薄井寿男のひとりごと

注文住宅 木づかいの家

2019年9月22日 Category :: 注文住宅 木づかいの家

薄井工務店の施工基準と検査は厳しすぎる?

こんにちは! 宇都宮で新築リフォーム・ガーデンを手掛けている薄井工務店代表の薄井です。

ようやく暑い暑い夏も終わり、朝晩は過ごしやすくなってきましたね。

しかし今年は雨が多かったですね~ 梅雨は長~く、ゲリラ豪雨や台風も多く、暑さだけではなく雨にも悩まされました。

現場の工程にも影響が出てしまいますね。

さてさて、先日は台風16号で千葉県内では甚大な被害が出てしまいました。 もちろん住宅にも大きな影響があり、これから自然災害がどのようになっていくか怖いですね。

10年後20年後の自然環境はどんどん変わっていくでしょうから、住まいも先を予測して今から対策を考えないといけませんね。

そんな思いもあり、私たち薄井工務店では半年以上かけて標準施工基準の手引きを見直しをしていました。

今回は特に基礎構造と、外部の防水関係の見直しを強化しました。

今までの仕様でも特に大きな問題はありませんが、まさに10年後20年後を見越しての仕様です。

どんなに素敵に仕上げても、どんなにいい素材を使っても、施工がダメでは元も子もありません。

もともと薄井工務店の検査は厳しくて、去っていく業者もいるほどですが、これが更に厳しくなるのですから、パートナー業者さんは大変ですね(笑)

まあでも、品質の良い家をしっかりと作るためには必要な事です。

そこらへんはうちのパートナー業者は十分わかっていますので心配はしていませんが。

それでも中には『厳しい~!』と悲鳴を上げそうな職人もいますね(笑)

 

さて、今回 基礎では配管スリーブの補強筋の仕様を変えました。

より綺麗に精度を高められるようになりました。 ↓

 

雨で心配なのは、屋根と壁の取り合い部。 より明確に表示し指示をするようになります。

 

更にバルコニーの上部の防水処理。 壁との取合いも強化しました。

 

壁に穴をあける配管周りの防水も重要です!

細かいところですが、テープの種類や貼り方の順番も指示します。

 

これほんの一部です。

このような細かい指定が30ページ以上に詳細に記されています。

ここでも標準施工手引きは完成してからでは確認できないところのみの施工手引きでのボリュームです。

これらの施工手引きを基準とし、10回にまたがる検査を述べ10時間以上かけての検査をします。

 

これって厳しいですか??

当たり前のことですよね。

みなさん家の性能は施工方法によって大きく変わります。

素材がいいから安心。 厚みがあるから安心。 太いから安心。

何てことはありません!

 

良い素材対して明確な施工基準があり、それを必ずチェックすることで初めて品質性能が発揮されます。

薄井工務店は74年の施工歴史を踏まえ更に進化していきます。 楽しみにして下さい。

2019年8月27日 Category :: 注文住宅 木づかいの家

栃木県初の大型パネル工法

こんにちは!

宇都宮で新築・リフォーム・ガーデンを設計施工してます薄井工務店代表の薄井です。

暑い夏も少し和らいできましたね。

まだ、30度はありますから暑いと言えば暑いのですが、もう35度以上の酷暑からすると少しは涼しく感じますね。

本当に夏場の職人さんは大変です ι(´Д`υ)アツィー

今年はうちの大工さん方にも空調服を支給しました。 少しは体も楽になるようです。

体調を崩しては大変ですからね。

さてさて、それにしても我々建築業というのは多種多様な業種、職人さんが携わらないと、一軒の家は完成しないのですよね。

特に木造住宅(木造軸組工法)ともなると、大工さんの役割は大きく建て方から最終の造作迄、工程の8割程度は現場で施工しています。 その為、一軒の家が始まると次の現場までには3カ月はかかってしまうのです。

そんな住宅業界ですが、実は困った事に、将来の住宅着工戸数は2030年には現在から約40%は減ると予測されていますが、大工さんの減少はそれ以上に進んでいて、将来は職人さん不足は避けられない状況にあるようです。

このままでは『本物の木造住宅に住みたくても』多くを供給することが困難となってしまいます。

そんな中! 我が住宅業界に朗報あり!

大手の三菱商事建材さんの開発で『木造での大型パネル工法』の取り組みが出来るようになりました。

パネルと言うと通常は仕様材料に制約があり、自分たちの仕様が使えない事が殆どですが、この大型パネルは全てこちらの指定材料で組立て可能で、仕様は全く変わらずに精度が増し工期が短縮になるという画期的な工法です。

それがこちら!

 

サッシや通気シート迄施工してあるパネルです。

これ、ツーバイフォーではありませんよ。

ちゃんとした木造軸組み工法です『無垢材です』

 

室内はこちら⇒  

午前10時にはここまで組みあがります。

 

 

 

2階を組み立ててる状況です。

大型のパネルで組んでることもあり、ふらつきもなくしっかりしてます。

これでお昼前の状況です。

 

2階の梁も組み立てて、今は屋根パネルを設置しているところです。

ここで午後2時頃

 

 

はい!  午後の4時には屋根の防水も終わり!

これで雨が降っても安心です。

 

一日の建て方が完了!

サッシが付き、屋根は防水まで完了。 外回りの壁下地、防水紙も終わってます。

これで大工さんは本当に技術力が発揮できる中の造作工事に専念できます。

パネルは薄井工務店の施工手引きに基づいて精密に施工されています。

精度はとても高く出来ていました。

現場での廃材は少なくなり、ご近隣に施工中でのご迷惑も少なくなります。

更に、現場事故のリスクも少なくなり、何と言ってもこれからの職人さん不足には本当に助かります。

技術力のなる熟練した職人さんは内部の造作に力を発揮しやすくなります。

 

もちろんこれ 『栃木県内ではお初です』 

今後、数棟はいろんな間取りのパターンを取り組んで。

来春頃からは標準的な取り組みに入る計画にしております。

薄井工務店はこれからも、益々技術力を高めて行きます。

 

2019年5月14日 Category :: 注文住宅 木づかいの家

自然豊かな抜群の環境の6区画

こんにちは。栃木県の快適な家づくり・健康な家づくりをしている薄井工務店代表の薄井です。

皆さん、気持ちが 『ほっとする時』 『安心出来る時』 『安らぐ時』 ってどんな時? どんな場所ですか?

多くの人が、家にいる時、家族と会っている時、自然に触れるとき・・

何て言うと思います。

では、『不安な時』 『ストレスが溜まる時、場所』 『落ち着かない場所』 ってどんな時? どんな場所ですか?

個人差はあると思いますが、うるさい場所、人の出入りが多い場所、自然が無い場所・・・・

何てかなり候補に入ると思います。

もし、何十年でどちらかの環境にいなければならないとしたら、皆さんはどうしますか?

私だったら、もちろん自然が多い空間がいいですね。(とはいえあまり不便な山奥では困りますが)

はい!

そこで今回、皆さんにご案内したいのは、薄井工務店本社近くにある土地を6区画限定でお譲りすることとなりました。

 

【こちらが区割りの計画図】 ↓

 

じつはこのエリアは調整区域でしてやたら家が建てられる場所ではありません。

ですが。既存宅地でありますので、現在無資産の方であればどなたでも求めることが出来ます。

自然が多く残りながらも、交通の便もよくコンビニまで徒歩11分、小学校までは12分、バス停まで9分、

薄井工務店までは徒歩4分(何かあればすぐ行けます)薄井工務店のガーデンにはドッグランもあり自然豊かなお庭ですのでいつでもご利用いただけます。

更に、鹿沼インターまで車で9分(5.4K) 壬生インターまでは車で16分と、どちらに行っても便利です。

【敷地内から見える夕日】

【少し角度が変わればこんな感じ】

【近くの雪景色】

【こんな花畑もあります】

 

どうですか!

癒されますよね~!

二階からは日光連山もよ~く見えます。

こんなに自然豊かであり、とても静かな場所です。

それでいて生活に特に不便さは感じません。

これからは交通手段(モビリティー)もどんどん良くなり、買い物はネットですぐ届く時代です。

在宅勤務も普通になるかもしれません。

そうしたら、ますます住まいの環境が重要になりますね。

敷地は72坪から100坪までの6区画

西に緩やかな傾斜で景観は抜群です!

どのエリアも日当たり良好!

それでいて、価格は全て1000万以内(600万代~900万代の範囲です)

上下水道完備・仲介手数料なし

既に3区画は予定を戴いてる方がいます。

でもご契約順になりますのでご希望の方はお早めにお問合せ下さい。

2019年3月13日 Category :: 注文住宅 木づかいの家

暖かくなってきたのでもう一度、断熱材のお勉強です!

こんにちは。 薄井工務店代表の薄井です。

骨に凍みるような厳しい寒さも和らいできて、今度は花粉が本格的な季節となってきました。

こうなってしまうと寒い冬の事は忘れ、花粉の辛さばかりを感じているのではないでしょうか?

『喉元過ぎれば熱さ忘れる』という諺がありますが、あれほど家の中が寒いと感じていたことをすっかり忘れていませんか?

でもまた年末には寒い冬がやって来るのですよ!

さてさて、暖かくなる春だからこそ、もう一度、断熱の種類とその重要性を再確認しましょう。

 

実は以外に新しい断熱材の歴史

今でこそ当たり前になっている断熱材ですが、実はその歴史は非常に浅く1979年に『住宅金融公庫』に『断熱』が初めて記載され、それから10年後の1989年に義務化になりました。エアコンやストーブが普及し、そこにオイルショックが重なることにより有限である資源を大切に使うため設けられました

 

断熱材の種類には大きく分けて繊維系と発砲系があります

  繊維系断熱材

  • グラスウール  ●ロックウール  ●セルローズファイバー
  • 炭化コルク   ●羊毛断熱材
  • 発泡系断熱材
  • ウレタンフォーム(フォームライト)  ●フェノールフォーム
  • ポリスチレンフォーム(スタイロフォーム)

 

断熱材の色んな使われ方

断熱材の特徴としては、繊維系の断熱材は加工がしやすく安価であるが、水分を吸いやすいというのが欠点である。

水を吸うと熱伝導が高まり断熱性能が著しく低下してしまいます。『日常で体感するには、熱いフライパンを乾いたタオルと濡れたタオルで持ち比べればすぐわかります』連続気泡体は気泡がつながっており、気体や液体は通り抜けることができます。

発砲系の断熱材でもスポンジのように水を吸う連続気泡体の断熱材とボード状になり変形をしない独立気泡体の断熱材があります。

連続気泡体は圧縮してもまた、元の形に復元します。現場発泡などのウレタンはこれにあたります。

独立気泡体は水に浮くため水具やサーフボードなどにも使われます。スタイロフォームなどはこれにあたります薄井工務店標準の断熱材はこれです↑(発砲系の独立気泡体)】

また、ボード状の断熱材では凍結防止の為に北海道では道路の下に埋められたり、土留めに土の代わりに断熱材を積んだりもします。 軽くて加工性がいいことから土木の現場でも多く使われています。

ちなみに東京ディズニーランドホテルの外階段の下にもスタイロフォームが多く使われています。

 

左が発砲系の独立気泡体の断熱材  右が繊維系の断熱材

(水に浮いています)        (水に沈んでいます)

さて、壁の中で結露するとどうなるでしょうか!

なるべくリスクは避けたいものですね!

 

2018年3月23日 Category :: 注文住宅 木づかいの家

もくもく館、もうすぐ完成!

こんにちは!

もう年度末で慌ただしい日々となっております。

皆さんもお忙しくしていることと思います。

こんな時こそ、じっくりと腰を据えて物事に取り組んで行かなくてはならないのですが、なんだか気がソワソワしてますね~

実はその一つの要因として、現在 薄井工務店から歩って5~6分の所に 木と家具を展示する

『もくもく館』を改修中でして、もともとあった土木やさんの事務所を譲って戴き1階部分を使っているのですが、12畳ほどのイメージ空間と洗面室、トイレを作りました。

全て無垢材の 床・建具・カウンター家具です。

下の写真は高さ2.2メートルの赤松の千本格子3本引きです。

素材を引き立てるため全てクリアで着色塗装はしていません、2枚目の写真はクロークとカウンターですが、こちらは全て 桐材です。

カウンターも引出しも中も全て桐で、クロークは扉はもちろん、床、壁、天井から棚に至るまで桐で出来ています。

高級な代名詞の『桐たんす』がクロークそのものになります。

その他、洗面所には樹齢1000年のヒバの床材、トイレにはタモのカウンターが使われてます。

まだ、写真は工事中でイメージがわかりずらいですが、4月14日には完成オープンします。

イメージ空間の他に36畳のスペースを使って様々な木を展示します。

小さな小物用の板材から樹齢400年の4m以上の板材まで、普段あまりお目にかかれない材木を展示し皆様に自由にご覧いただく空間になります。

その他、無垢の木を使用した家具も展示しますので楽しみにされて下さい。

 

 

下はカタログ写真ですが、W1200の薄井工務店オリジナル洗面カウンターです。

ミラーと収納もセットされてこれで20万円以下でご提供できます。通常このサイズですと30万円は優に下らない価格です。

こちらも実は もくもく館に 設置致します。

 

また、家具は 『赤松、桐、ナラ、メープル、パイン、ウォールナット』のテーブルや椅子、ソファーやセンターテーブル。

ドレッサーやナイトテーブル、スツールなど木工家具製品も様々。

その他、小皿や時計など木製品の小物も展示致します。

木製品ではありませんが、健康にこだわる薄井工務店では、安眠できる最高級ベッドを大変お手頃な価格でご提供できるようになりました。

現在はシングルとセミダブルですが、厚さ42㎝の究極のコスパで天皇皇后両陛下も御就寝されたというベッドです。

実物はオープンには展示致します・・・・  が!

その前に、3月24日25日の両日にトップページでも掲載させております、雀宮地内での完成見学会にて家具やベッドも設置されております。

雀宮駅の東口ですので駅からでも見える場所です。

皆さん、是非お時間を見つけ見学されて下さい。

2015年10月21日 Category :: 注文住宅 木づかいの家

たくさんのご来場ありがとうございました!

皆さんこんにちは!

宇都宮で住宅新築・リフォーム・ガーデンをしている薄井工務店です。

ブログを大変ご無沙汰してしましました。 反省!! <(_ _)>

今後、定期的に情報をアップさせていただきます。

さてさて、 先日18日に薄井工務店ガーデンプレイスにて 『住まいまるごと大相談会』 を開催させて戴きました。

前日朝の雨ではどうなることかと思いましたが、おかげ様で当日は暑いくらいの秋晴れで皆さんと楽しく過ごすことができました。

住宅設備機器・サッシや断熱材などの各メーカーさんの出展はもちろん、薄井工務店常設のコンセプトルームによる仕様のご説明、即興による建築家のプラン作成、土地相談、ライフプラン資金計画の相談、ちょっと疲れた時には こりとり整体やアロママッサージ、大人もお子様も楽しめる 缶バッジ作りや竹を使ったモノ作り教室、オカリナの演奏会、ミニライブ、お値打ち販売コーナーなどなどいろいろ盛り沢山のイベントでした。

OBのお施主様にもたくさんお越しいただきまして感謝!感謝!です。

生活していればいろんな悩み事、困りごとがあります。

住まいに関することであればまずは薄井工務店にご相談ください。

新築であれば、目からうろこ! こんな考え方があったのか! というようなプランをご提案いたします。

リフォームであれば、長年木造住宅一筋の経験がありますので見えないところまで知り尽くした安心できるご提案をさせていただきます。

ガーデンはモデルとなる空間がありますので、是非是非お越しください。

季節によりいろんな移ろいが見られます。

薄井工務店では来年の春でおかげさまで 『創業70周年』 になります。

次回はその春 4月に 『第7回住まいまるごと大相談会』 に合わせて 長年お世話になりました皆様へ 『大感謝祭!』 を開催させていただきます。(こちらはOB様限定になります)

まだまだ頑張ります!

皆様からの暖かいお言葉。厳しいお言葉。お叱りなどもしっかりと落とし込み今後に活かさせて戴きます。

ありがとうございます。  感謝!

2014年12月14日 Category :: 注文住宅 木づかいの家

光の射し込む囲炉裏部屋

和風好きのご主人と中庭つきの平屋住宅を考えてたら、話がどんどん盛り上がりいつの間にか天井ガラス張り土間つきの囲炉裏部屋に変化! これも面白そう!

薄井工務店で理想のお家を
一緒に作りませんか?

家づくりに関するどんな悩みでもOK。
まずはお気軽にご相談ください!