栃木県宇都宮市 夫婦2人で暮らす木の香る平屋の家

木づかいの家、薄井工務店の注文住宅。今回は夫婦2人で伸びやかに暮らす、木の香が芳しい平屋のお宅をご紹介します。ゆるやかな屋根の勾配を活かした吹上天井には、渋い色あいの梁を山小屋のように渡してい
ます。少し高くなっている壁には、天窓をしつらえました。天窓から差し込む光と白い壁と梁が、印象的な陰影を作り出す居心地の良い住空間を造り出しています。

IMGP2634 h080

開催予定のイベント&注目記事

IMGP2640

キッチンと和のダイニングスペースが一体となった空間

キッチンのカウンターの向こうには、畳敷きのダイニングスペースを配置しました。キッチンから見えるダイニングの壁は、他の壁とはがらりと変わった深い紺色。横長の窓がスタイリッシュです。

キッチンは、作業スペースも十分な広さを保っており、息苦しさを感じさせません。また和の空間になっているダイニングは、リビングから一段上がった「小上がり」スタイル。日常でありながら、気分がすっきりと切り替わるような、穏やかでゆったりとできる夫婦の大切なスペースです。

  • IMGP2650

    お仕事や趣味の時間にも。小窓が印象的なカウンターコーナー。

    白い壁と無垢のデスクカウンター、そして壁面いっぱいに造りつけられた造作の棚が置いてあるカウンターコーナーにも、印象的な小窓が開いています。

    お仕事はもちろん、手先を使う趣味を楽しむ時間、家事の合間に雑誌をめくりながらコーヒーを味わう時間などを過ごせる、「私だけの場所」を作り出せる空間です。

  • IMGP2633

    ダウンライトが外壁の凹凸を美しく照らします。

    大きく開いた窓には、ぐっと広めのひさしがあり、ダウンライトを備えています。夕暮れ時にダウンライトを点灯すると、こだわりのあふれる外壁の凹凸を、美しく照らし出してくれます。

IMGP2671

ドレッサーも完備した収納空間

夫婦で過ごす家だから、住空間を物であふれさせることなく、スッキリと暮らしたいですよね。そこで収納空間は広々と贅沢に用意しています。

天然木の収納棚は、大切なお洋服やカバン類、帽子、書籍などの小物を最適な環境で守ってくれる贅沢な造りです。ドレッサーも完備している部屋の壁は、住空間とは全く違った、しっとりとしたラベンダーカラーのアクセントクロスで印象強く仕上げています。

造作棚の幅は、自在に配置できます。配置次第でオリジナルな空間を演出できます。木の香あふれる収納です。

IMGP2674

天然木の床材とモダンなクロス

天然木の床材を使用した寝室には、一面にシックな色合いを採用しました。ベッドのヘッド部分には、ニッチを取り入れ、モダンなクロスとダウンライトをはめ込んでいます。

間接照明と洗練されたニッチが、夫婦の寝室を上質なホテルのような高級感あふれる空間へと昇華させています。

今回は夫婦2人が暮らす、互いのこだわりが隅々まで行き届いたお宅に仕上がりました。木 の香がふんわりと漂う、優しさあふれる空間です。ところどころに鋭く光るセンスと、大人の雰囲気が、夫婦ふたりで造りあげた理想の「家」をより魅力的に彩っています。

創業1946年(昭和21年)地域と共に歩む 木づかいの家 薄井工務店

私たちは宇都宮に拠点を置き、住宅を中心に、デザイン、施工を行うプロフェッショナルが集う企業です。創業より一貫して『人に優しい住まい・木づかいの家づくり』を理念に歩んでおります。

今、世界中で住まいの在り方が大きく変わろうとしています。帰りたい場所であるはずの家が、外に出られない事で逆にストレスの溜まる場所になってきています。特に日本は家族と共に過ごす時間が世界的にも少ない国です。これは住まいの環境を大切にしてこなかった日本の住宅事情が大きな原因ともされています。

住まいは、ただ寝に帰る場所ではありません。家族が集い、支え合い、楽しみ、寛ぎ、そして人生を共に歩んでゆく大切な空間です。その大切な空間は、安心であり、安全であり、快適であり続ける、本物の住まいでなくてはなりません。

これからは、確実に家で家族と過ごす時間、お仕事をする時間は増えてきます。人生で最も長くいる場所・それが住まいの空間です。私たちはその大切な住まいを、今までにない最高の空間として皆様にお届けすることを、お約束致します。

まずは私たちと夢を語り合い、見て触れて本物の家をお確かめください。それが、木づかいの家づくり 薄井工務店です。

代表取締役薄井 寿男

開催予定のイベント&注目記事

薄井工務店で理想のお家を
一緒に作りませんか?

家づくりに関するどんな悩みでもOK。
まずはお気軽にご相談ください!