薄井寿男のひとりごと

工務店

2016年3月29日 Category :: 日記

宮っ子チャレンジウィーク記録

毎年、宇都宮の中学2年生を社会体験のため5日間受け入れている宮っ子チャレンジ!

本日、昨年体験をした子供たちからの体験文集が届きました。

 

文集内容は下記の通り。

(STくん)

薄井工務店さんで学んだことは二つあります。

一つ目は家がどのようにできていくかです。 家はただ大工さんが作るのではなく、いくつもの業者さんの手が入りやっと一つの家ができるのです。一つの家族のために何人もの人が協力して作る大切なものなのです。

二つ目は上下関係の大切さです。仕事には指示を出す側と指示を受けて行動する側の人間が必要なのだと感じました。自分で考えるという大切さもありますが、人から言われたことを確実に行うという大切さも学びました。また仕事をするときは正しい情報を伝達することが大切だと学びました。

宮チャレではその事業所ならではの事や社会のルールを学ぶこととができました。

今回学んだことをこれからの人生で活かしていきます。

 

(SGくん)

建築をするにはたくさんの人や業者さんが関わっているのがわかりました。建築はお客様が望んでいるものを作らなければならない、とても難しい、とても気遣いの必要な仕事だとわかりました。家を一軒作るのには、何年もかかるということがわかりました。お客様がわかりやすいように模型などを作ってあげたりする。 宮チャレをやってみて、僕は色々な体験をさせてもらったおかげで家を建てるのは簡単ではないということがよくわかりました。

また、家の壁や柱はとても良い木を使い家が丈夫に何年も耐えられるように、木を丁寧に選ばなければいけないということがわかりました。

 

(ONくん)

薄井工務店で体験したこと。

薄井工務店で様々なことを体験させてもらいました。

体験させてもらった中で一番印象に残っていることはドリルと模型作りです。ドリルで木の板に穴をあけました。模型つくりは自分が書いた設計図ももとに模型を作りました。どれも初めての経験でとても貴重となりました。また、他にパソコンで設計したり自分で書いた設計図の色染をしました。色染はとても難しく、大変苦労しました。

どれも初めての体験でとても良い勉強になりました。

 

(薄井寿男)

陽南中学校の3人の生徒さんです。

3人とも本当に一生懸命5日間取り組みました。

家づくり、ものつくりの大切さ、楽しさを感じてもらうよう5日間みっちりカリキュラムを組みましたが、みんなとても素直でいい子たちばかりでした。

こうして感想を読ませて戴き、子供たちが感じ取ってもらえたことはとても嬉しく思います。

将来日本を担う子供たち、とても楽しみです!

2014年3月17日 Category :: 日記

金沢に修行に行きます。

全国の熱心な工務店さんが集まる経営研究会のため、今回は金沢に向かっています。
さすが北陸まだまだ一面真っ白です。

image

2013年3月14日 Category :: 日記

奄美大島へ出張中です。

来月から長男がお世話になる奄美の工務店さんへご挨拶に伺ってます。
どうせ行くなら名一杯遠くで経験した方がいいと本人の意向もあり、決めました。
皆さん いい人ばかりで嬉しい限りです。
感謝! 感謝!
台風や白蟻にも強い家が学べそうです。

2011年12月14日 Category :: お家コラム

佐賀、福岡での修行!

今日は大分の中津から佐賀に移動、6年前に『免疫住宅』をはじめ今や地元で一番人気の工務店さんへ修行に伺いました。

豊富なデーターををもとによくわかる説明がされていました。

さすがです!

午後には福岡のFFC工法の本社工場に伺いました。

(右がFFC処理をしたパン、左が何もしないパン)

(右がFFC処理した桜の木、左がなにもしない木)

この液を使って加工した内装材を家に使います!

2011年5月17日 Category :: 日記

講演終了!

90分の講演が終了しました。

ふ~

うまく伝わりましたかね~??

今回は西日本の工務店さんに来て戴いたのですが、何処でも経営をしていくのは必至ですね。

皆さん本当に勉強熱心!!

私も勉強になりました。 ありがとうございます!  <(_ _)>

2011年4月5日 Category :: 日記

大阪に向かっています。

現在、東海地域通過中!

新幹線の中です。 左側はすく海です。

もし、こんな時・・・・ 想像するとゾッ!とします。

右側の雄大な富士山を見て気持ちを切り替えましょう!

今回の修行は『住まいの耐震と防災の対策について』全国の工務店さんとの勉強会です。

阪神大震災の経験者 ・ 東海地域の方 ・ 九州の台風水害経験者 ・ そして東日本大震災の経験

今後に備えて地震防災に強い住まい造りを目指していきます。  (*^_^*)

2011年3月15日 Category :: 日記

私たちの役割。

昨夜までの家屋破損の仮復旧及び修復依頼69件。

本日の問い合わせ10件。

屋根外壁の破損からちょっとしたクロスの亀裂まで内容は様々。

2日間走り回り、燃料も底をつき始めましたがトラックの燃料は何とか確保。

取り急ぎ屋根の破損やガラスの修復など危険な箇所を優先だが、それでも瓦を下ろしシートをかけるのが精いっぱい。

その後の修復はいつになるか目途が立たない状況です。

破損の状況により3段階にランク分けし、危険度のない住まいの皆様には修復時期が相当先になる旨のご説明をしました。

100%の方が理解戴き了承してもらいました。 ありがとうございます <(_ _)>

また、現在着工中の現場も職人さん自身の住まいが破損している方もあり通常通りの業務ができない現場もあります。

計画中のお客さまも含め、皆様には大変ご迷惑をおかけしておりますが緊急対策を優先させておりますので、何卒ご理解ご協力を戴けますようお願い申し上げます。

今回の被害は築年数の古い住宅、特に2階建ての瓦屋根に多く見られます。

近年の住宅はエリアにもよりますが殆ど破損はみられませんでした。

東西の横揺れが大きかったようで、同じエリアでも建物の形状により破損に違いが出ています。

南北に長方形の住宅は破損があるが、東西に長方形の住宅や正方形の住宅は殆ど破損は見られませんでした。

その他、今回の巨大地震により様々なことが改めて分かりました。

今後の建築に活かしていきます。

先日から一般の方からの問い合わせや、お客様の親類知人宅の補修依頼が相次いでいます。

屋根の応急処置をしていると、近所の方が『うちも!うちも!』と言われるのですが、全てのご依頼にお答えすることができず、大変心苦しく思っております。

まだまだ、問い合わせが増えると思いますが私たち『地域密着の工務店』としてできる限りの役割を果たしていきます。

■追伸

地震保険に加入されてる方は、地震発生から基本10日以内に報告をしなくてはいけないようです。

21日までですが、19日から連休に入ってしまうので18日(金)中までに必ず保険会社に連絡をしてください。

薄井工務店で理想のお家を
一緒に作りませんか?

家づくりに関するどんな悩みでもOK。
まずはお気軽にご相談ください!