群馬県邑楽郡 リビングで避暑地気分?自然の光と木のぬくもりを感じる家

木づかいの家、薄井工務店の注文住宅。今回はリビングでバカンス気分が味わえる、ナチュラルと和モダンが融合したスタイリッシュなお宅をご紹介します。

1 h030

開催予定のイベント&注目記事

1

開放感のあるリビング。別荘の様な爽やかさです

リビングは洗練されたカリフォルニアスタイルを採用しました。白い壁紙と相性の良いカラーのフロア、あめ色の梁が爽やかさとレトロさを上品に演出しています。
高さのある天井と窓が広々としたリビングに開放感を与えてくれます。壁紙と合わせた白いソファが、すがすがしく乾いたカリフォルニアの海辺の別荘をほうふつとさせます。

カリフォルニアスタイル

アメリカ西海岸のさわやかに乾いた潮の香りが漂ってくるような、サーフボードやデニムのイメージ。そして、青や白がふんだんに使われている洗練されたデザイン。適度にプラスされるレトロさが、木を贅沢に使った住まいと絶妙にマッチングする、カリフォルニアスタイル。
カリフォルニアスタイル――それは、アメリカ西部の“海に臨むお部屋”をコンセプトにしたスタイルです。

  • 5

    明るいキッチン。吹き上げ天井は空間を広く見せます

    キッチンの背面が一面窓になり、またキッチンから眺めるリビングの向こう側も大きな窓になっています。
    キッチンもリビングも、いつも自然な光が差し込んで、明るい空間になりました。またリビングの天井は、屋根の勾配を利用した吹上天井です。
    太い梁を中心に、白い壁と組み合わされた木材が、別荘のようなイメージをさらにふくらませています。

  • 6

    木のフォルムが心をなごませるカウンター

    キッチンには木の自然な曲線を活かしたおしゃれなカウンターを設置しました。
    キッチンの腰壁が高いので、キッチンと対面で食事をしたり、おしゃべりしたりしていても、水ハネなどがありません。またキッチンの手元のゴチャゴチャも目に入りません。
    キッチン横には壁にピッタリとおさまる食器棚が設置されています。壁に埋め込まれた状態なので、通行の邪魔になりません。
    食器棚はキッチンの水回りと逆側に設置されていることが多いのですが、壁を収納にすることで、キッチンの背面を一面窓にしました。

  • 2

    畳の部屋でゴロンとひと眠り

    リビングの一角には、すぐにゴロリと横になれる畳のスペースがあります。リビングやキッチンはおしゃれなカリフォルニアスタイルでも、ゴロゴロと横になって本を読みたい時や、子どもと一緒にお昼寝がしたいとき、ゆったりと洗濯物をたたみたいときもありますよね。
    畳のお部屋はそんな日本人のやすらげる大切な時間を演出してくれます。洋風のお宅でも、畳スペースをプラスして団らんの時間を過ごしたいという方は少なくありません。
    畳のお部屋には床の間や押し入れのほか、中庭につながる窓もあって、明るく上品な雰囲気になっています。

  • 4

    扉を開けると2部屋つながる大空間

    畳のお部屋に設置されている扉を開けると、フローリングの隣のお部屋とつながって、リビング・畳の部屋・フローリングの部屋と大空間がつながります。お友達や夫婦それぞれの家族が遊びに来たときなど、さまざまな使い方ができますよ。

3

中庭と和室。雰囲気のある空間でリラックス

中庭に向けて窓が開いているので、プライバシーを守りながら採光ができます。また上手に使えば風通しもバツグンです。
そんな中庭に向けてひらいた窓から和室を望みます。まるでスイートタイプの高級温泉宿のような間取りで、ほっとリラックスできます。

7

忙しい朝でも、家族が共有できる広い洗面脱衣所

洗面脱衣所は、広々とした空間といろいろなものが置ける大容量収納を確保しました。バタバタしてしまう朝でも、家族がゆったり身支度ができるようになっています。

今回はさわやかで明るくおしゃれなカリフォルニアスタイルと、和モダンが融合したお宅に仕上がりました。中庭と吹上天井が広々とした開放感を演出しています。

創業1946年(昭和21年)地域と共に歩む 木づかいの家 薄井工務店

私たちは宇都宮に拠点を置き、住宅を中心に、デザイン、施工を行うプロフェッショナルが集う企業です。創業より一貫して『人に優しい住まい・木づかいの家づくり』を理念に歩んでおります。

今、世界中で住まいの在り方が大きく変わろうとしています。帰りたい場所であるはずの家が、外に出られない事で逆にストレスの溜まる場所になってきています。特に日本は家族と共に過ごす時間が世界的にも少ない国です。これは住まいの環境を大切にしてこなかった日本の住宅事情が大きな原因ともされています。

住まいは、ただ寝に帰る場所ではありません。家族が集い、支え合い、楽しみ、寛ぎ、そして人生を共に歩んでゆく大切な空間です。その大切な空間は、安心であり、安全であり、快適であり続ける、本物の住まいでなくてはなりません。

これからは、確実に家で家族と過ごす時間、お仕事をする時間は増えてきます。人生で最も長くいる場所・それが住まいの空間です。私たちはその大切な住まいを、今までにない最高の空間として皆様にお届けすることを、お約束致します。

まずは私たちと夢を語り合い、見て触れて本物の家をお確かめください。それが、木づかいの家づくり 薄井工務店です。

代表取締役薄井 寿男

開催予定のイベント&注目記事

薄井工務店で理想のお家を
一緒に作りませんか?

家づくりに関するどんな悩みでもOK。
まずはお気軽にご相談ください!