薄井寿男のひとりごと

家づくり

2016年5月2日 Category :: 日記

70周年に思う。

1946年(昭和21年)の創業から今年で70年を迎えることができました。

多くの方のお力添えがありながらここまで続けてこれたことに感謝の念が絶えません。

本当に感謝です!

ありがとうございます。

 

先日、ささやかながら70周年記念式典を行い、天候にも恵まれたことが幸いしたのですが弊社ガーデンにて行い役200名の皆様にご参加いただきました。

古くは30年前に建てさせて戴いたお客様などパートナー業者様を含め多くの方にご祝辞を頂戴しました。

70年前に旧日光町清滝といういろは坂の少し手前の寒さ厳しい場所で創業者 薄井留吉 (私の祖父)が一人親方の大工として道具箱一つから 薄井建築を創業したのが始まりでした。

昭和39年には日光市久次郎町に移転し、薄井工務店と改称

 

その後、昭和42年に宇都宮市西川田町にに拠点を移し昭和51年に有限会社薄井工務店と法人設立

この時に二代目代表の薄井惣寿(現会長)が就任しました。

この時、私はまだ中学生。

ありがたいことに設立40年も今期迎えることができました。

 

私が三代代表として就任させて戴いたのは平成14年、今から14年ほど前のことです。

そして平成23年には株式会社薄井工務店と組織変更をし現在に至ります。

70年の歴史から見ると私の歴史はほんのつい最近、14年間を振り返ると反省だらけです。

自分では夢中になっているつもりでも皆さんからみれば至らぬ点ばかりだと思います。

それなのに、このように多くの方に祝って戴けるなんて本当に嬉しい限りです。

25年前に建てさせて戴いたK様からこのようなお声を掛けて戴きました。

 

『薄井さんに設計してもらってから25年経つけど、今でも自分の家が一番いいと思っています』

『今度、うちの娘が家を計画してるので今の家を二世帯にするか別で建てるか相談にのってください』

 

当時、私はまだ20代 夢中で設計し建てさせて戴いた家です。

娘さんは小学生でした。

小さくても長く続けられるとこのような嬉しいことがあるんですね。

本当に相談戴けるだけでもありがたいです。

 

家は決して建てて終わりではありません。

住み始めてから、家族の歴史が始まり1日1日想いが刻み込まれていきます。

そして家族と一体になり人生でかけがえのない空間になっていきます。

そんな大切な住まいを、暮らしをずっと守っていける。

 

私たち薄井工務店はそんな存在になっていきたいと思っております。

これからも皆様とともに成長していけるよう努めさせて頂きます。

2013年1月11日 Category :: 日記

住宅購入に現金給付

新しい政権に変わり予想されていた制度も方向性が付いてきましたね。

来年4月からの消費税8%に際して住宅建設の駆け込みが予想されますが、急激に増えると職人不足に加え資材高騰となる恐れがあります。

今年の9月末までに請負契約を交わせば来年4月以降の引き渡しでも5%のままという制度もありますが,逆に8%になっても住宅ローン減税の拡充延長がほぼ確定的になりました。

しかし、この制度は納税額に対する還付なので、中低所得層の方は減税枠が使い切れない場合があります。

そこでまず住民税の控除枠を引き上げ、更に控除枠に満たない人には現金給付するという制度ができそうです。

住宅を購入する人には3%の負担増を何らかの形で戻そうというわけですね。

一生に一度の家づくり。

計画は早めに!

施工はじっくりの方が『いい家』ができると思いますね。

惑わされないように注意してください。

2012年12月12日 Category :: 日記

良い家を造るパートナーの会

協力業者さん50社を選出し、良い家づくりの為の勉強会と今期の目標発表をさせて戴いてますした。
今期もよりパートナーの絆が深まりそうです。

image

image

2012年11月19日 Category :: お家コラム

温度差18度!

朝の5時38分現在、室内温度20度、外気温2度。

その差18度!

吹き抜けのあるリビングでの温度。

築18年の外断熱の家です

エアコンもストーブもつけず、温水式床暖房をトロトロ運転。

冬の温度差による脳梗塞が日本一多い栃木県では室内温度差は大敵です!

長く住んで分かる家の性能。

よ~く考えよう 家づくり!

2012年11月18日 Category :: お家コラム

温度差16度!

現在、朝の5時50分。

外の気温は5度、室内の温度は21度。

築18年の小さい家ですが、外断熱に温水床暖房。

性能にこだわって本当に良かったと思える季節になりました。

家の本当の良さって年数が経つと分かりますね。

2012年11月12日 Category :: その他

消費税増税に関する注意点!

平成26年の4月1日から消費税が8%になる見通しとなっていますが、それに関する様々な注意点があります。

■最終的な増税引上げは平成25年の秋に経済状況により決定(閣議決定によ
り決まる)従いそれまでは正式に増税決定ではないので判断を間違ってはいけません。

■建物の引き渡しが平成26年4月以降になると8%の扱いに建物全てが対象にな
ります。但し、平成25年9月30日までに請負契約を交わせば、引き渡しが4月以降
になっても5%の扱いになります。着工が何年後でもです。
でも請負業者は8%で材料を仕入れるようなのでそんなことはしないと思いますが。

■請負契約が9/30までに交わしても、引き渡しが4月以降の場合追加工事分は認

められないので注意が必要です。

■住宅ローン減税や住宅エコポイント等の更なる拡充の可能性もあります、従い3%余
計に払っても何らかの形で戻る還付制度が増える見込みなので一概に増税前後どちら

が損得かは判断できません。

結局、住宅は一生もの。 損得で考えずに必要な時期に建てるのが一番いいと思います。

2012年9月12日 Category :: お家コラム

配置計画2

大変ありがたいことにプランのご依頼が殺到しちょっとバタバタとしておりました。

さて、そんな中 先日ご依頼を戴いたお客様が実は築18年で建て替えを検討したいと。

現地を確認してみると、特に建物に損傷はなく どう見ても建て替えはもったいない。

ご依頼主の希望は『とにかく寒いのを何とかしたい』とのこと。

それであれば、断熱改修をすれば問題は解決するのでは、とお伝えしますが。

実は建物の配置がどうしても気に入らないらしい。

駐車場の位置から庭の使い方日当たりの問題などなど。

建てる当初はメーカーさんに任せきりで特に気にしてもいなかったらしい。

確かに、現在の配置では車の出し入れは難しいし、敷地が広い割には庭の計画があまりされていないように感じる。

実にもったいない!!

生活そのものは家があればできますが、これではどうも暮らしが見えてこない。

家を造るに当たり、私は配置と動線計画は住宅では生命線だと思っています。

何しろ人生の中で一番いる時間が多いのが 『我が家』 ですから。

最初の計画をしっかりと組み立てていきたいですね。

薄井工務店で理想のお家を
一緒に作りませんか?

家づくりに関するどんな悩みでもOK。
まずはお気軽にご相談ください!