薄井寿男のひとりごと

2019年3月27日 Category :: お家コラム

集成材を燃やしたらとんでもないことに!!

こんにちは。 薄井工務店代表の薄井です。

このところ、すっかり春らしい陽気になってきましたが、まだまだ朝晩は冷え込むときもありますね~

会社に居ても朝方はまだまだ暖がほしいです。

そんな時は燃料費のかからない薪ストーブがなんともありがたい!

これからの季節は薪をストックする時期なので、今のうちに去年の薪は消化しないと。

 

さて、今回は普通に家の柱に使っている桧と集成材を燃やし比べてみました。

もちろん薄井工務店では無垢の柱しか使わないので、集成材はサンプルですが。

 

こちらは ↓ 薄井工務店が標準で使用している桧の柱

柱の芯と年輪がよくわかりますね。

 

そしてこちらは ↓ 集成材の柱

5層に分かれていますが、接着剤でしっかりと付けていますので普通の状態では特に割れや狂いは出ていません。

 

上記の写真はサンプル品ですが同じ材料を薪ストーブで燃やしてみました。

柱だけでは火が付きにくいので焚きつけ材と一緒にガンガン燃やしてみたら、衝撃の結果が出ました!

まずは20分燃やしてみた結果がこちら ↓

 

【桧の柱】

真っ黒に焦げていますがまだ原型はとどめています。

木は焦げることで炭化層ができ酸素が入りづらくなるものですから、すぐに芯までは火が届きづらくなります。 大きな木材は焦げたことも計算にした『燃えしろ設計』で部材の大きさを考えたりもします。

 

更に20分後(合計40分)がこちら↓

さすがに40分もすると周りはだいぶ燃えてきました。

でも何とか原型は保っていますね。 乾燥するので中心から放射状にひびが入り少しづつその割れ目から燃えて行きます。

因みに鉄骨は不燃材なので燃えはしませんが、耐火ではないので熱が加われば柔らかくなり強度は落ちます。500度の熱で強度は半分になると言われています。

ぐにゃ~と曲がった鉄を見る事ありありますよね。

 

さて、それでは次に集成材の柱を20分燃やしてみた状況です。

驚きの現実はこちら ↓

 

【集成の柱】

ジャジャジャジャーン!

なんとなんと! 4つに裂けています。

実際に燃やしたのは4層に接着された柱ですが、見事に裂けています。

考えてみれば当たり前のことですが、接着剤ですから熱が加われば溶けます。

溶ければ接着効果も無くなり裂け始めます。

裂ければそこに酸素が入り更に燃えやすくなります。

また、燃えた接薬剤のガスも発生します。

 

 もう一本の修正柱の方はこちら↓

もうこちらは殆ど原型をとどめていません!

つい20分前までは割れもひびもなかった柱です。

 

もう一度、上に戻って桧の柱を見て下さい  ↑ ↑ ↑

 

どうですか皆さん。

今回は小さな薪ストーブで燃やしただけですが、もし実際の火災にあったとき。

どちらが燃え広がるスピードが速いか。 一目瞭然ですね。

もちろん火災など起きない事が一番ですが、皆さんも万が一の事を考え必ず火災保険には加入しますよね。

もし、もう少し火の回りが遅かったら! と考えると・・・・

無垢の柱を使う事も大切な保険ですね。

2018年7月7日 Category :: お家コラム

合板(ベニヤ)工場見学

こんにちは!

宇都宮で新築、リフォームで『木づかいの家造り』をしている薄井工務店代表の薄井です。

現在、宮城県は石巻に来ています。

美味しい魚介類とお酒を飲みに・・・・・・

ではなく(それもありますが(^^ゞ )

下の写真をご覧ください!

丸太が沢山あると思います。

 

実はこれ、合板(ベニヤ)を作る工場に来ています。

日本では一番シェアのある、セイホク という合板を専門に作っているメーカーさんの石巻工場に勉強に来ているのです。

皆さん、合板(ベニヤ)ってどのように作られてるか見た事ないでしょう?

4万坪もある工場敷地には数万本の丸太が並べられています。

日本国内はもとより、ロシア、中国、東南アジアと様々な国からも輸入されています。

でも最近は国産材の普及から輸入よりも国内の材木を多く使われてるようです。

樹種も様々で、カラマツ、杉、赤松などが主流ではありますが、中には桧もあります。

桧と言えば! 栃木県には一流のブランド桧 『桧粋』 があるのをご存知ですか?

そう、薄井工務店でも標準仕様の材料です。

その桧を惜しげもなく、合板(ベニヤ)にしているのがこの工場なのです!

まさに、栃木県産材を使ったオリジナルの合板なのです。

 

 

 

こちらの写真が、栃木県から来た桧の丸太です。

さて、これをどのようにして合板にするのか?

ここから先は工場内にて撮影禁止となり写真はお見せ出来ないのですが、流れをご説明します。

 

① 丸太の皮むきをする機械に運び水圧にて皮を剥きます。

② 皮を剥いた丸太を170度以上の高温蒸気で20分以上かけて蒸します。

③ 柔らかく蒸された丸太を2m間隔で大きなチェンソーで切ります。

④ 2mの長さに切られた丸太の両サイドで固定し『くるくるー』と高速回転し一気にかつら剥き

(大根でよくやりますね)され、数秒で厚さ3ミリ程度の薄い板に剥かれます。

⑤ 即座に幅2m、長さ10mほどの薄い板を1間隔に裁断されます(2m×1mの板が出来ます)

⑥ 裁断された板はカメラ付きの自動コンピューターにより質の善し悪しを5段階ほどに分かれて

主分けされます。

⑦ 厚さ12ミリのベニヤが出来るにはこの裁断された板を5枚使います。

強度を増すため板は縦横と交互に貼り合わされます。(ここからは手作業も入ります)

⑧ 合わさった板は圧縮される為、12ミリの合板は最初13.5ミリほどの厚さになっています。

⑨ 長さを縦横、1820㎜×910㎜に仕上げ、両面をペーパーで滑らかにします。

⑩ その後、人工乾燥され、刻印をして完成です

 

どうですか!!

たかが合板、されど合板!  凄い仕組みでした。

愛着を感じますよね。

工場内には全国に出荷される数万枚の合板がありますが、1週間足らずで出荷されるようです。

高く積みあがった倉庫内で、我が社で使う『桧粋合板』を発見しました!

来週出荷分で500枚ほどありました。

数ある合板の中でも地元材の桧合板はここだけ。 他と比べても一際いい材料だけに、私も誇らしげになりました!

物の出来上がる過程って重要ですね。

無駄にしないようにしっかりと使わせて戴きます。

 

2018年3月27日 Category :: その他

年輪

寒さも和らいできて、このところ春らしい陽気になってきましたね。

花も咲き、新しい芽が出、心も体も活動的になってきます。本当に気持ちが良くウキウキする季節ですね。

しいて言えば、花粉が辛いことくらいが憂鬱ですが・・・・

でも、杉も桧も私たちは大変お世話になっていますので、花粉が無くなったらそれこそ大変な事です。

家を造る資材がなくなり全く仕事になりません (~_~;)

特に県産材の杉、桧はうちの標準仕様ですから様様です。

もう一心同体! 花粉も喜んで受け入れるしかありませんね。

 

さて、これからの季節は木も成長する時期になってきます。

寒い冬は木もじっと成長を止め、寒さに耐えています。 春から夏、秋までは水を多く吸い始め成長する季節に入ります。

みなさん、木の年輪はどなたも見たことはあると思いますが、年輪そのものはどのように出来るかご存知ですか?

実は日本は、四季がはっきりとしてるが故、綺麗な年輪、木の目が出来るのですね。

特に私たちが住む栃木県は冬はとても寒く、夏は暑い地域です。 そのような地域こそ身の締まった年輪の綺麗な木が出来ます。

 

下の写真は、100年生の桧を伐採する時の様子です。

寒い地域はこのように上に真っすぐ伸びるスーとした質のいい木が育ちます。

(栃木のブランド桧・桧粋です)

このように真っすぐ伸びる強い木が育つのにはある程度の寒さと、四季がはっきりとした気候が必要です。

年輪の筋のような濃い所は、冬を表しています。薄茶の所は春と秋、白っぽい所は成長の多い夏になります。 このように一年一年、成長と停滞期を繰り返しながらゆっくりと木は育って行きます。

寒さの厳しい栃木の環境は強い木を育てるにはもってこいの地域なんですね (^^♪

従いまして、木の年輪を見てもらうと温かい地域で育った木は年輪の幅も広く、寒い地域で育った木は年輪の幅が狭く身の締まった強度のある木という事です。

また寒すぎても成長が遅く、木の構造に使うには時間がかかりすぎますし適度な気候が必要なんです。

逆に熱帯地方の木は年中夏ですので成長が止まる時が無く『年輪の無い木』というのもあります。

年輪が無いなんてなんだか変ですよね。

 

下の写真は(上の写真の木)実際に山で自分たちで伐採した木を家の大黒柱に使用しました。

立木の状態から伐採、製材を経て、乾燥し、工場に運ばれ、大工さんが加工して初めて家に使われます。

100年の命を頂戴して家に活用するわけですから、感謝しなければいけませんね。

2010年12月18日 Category :: 注文住宅 木づかいの家

大黒柱の加工が始まります。

今年の3月3日(ブログ参照)に山で伐採したヒノキの大木。

そのうち2階までの通し柱に製材した柱をいよいよ加工します。

3月に伐採 ・ 5月に山から運び出し製材 ・ その後乾燥に掛け半年間、当社の倉庫に保管していました。

いよいよ24日の建て方に向け加工が始まります。

私もとても楽しみです。

100年以上山で育った桧の木。 場所を変えて家族の命を守る大黒柱に変身です。

I さん楽しみにして下さい。  (*^_^*)

2009年4月19日 Category :: 注文住宅 木づかいの家

外断熱で桧の家の和風住宅。

『私はどうしても外断熱がいいの』 と奥様。
『俺は絶対桧の家じゃないとダメだ』 とご主人。
そして、お二人とも和風住宅がご希望の団塊世代のF様ご夫婦です。
昨年の秋口から家を検討し始め、上記を条件として探しに探したらしいです。
外断熱で桧の家の和風住宅。 外断熱で桧の家の和風住宅。
年が明けてもとうとう見つからず、 『もう外断熱は諦めて○条工務店か、○○林業にするか』
と半ば諦めてた頃。
ふと、目に留まった雑誌の広告。
ん? 『外断熱工法で栃木県の桧の家』  『薄井・・・・工務店・・・?』
先日、突然連絡がありご相談を戴きました。
そして今日は改めて現地の確認。
その後、求めていた外断熱で桧の家の和風住宅を見に行きました。
6年ほど前に完成した家ですが、木の風合いが深みを増してよりいい感じになっていました。 お住まいのご夫婦も本音で体感をお話し戴きました。住まい手の声はより真実味がありますね。
希望の大きさも丁度同じくらい、ご主人、奥様とも非常に気に入って戴いたようです。
私『ホッ! よかった』
F様『それじゃ薄井さん、こんな感じの家をお願いしますよ』
私『わかりました、それじゃプランニングカルテが出来次第、プランに入らせて戴きます』
出会いって本当わかりません。
F様、広告見つけていただいてありがとうございます。 いい家造りますので期待してください。
皆さん、家づくりは諦めずじっくり探しましょう。

薄井工務店で理想のお家を
一緒に作りませんか?

家づくりに関するどんな悩みでもOK。
まずはお気軽にご相談ください!