Staff:

Post date:2022.05.22

平屋とは?メリットは?デメリットは?

今回のテーマは、

≪平屋とは?メリットは?デメリットは?≫

平屋を分かりやすくをお伝えしていきます!

 

№1 平屋とは?

まずは、『平屋とは何か?』をご説明していきます。

一言で言うと「1階建ての住宅」になります!

周りを見ると2階建ての住宅が多いと思います。

 

しかし、

日本は昔から平屋の家が沢山存在します。

栄えている地域にお住いの方は目にする機会が少ないですが、

農家のお家などは平屋(1階建て)の住宅が多いです。

薄井工務店の平屋住宅とは?→https://u-41.co.jp/topics/hiraya/

 

№2 平屋のメリット・デメリット

平屋をご検討の方で、

『メリットやデメリットは何ですか?』という質問が多いので、

いくつか挙げていきたいと思います。

1、「メリット」

①移動が楽!

2階建ての様に垂直移動が無く、水平移動なので身体への負担などが少ないです。

部屋が1階にすべてあるので部屋~部屋への移動がとても楽になります。

 

②耐震性

2階、3階と階層が増えると、支える重量が多くなってしまいます。

重量が多いほど揺れも大きくなりますが、

重量が少ないほど揺れも少なく、地震に強い家になります。

 

③メンテンナンスがやり易い

2階建てになると高い場所のご確認がしづらかったりとお掃除が大変ですが、

平屋は基本的に脚立があれば、

ある程度の範囲のお掃除やご確認がとてもやり易いです。

また、

数年後に外部のリフォームを行う際も高い足場が必要なく、費用も抑えられる場合があります。

 

④希望の動線を作りやすい

階段が無いので無駄なデッドスペースが減る為、希望の間取りが作りやすいです。

また、1階に全ての部屋・空間があるので玄関~キッチン、玄関~浴室など、

ご希望の動線が作りやすいです。

 

⑤コミュニケーションが取りやすい

こちらも先ほどお伝えしたように1階に全ての部屋がある為、

家族間の接触が増えるのでパートナーやお子様との様子が分かりやすくなります。

 

2、「デメリット」

①ある程度の敷地の広さが必要

2階建ての真四角なお家を35坪で建てようとすると、

1階:17.5坪、2階:17.5坪(1階と2階が同じ坪数にした場合)

となるので、敷地に面する坪数は17.5坪となります。

しかし、

平屋は1階に全ての部屋が必要なので、敷地に面する坪数が35坪となります。

このように敷地に対する建物の接する面積が大きいので、

ある程度広い敷地でないとご希望の間取りが取れない可能性があります。

 

②費用が高くなる

一概にも絶対費用が高くなるとは言えないのですが、

割合で言うと高い傾向になります。

平屋は屋根の面積・基礎の面積が増える為、どうしても費用が増えます。

建物以外も場所にもよりますが土地が広くないといけないので、

土地代が高くなる可能性があります。田舎だと比較的安い場所もあります。

 

③水害の恐れと防犯上の不安

地震は強い平屋ですが、

浸水した際に2階が無いので何かあった時に避難が出来ない恐れがあります。

ハザード地域を確認した上でご家族とご相談すると良いです。

また、泥棒に侵入されやすいので防犯強化が必要になります。

栃木県のハザードマップ→https://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/kurashi/anshin/bosai/1023319.html

 

④プライバシーの確保が難しい

1階なので周りの目線は入りやすかったり、

家族の間でも接触回数が多いのでプライベートの時間は取りづらいも知れません。

 

№3 平屋がなぜ人気?

平屋と言えば年配の方が建てる家のイメージが強かったですが、

最近は若い方からとても人気が上がっています!

いくつかの要因があると言われております!

薄井工務店の間取り集→https://u-41.co.jp/house/plan/

 

①空間が繋がったオシャレな間取りが出来る

上記でも言ったように動線や間取りを希望通りに出来る可能性がある為、

広く、外部との繋がりがある空間を作ることが可能です。

様々な情報がネットで得られるため、ホテルや旅館などの

オシャレな空間を真似をしたい!この場所のような自分だけの空間を作りたい!

という欲求から、自由性が高い平屋を希望する方もいるそうです。

 

②世帯人員の減少

日本は人口減少により、1世帯の人員が減っているのが現状です。

1950年代は平均世帯人員:約5人 → 2015年以降は、2.33人

となっております。

人数が少ないので部屋数を多くする必要が無いく、

老後も考えると2階建てにする必要はないという考えが増えているようです。

また、1人住まいで平屋を建てる方も多くいます。

 

③家事・育児がやり易い

今は、共働きが多いので子供やパートナーと会う時間が少なかったりします。

お互いの様子が見れ、空間の共有も出来る平屋に良さを感じる方。

動線をうまく活用して、家事や育児をやり易くしたい方。など、

家にいる時間も少なくなっているのでスムーズに動けるところに魅力を感じているようです。

 

№4 平屋のモデルハウス

最近は平屋が増えてきたのか、

各会社で平屋のモデルハウスが増えてきています。

薄井工務店も2022年4月23日に西川田展示場「フェアリィ・スクエア」にモデルハウスをオープン致しました!!

大変多くの方にお越し頂きました。

ありがとうございます!

 

栃木県だけでなく、全国的に平屋のモデルハウスは増えているので、

足を運び雰囲気を感じてください。おそらく動線の良さは感じるのではないでしょうか?

また、スタッフへご質問などをすると平屋についてより詳しく教えてくれるかと思います。

西川田展示場「フェアリィ・スクエア」HP→https://www.fairy-housing.net/exhibition/maker15/

 

№5 平屋の施工事例

平屋は動線が取りやすいのでご希望の形で間取りを作ることは可能です。

ネットで「平屋 間取り」と検索すると様々な間取集が出てくるので

平屋を建てる計画がある方は、参考にすると良いです。

 

私的には、デザイン性も必要ですが一番は動線だと感じています!

生活のしづらい環境は出来る限り避けたいですね。

薄井工務店の平屋施工例→https://u-41.co.jp/works/works_theme/theme_hiraya/

薄井工務店のpinterest→https://www.pinterest.jp/smile7759/

 

№6 栃木県と平屋と薄井工務店

栃木県は全国トップクラスの桧や杉が取れる名産地です。

薄井工務店では、

構造材~床合板まで県産材を扱い、健康と環境に優しいお家を建てています。

床材も無垢材を扱っている為、入った瞬間に木の香りがするのが特徴です。

なおさら平屋だと、

床や天井の面積が広いので、無垢材が広がる見栄えはとてもリラックス出来る空間です。

安心安全な空間を演出しているので、一度はモデルハウスへ遊びに来てください!

 

本日はこの辺りで終わりにしようと思います!

読んで頂き、ありがとうございました!!

平屋住宅
Category:
住宅ショールーム - 平家 - 断熱性・気密性 - 耐久性 - 耐震性 - 間取り・プラン - 注文住宅 木づかいの家 - 薄井工務店の家づくりブログ
Tags:
, , ,
LINEで送る
Pocket

薄井工務店の新着情報


    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/u41/u-41.co.jp/public_html/staffblog/wp-content/themes/u41_staffblog/hl_info.php on line 11

薄井工務店で理想のお家を
一緒に作りませんか?

家づくりに関するどんな悩みでもOK。
まずはお気軽にご相談ください!