Staff:

Post date:2021.09.17

高強度断熱基礎 ハイストロング工法 ~薄井工務店の基礎について~

 

 

皆さんこんにちは! 薄井工務店 工事部の菊地です。

前回のブログでは、地盤改良工事についてご紹介させて頂きましたが、

今回はその次の工程の 【基礎工事】 について書かせて頂きます。

 

薄井工務店の標準基礎は『HySTRONG工法』と言う基礎となります。

どの様な基礎かと言いますと、

・ハイストロングパネル

・グリッドポスト

この二つを構造体とする新しい住宅基礎の形状です。

 

次世代型の 高強度断熱基礎-ハイストロング工法 となります。

この新しい基礎は、薄井工務店が栃木県内初として取り入れました。

 

この基礎のメリットは

  1、耐久性が高い

   2、基礎外側断熱

   3、良好な通気性

   4、高いメンテナンス性

等が挙げられます。

 

各項目の詳細を明記しますと・・・

 

  1、耐久性が高い

    基礎の土間部分と立ち上げ部分のコンクリートを

    一度に施工する一体打ちで施工する為、基礎の強度・耐久性が

    高くなります。

    更にはシロアリの侵入や水の侵入を防いでくれます。

 

    ↓こちらが実際の施工写真です。基礎の土間と外周部の立ち上がり

      が一体打ちとなっています。 

    

 

  2、基礎外側断熱 

    基礎の枠材(ハイストロングパネル)が断熱材を兼ねているため、自動的にコンクリート部分の

    断熱がなされます。

    ↓ 実際のハイストロングパネル(断熱パネル)です

       外部と内部に断熱パネルが施工されます。

       このパネルがコンクリートの型枠となり、断熱材となります。

       鉄筋もかなりの量が入っていますね。

    

  3、通気性が良い 

    建物内部の基礎はグリッドポストとなっているため、内部を遮る基礎が無く、

    床下の通気性が優れています。

    ↓ グリッドポストの施工例です

    

  4、メンテナンス性が良い

    内部を遮る基礎が無いため、良好なメンテナンス性を確保できます。

 

 

上記の様に従来型の基礎と比較して様々なメリットがあります。

強度・断熱性が高く、メンテナンス性が良好で、と良いこと尽くめです。

ご自宅の建築を検討なさる際には、間取りやデザイン、価格等だけではなく

家の一番大切な部分もしっかりと比較・検討して頂けると良いと思います。

この基礎工法は、弊社事務所の模型や実際の工事現場にてご覧頂くことが出来ます。

ぜひお声がけ下さい。

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Category:
断熱性・気密性 - 耐久性 - 耐震性 - 注文住宅の基礎工事 - 薄井工務店の家づくりブログ
Tags:
LINEで送る
Pocket

薄井工務店で理想のお家を
一緒に作りませんか?

家づくりに関するどんな悩みでもOK。
まずはお気軽にご相談ください!