薄井吉昭
工事部 /工事課 専務取締役
薄井吉昭
目線が変われば見え方も変わる。人生っていろいろですね。 だから家づくりは本当に奥が深い。

Post date:2019.08.05

和室から洋室リフォーム

専務の薄井吉昭です。

リフォーム工事で結構依頼を頂くのは和室の畳からフローリングにしたいとのこご要望が多いので今回工事状況をご報告させて頂きます。

冬は畳から隙間風が来たり、畳の表替え等のメンテナンスも大変になったり、畳の上に布団を敷ことも少なくなり今はベットにしたいので床をフローリングに変えたい方が多くなっているようですね。

ご紹介する工事内容は床を畳からフローリングに、壁は真壁のままで塗り壁からクロス壁に、押入、床の間を無くしてクローゼットに変更しました。

DSC_6130

最初は解体工事になります。

畳を剥がし、押入、床の間を解体します。

廃材の搬出時には傷を付けない様にしっかり養生します。

畳の下地は傷んでおりませんでしたので、そのまま利用します。

DSC_6132

既存下地板の上に根太を固定して断熱材を敷き詰めます。

その上にフローリングを仕上げていきます。

リフォームの場合既存床下地のレベルを調整しながら施工するので新築より結構時間がかかってしまします。

DSC_6190

押入と床の間の間には床柱がありました。

2階の荷重がかかっているのでこちらは撤去する事は出来ませんでした。

大工さんも取り合い工事に結構手間取っておりました。

DSC_6219

塗り壁の上に下地ベニヤを張り付けクロスの下地パテ工事を行います。

下地ベニヤも後から剥がれない様にボンドと釘でしっかり張り付けます。

 

DSC_6295

クロス工事が終われば完成です。

今回は真壁のままなので壁は和室の時の化粧柱が残っております。

柱の上にボードを張、柱を隠して仕上げる場合もありますが、こちらは予算に合わせて仕上げ方も変わってきます。

リフォーム工事を検討する場合は使い勝手を改善する事が多いと思いますが、デザイン、使い勝手、快適、予算などのバランスを考えながら進めていくのが良いと思います。

 

何から進めて良いのかわからない時は是非、薄工務店にご相談下さい。

 

 

LINEで送る
Pocket

Post date:2019.06.17

雨漏れ

こんにちは

専務の薄井吉昭です。

 

最近は集中豪雨が多くなり数年雨漏れが無くても急に漏れてくる等非常に多くなりました。

今回の雨漏れは長期的に水が廻り下地が腐食してしまった現場を紹介致します。

築20年程の建物でバルコニーのシート防水が剥がれてしまい台風や集中豪雨の時に漏水したものと思われます。

DSC_4243

シートが浮き上がっております。

木製手摺も腐食してきておりました。

床板がフカフカして危険な状態でしたので手摺、床板を解体しました。

DSC_5214

外壁材を剥がしたら下地材が腐っておりました。

バルコニー部分のサイディング、床板を全て剥がし新しく下地を張り直し今回はFRP防水を施工致しました。

 

DSC_5479

20年程前はシート防水が多く年数がたつにつれて下地伸縮などの影響でシートが剥がれたりする場合が多くお有りましたが、FRP防水にする事で10年の保証も付き、これで安心出来ます。

 

皆様のご自宅は如何でしょうか?

少しでも気になる所がありましたら点検に伺いますので、遠慮なくお問い合わせください。

 

 

LINEで送る
Pocket

Post date:2018.07.30

職人さん

専務の薄井吉昭と申します。

普段は新築、リフォームのお客様担当としましてご契約頂いてからの仕様打ち合わせ等を担当させて頂いております。

お客様と仕様打ち合わせや、事務作業がメインで工事が進むにつれ確認のため現場に伺います。

事務所から現場までは当然ながらエアコンの効いた車で移動します。

車から降りた途端に汗が滝のように流れてきます。新築工事現場では上棟後屋根下地が終わると建物内は日陰になり壁は下地の状態なの風がある日は作業も少し助かるかと思います。

これから壁材張ってくると風の通りが減ってくるので大工さんや室内作業の職人さんは暑さとの闘いになってきます。

外壁下地が張り終わり窓が取り付くとお客様が今後快適に生活するために重要な断熱材の工事になります。

断熱材も様々な種類があり施工方法も変わってきます。

弊社では吹付する断熱方法で施工致します。

基礎、壁、屋根の内側を全て断熱材を吹付していきます。

廻りが汚れないようにしっかりと養生して施工します。

吹付する職人さんも断熱材が付かないよう今年の猛暑あってもカッパをきての作業になります。

建物内も高温の上、カッパでの作業は非常に危険なので短時間で交換しながら数人の職人が待機しております。

屋根面の吹付は建物内でも非常に高温でサウナと同じような環境です。

更に熱い職人さんは屋根屋さんかもしれません。

私も以前屋根工事を経験した事がありますが、滑らないように足元は地下足袋をはいておりますが屋根が直射日光で熱く一日作業していると足の下が低温やけどのようになったことがありました。

前屈みでの作業になるので後頭部は直射日光、顔は照り返しで意識もうろうとなってきます。

金属の道具等も熱くなり素手では触れないほどです。

今年も異常気象で、梅雨明けは非常に早く、40度超えの記録更新、西日本では大変な豪雨、台風は通常とは反対方向に進み今までの常識は通用しない感じがしております。

建物に関しましても長い歴史の気候風土に合わせて快適な住まい造りをしておりますが、これからは異常的な自然環境を想定しながら建物造りをしていかなければと感じております。

私たちは自然環境に合わせながら生活していかなければならないので、皆様が快適に生活出来る様日々頑張っていきたいと思っております。

お住まいに関しましてのご相談がございましたら弊社ホームページより遠慮なくお問い合わせください。

皆様が安心、安全、快適に生活できますようご協力させて頂きます。

LINEで送る
Pocket

Post date:2018.06.15

リビングショールーム

専務の薄井吉昭です。

 

弊社リビングショールームのご紹介です。

・フローリング、羽目板、テーブル、内窓、全て無垢材を使用しております。

 電気式の床暖房も施工しておりますので冬は足元暖かで打ち合わせできます。

 

DSC_4180

・ニッチには間接照明をつける事によりデザインパネルをより引き立てます。

DSC_4176

・照明器具も光の色見が比較できるように、電球色、温白色、昼白色を並べて検討頂けます。

DSC_4175

・システムキッチンも2セット設置してあります。

 ガスコンロとIHヒーターの両方共実際に使用できますので比較検討が出来ます。

 その他、造作カウンターや収納カウンター、テレビカウンター等、もございます。

DSC_4179

ホームページに詳しくご紹介してありますが、実際に体験頂き無垢の良さを感じて下さい。

皆様のご来場お待ちしております。

LINEで送る
Pocket

Post date:2018.02.18

16年目の化粧直し

専務の薄井吉昭です。

 

今回は築16年の戸建て住宅の外部塗替えをご紹介致します。

木造軸組み工法2階建て

屋根材はアスファルトシングル材、外壁は骨材の入った吹き付け仕上げになっております。

塗替え前 南面 

妻部の換気ルーバー、飾りシャッター等は樹脂製なので色が結構あせております。

腰高の木製幕板も腐ってはおりませんが色があせております。

塗替え前 西面

外壁下地板のジョイント部分の下地パテが割れてきており縦横にクラックが生じております。

全体的に水垢汚れがあります。

塗替え前 北面

屋根材はしっかりしておりますが水垢汚れが結構ついております。

外壁は西面同様下地ジョイントのクラックで出ております。

サッシや換気フード廻りからの水垢汚れがひどいです。

2階木製デッキ材は手摺部分は一部腐ってぐらついており危険な状態でした。

 

総合的な判断で、屋根材はしっかりしておりますが汚れが酷い状態でした。

外壁に関しましては北西面の下地ジョイントのクラックがあり風雨時等は外壁材の内側に雨水が侵入する可能性がありました。

木製ウッドデッキに関しましても築16年たっており手摺等腐食して危険な状態でした。

汚れだけではなく、雨水の侵入、デッキの危険性もあり、外部塗替え工事を行いました。

塗替え後 南

塗替え後、換気ルーバー、飾りシャッター、木製幕板も綺麗になりました。

塗替え後 西面

外壁下地ジョイントのクラックも再度コーキング処理を行い前面を再塗装しました。

塗替え後 北面

屋根材はもともと色むらがある素材でしたので、今回は高圧洗浄のみで再塗装は行っておりません。

外壁は下地クラックをコーキング処理し、再塗装しました。

木製デッキは全て解体撤去し、新たに木製ウリン材で作り直しました。

 

今回の工事は築16年目で塗替え工事を行いました。

屋根材、外壁材に何を使うか、仕上げ塗料を何にするかで耐久年数も変わりますが、一般的には10年程度を塗替えの目安が宜しいかと思います。

10年~15年程度でコーキングや壁材のクラック等が生じる場合がありますので、クラックを発見したら直ぐに補修を検討して下さい。

そのままにしておくと雨水侵入等により下地材の腐食、酷くなるとシロアリの被害も考えられますのでご注意下さい。

 

大切な住まいを守るためには定期的な点検が必要です。

床下、天井裏、屋根上等、専門家でなければ確認出来ないところが重要です。

少しでも心配がある方は、薄井工務店迄ご連絡頂ければ点検にお伺い致します。

お気軽にお問合せ下さい。

LINEで送る
Pocket

Post date:2017.10.23

第10回 住まいまるごと 大相談会

専務の薄井です。

10月21日・22日と弊社の大イベント『住まいまるごと大相談会』を行いました。

今回は第10回の節目でしたが、初めての雨天開催でした。

しかも台風と大荒れの天候でした。

お客様や出店関係者からも『中止ですか?』と問い合わせ頂きましたが、気合を入れて決行しました。

 

今回初めての試みで、【上棟式体験 お菓子まき】を行いました。

DSC_2902

実際に構造躯体を組み建ててお清めです。

この時点で集まったお子様達はお菓子を欲しくて手を伸ばしてました。

さあ、いよいよお菓子まきです。

DSC_2908

大雨の為、シートを張っての上棟式ですが沢山の方が懐かしい上棟式お菓子まきを楽しんで頂きました。

今はこのようにお菓子まきをすることも無くなってしまいましたが、昔ながらの行事をこの様な形で残していきたいですね。

 

 

LINEで送る
Pocket

Post date:2017.08.31

棟梁会

専務の薄井吉昭です。

住宅の新築やリフォーム工事では建物の構造となる基礎工事や構造躯体工事が基本の工事となり、躯体の内外に外装工事、内装工事、その他設備の工事が入り住宅が完成していきます。

大工さんを中心として行われる「棟梁会」

その中でも工事期間が一番長く基本の工事となる大工工事を行う大工さんを集めて勉強会を行う【棟梁会】を行いました。

 

新しい商品や新しい施工方法についての勉強会も実施

住宅に係る様々な工事業者さんを定期的に含みまして、新商品の納め方や、不具合の見直し、改善方法等を協議致します。

今回は建物の強度に必要な金物に付いて協議致しました。

 

棟梁の真剣な表情です。

大工さんの工事は基本的な加工技術は昔からの方法で行われておりますが、時代に合わせた金物や新しい商品、施工方法は常に進化しておりますので、このように勉強会を行う必要があります。

お客様に、安心、安全、快適に生活して頂けるよう今後とも弊社と工事に携わる全ての業者でこのような勉強会を行ってまいります。

 

LINEで送る
Pocket