11月1日より第44期目を迎えることが出来ました

これもひとえに長期に渡り、支えて下さったお客様、業者様、社員さんなど本当に感謝に堪えません

会社にとってはお誕生日のようなものです。

1人で育つことも大きくなることもできません。皆様のお力があってこそこれまで長く営業をすることが出来ました。 ありがとうございます。

 

経営理念 『人に優しい住まい。木づかいの家づくりを。地域と共に目指していく。』

 

この理念に基づき、今期も新たな気持ちで取り組んでまいります。

皆様より、引き続きのご指導ご鞭撻を何卒宜しくお願い申し上げます。

 

2019年9月22日 Category :: 注文住宅 木づかいの家

薄井工務店の施工基準と検査は厳しすぎる?

こんにちは! 宇都宮で新築リフォーム・ガーデンを手掛けている薄井工務店代表の薄井です。

ようやく暑い暑い夏も終わり、朝晩は過ごしやすくなってきましたね。

しかし今年は雨が多かったですね~ 梅雨は長~く、ゲリラ豪雨や台風も多く、暑さだけではなく雨にも悩まされました。

現場の工程にも影響が出てしまいますね。

さてさて、先日は台風16号で千葉県内では甚大な被害が出てしまいました。 もちろん住宅にも大きな影響があり、これから自然災害がどのようになっていくか怖いですね。

10年後20年後の自然環境はどんどん変わっていくでしょうから、住まいも先を予測して今から対策を考えないといけませんね。

そんな思いもあり、私たち薄井工務店では半年以上かけて標準施工基準の手引きを見直しをしていました。

今回は特に基礎構造と、外部の防水関係の見直しを強化しました。

今までの仕様でも特に大きな問題はありませんが、まさに10年後20年後を見越しての仕様です。

どんなに素敵に仕上げても、どんなにいい素材を使っても、施工がダメでは元も子もありません。

もともと薄井工務店の検査は厳しくて、去っていく業者もいるほどですが、これが更に厳しくなるのですから、パートナー業者さんは大変ですね(笑)

まあでも、品質の良い家をしっかりと作るためには必要な事です。

そこらへんはうちのパートナー業者は十分わかっていますので心配はしていませんが。

それでも中には『厳しい~!』と悲鳴を上げそうな職人もいますね(笑)

 

さて、今回 基礎では配管スリーブの補強筋の仕様を変えました。

より綺麗に精度を高められるようになりました。 ↓

 

雨で心配なのは、屋根と壁の取り合い部。 より明確に表示し指示をするようになります。

 

更にバルコニーの上部の防水処理。 壁との取合いも強化しました。

 

壁に穴をあける配管周りの防水も重要です!

細かいところですが、テープの種類や貼り方の順番も指示します。

 

これほんの一部です。

このような細かい指定が30ページ以上に詳細に記されています。

ここでも標準施工手引きは完成してからでは確認できないところのみの施工手引きでのボリュームです。

これらの施工手引きを基準とし、10回にまたがる検査を述べ10時間以上かけての検査をします。

 

これって厳しいですか??

当たり前のことですよね。

みなさん家の性能は施工方法によって大きく変わります。

素材がいいから安心。 厚みがあるから安心。 太いから安心。

何てことはありません!

 

良い素材対して明確な施工基準があり、それを必ずチェックすることで初めて品質性能が発揮されます。

薄井工務店は74年の施工歴史を踏まえ更に進化していきます。 楽しみにして下さい。

2019年7月17日 Category :: 日記,未分類

創業者と三代目

こんにちは。 宇都宮で木造住宅の新築・リフォームをしている薄井工務店代表の薄井です。

長~~い梅雨ももうすぐ明けそうですね (^^♪

涼しいのはいいのですが、こうも雨が多いと現場にも影響は出ますし工程管理も本当に読みずらい。

あまり暑くても困りますが、やはり夏!

少しは強い日差しも欲しいですね。

 

さて、今の時期になると、ちょっと思い出すことがあります。

丁度2年前のいまごろですが、毎日寝不足で殆ど仕事も手につかずにいました。

7月19日 父(二代目)の命日になります。

肺癌の末期でしたので動くこともままならず、ベッドの上で過ごす毎日でしたが。

最後まで良かったな~と思えたのは 亡くなるまでずっと自宅介護できた事です。

もちろん多くの方のお世話になり協力が無ければできなかったことですが、自宅で最期を迎えることが出来たのは本人にとっても最高の幸せではなかったかと思います。

2年前の19日はちょうど水曜日(定休)だったものですから朝から多くの家族が見守る中、息を引き取りました。

薄井工務店の二代目として、昭和51年から27年間代表を務めて戴きました。

あれから丸二年になりますが、歴史を積み重ねて戴いた事、本当に感謝いたします。

薄井工務店もお陰様で現在74年目を迎えております。

創業者(薄井留吉)が昭和21年に始まり30年の後に二代目(薄井惣寿)が27年間。そして現在三代目として私(薄井寿男)が17年間勤めさせて戴いてます。

26年後には創業100周年になります。

その時まで私が代表というのはさすがに難しいですが、しっかりと次に引継ぎこの目で100年を確認したいとは思っています。

 

今日は定休日なのですが(定休は静かで仕事がはかどるものですから)ちょっと事務所で書類を整理してましたら昔のこんな懐かしい写真が出てきました。

 

 

おそらく今から53年ほど前の写真かと思います。

場所は日光市久次良町。 しっかりと薄井工務店の看板が確認できます。

もうおわかりですね。

創業者の祖父と私です。

まだ、このころは将来自分が何をするのかなどは考えていなかったと思いますが。

今でも祖父と一緒に現場や加工場に行き、一日中おが屑に埋もれながら、木の香りを嗅ぎながら過ごしていたことはよく覚えています。

何かとても安心するんですよね。 木の香りは。

やっぱり気が付いた時にはこの道に進んでいましたね。

祖父がもし違う仕事をしていたら、いま自分はいったい何をしているのだろう?

そんな事を考える時も昔はしばしばありました。

だが、今では迷うことなく家づくりが天職と感じています。

日本家屋の伝統を守り、現在の気候風土、生活環境に合わせながらこうして毎日建築に携わっていられることに本当に幸せを感じています。

74年前に建築の道を歩んでくれた創業者に感謝いたします!

 

 

2019年3月13日 Category :: 注文住宅 木づかいの家

暖かくなってきたのでもう一度、断熱材のお勉強です!

こんにちは。 薄井工務店代表の薄井です。

骨に凍みるような厳しい寒さも和らいできて、今度は花粉が本格的な季節となってきました。

こうなってしまうと寒い冬の事は忘れ、花粉の辛さばかりを感じているのではないでしょうか?

『喉元過ぎれば熱さ忘れる』という諺がありますが、あれほど家の中が寒いと感じていたことをすっかり忘れていませんか?

でもまた年末には寒い冬がやって来るのですよ!

さてさて、暖かくなる春だからこそ、もう一度、断熱の種類とその重要性を再確認しましょう。

 

実は以外に新しい断熱材の歴史

今でこそ当たり前になっている断熱材ですが、実はその歴史は非常に浅く1979年に『住宅金融公庫』に『断熱』が初めて記載され、それから10年後の1989年に義務化になりました。エアコンやストーブが普及し、そこにオイルショックが重なることにより有限である資源を大切に使うため設けられました

 

断熱材の種類には大きく分けて繊維系と発砲系があります

  繊維系断熱材

  • グラスウール  ●ロックウール  ●セルローズファイバー
  • 炭化コルク   ●羊毛断熱材
  • 発泡系断熱材
  • ウレタンフォーム(フォームライト)  ●フェノールフォーム
  • ポリスチレンフォーム(スタイロフォーム)

 

断熱材の色んな使われ方

断熱材の特徴としては、繊維系の断熱材は加工がしやすく安価であるが、水分を吸いやすいというのが欠点である。

水を吸うと熱伝導が高まり断熱性能が著しく低下してしまいます。『日常で体感するには、熱いフライパンを乾いたタオルと濡れたタオルで持ち比べればすぐわかります』連続気泡体は気泡がつながっており、気体や液体は通り抜けることができます。

発砲系の断熱材でもスポンジのように水を吸う連続気泡体の断熱材とボード状になり変形をしない独立気泡体の断熱材があります。

連続気泡体は圧縮してもまた、元の形に復元します。現場発泡などのウレタンはこれにあたります。

独立気泡体は水に浮くため水具やサーフボードなどにも使われます。スタイロフォームなどはこれにあたります薄井工務店標準の断熱材はこれです↑(発砲系の独立気泡体)】

また、ボード状の断熱材では凍結防止の為に北海道では道路の下に埋められたり、土留めに土の代わりに断熱材を積んだりもします。 軽くて加工性がいいことから土木の現場でも多く使われています。

ちなみに東京ディズニーランドホテルの外階段の下にもスタイロフォームが多く使われています。

 

左が発砲系の独立気泡体の断熱材  右が繊維系の断熱材

(水に浮いています)        (水に沈んでいます)

さて、壁の中で結露するとどうなるでしょうか!

なるべくリスクは避けたいものですね!

 

2019年2月1日 Category :: お家コラム

73年間の大工道具

こんにちは、宇都宮で新築・リフォームを取り組んでいます。 薄井工務店代表の薄井です。

今年もはや1ヶ月が過ぎました。

あっという間ですね。 計画なしに過ごしていると1年何で何も出来ずに過ぎてしましますので、僕も毎年、自分のテーマを一文字にし意識しながら過ごすようにしています。

因みに去年は『単』でした。

単純の単で、シンプルに物事を考え、物も少なくしていこうとの考えでした。

会社も個人的にもシンプルに出来まして、昨年は90点の評価です!

さて、今年はと言いますと、自分のテーマは 『活』です。

物事をシンプルにしたら、それを最大限、活用していこうとの考えです。

早速、1月も取り組んでいます。

現在、薄井工務店では、本社(下砥上町)に事務所と体験館・ガーデン・リビングショールームがあり、

もくもく館(砥上町)に木の展示館と造作家具の加工場、倉庫があります。

それ以前に、鹿沼市の南上野町というところに、倉庫加工場があるのですが、実は今年の3月からパートナー企業様にそこをお貸しすることになり、年初から全体的に荷物の整理をしていたところです。

お恥ずかしながら、長年の不要な在庫も沢山あり、処分するものは処分し、活かせるものは活かしと振り分けていたのですが。

現在、使うことはあまりなくなったのですが、処分するには勿体ない! というものも沢山出てきました。

それは、73年間の間では絶対的に必要であった、大工道具です。

見たことある方もいると思いますが、事務所の入り口のガラスケース内には昔の古い大工道具が一部展示してあります。

会社中の鉋や鋸、鑿を寄せ集めたら、こんな数になってしまいました!!!

 

 

金物屋さんを開けそうな数です。

昔は電動工具も少なった時代。 ほとんどが鉋や鑿を使って加工していました。

創業者や2代目の道具が大半だとおもいますが、その頃に携わった大工さん方の道具も少しはあると思います。

時代が変わり、現在では工場の加工品が殆ど。

手道具を使う機会は大幅に減りました。 日本古来の伝統技術を大切にしていきたいですよね。

それでも、薄井工務店ではまだまだ無垢の素材を加工することも多いので、うちの大工さん方は木の取り扱いにはとても慣れていますが、決まった分譲やメーカーさんの規格品では、大工さんの腕を発揮する場所は殆どないと思います。

聞いたところによると、業者名簿に大工は無く、『組立て作業員』となっているメーカーさんもあるようですから。

ちょっと、淋しい・・・・

薄井工務店ではこれらの大切な道具を活かしながら、現場活用、または展示をしていきたいと思います。

皆さん、展示されたら見に来てください。

その時はまたご案内いたします。

 

2017年12月15日 Category :: その他

とちぎテレビに出演しました。

こんにちは!

薄井工務店の薄井です。

私ごときではあるのですが、先日、とちぎテレビの

『トップに聞く~トチギのリーダー~

というニュース番組に出演してきました。

8分程度の短い番組なのですが、取組などを紹介戴きました。

事前に会社収録にきて、本番はスタジオでの生放送という事で、私もかなり緊張しております~(~_~;)

収録は何度か経験あるのですが、生は初めて!

時間の調整というのは難しいですね~

リハーサルでは4分超過!

急遽内容を詰めて『本番では短めにお願いしま~す』 

と私も台本調整にワラワラ

ディレクターさん曰く、いつもは最後にコマーシャルが入り多少の時間調整が出来るらしいのですが、

今日はコマーシャルが無く次の番組がいきなり入るらしく、オーバーすると最後の質問が無くなるとか

『ひえ~!!』

8分番組で4分調整は厳しい! 急遽控室にて調整 (>_<)

本番間近 もうドキドキです!

10秒前 ・ 3 ・2 ・ 1

わっ! 来た!

・・・・・・

 

終わってみればアッと言うまでしたが、1分余計に戴き、9分13秒にて終了しました。

最後の方は、時間が詰まってカウントの秒数を出された途端 次を忘れ飛んでしましました(~_~;)

全く未熟でございます。

それでも何とか無事終了!

ディレクターさん、アナウンサーさん、カメラマンさんに助けられました。

ありがとうございます。

やはり、プロは凄いですね~

■緊張してる ■目が泳いでる ■飛んだ ■訛ってる

など、ありがたいご意見も戴きましたが、宜しかったら見て下さい。

私なりに精一杯頑張りました。

 

【映像はこちら】  ↓

 

薄井工務店で理想のお家を
一緒に作りませんか?

家づくりに関するどんな悩みでもOK。
まずはお気軽にご相談ください!