薄井寿男のひとりごと

その他

2019年6月15日 Category :: その他,未分類

第15回良い家を造るパートナーの会

こんにちは! 宇都宮で新築リフォームの木の家づくりをしている薄井工務店代表の薄井です。

半年に一度の全体勉強会 『良い家を造るパートナーの会』を開催しました。

今回で15回目のパートナー会。

文字通り家づくりに携わる、ありとあらゆる業種のプロ集団です。

50社以上の業界のプロたちが、更に良い家を造るためにはどうしたらよいか。

みっちり3時間以上かけての勉強会。

社内の発表や外部講師を招いての勉強なので皆さん熱心に聞いてくれました。

今回のテーマの多くは今、旬の『働き方改革』などについてです。

式次第の流れ

①薄井工務店の現況と今後の業界動向

②働き方改革関連法について

③障がい者雇用について

④現場についての注意事項

⑤アフターメンテナンスについて

⑥設計納まりについて

⑦工事保険についての説明

⑧イベント計画の報告

⑨経理からの報告

などなど9項目についてそれぞれの担当者からの発表です。

まず、私からは上半期の業況報告を述べました。

お陰様で前期より17%増のご依頼を戴いております。

本当にありがとうございます。

とても忙しくさせて戴いてると同時に、皆様には大変お待たせしておりますこと誠に申し訳なく思っております。

ただ、業界的には決して成長産業ではなく、どちらかと言えば数的には衰退産業であります。

全国の着工戸数は2030年には現在から4割減となる予想もあり、そこに来て空家率は年々増加しております。 全国平均で13.5%、栃木県は上位10番目で空家率は17.3%にも達しています。

こちらも2030年には30%に達すのではと言われています。

このような背景には住まいに関する価値が下がっていることも大きな原因です。

良い家を手入れしながら長持ちさせるべく価値が薄れているのです。

見た目のデザインや広さ設備にだけ拘ったり、価格優先にしてしまうと、基本的性能を疎かにしがちです。

本当に良い家を造れば、誰でも手入れして長く住みたいと思うはずです。

100年前の建物でも資産価値がしっかり持てる建物はいくらでもあります。

その為には、価格の高い家ではなく、価値の高い家を造ることですよね。

本物の素材を使い、住む人の健康に拘った快適な住まいです。

薄井工務店では常にそこをテーマにし、家づくりをしています。 新築当初はどんな家でも綺麗ですが、本物の家は数年住んでみると、その違いは歴然とわかります。

地元の気候風土を理解した本物のプロ集団の家づくり。 価値ありますよ~

薄井工務店、更に勉強して成長させて戴きます!

2019年5月21日 Category :: その他

全国の木材を使った競技場

こんにちは!

栃木県宇都宮市で住宅の新築リフォームを手掛ける薄井工務店代表の薄井です。

最近、季節の変わり目なのか、体調を崩している人が多いですね。

かくいう私も数日前から微熱続きでもう5日間37度前後を行った入り来たりしています。

中途半端な熱なので寝込むほどでもないのですが、いやですね~

さてさて、そんな中 先日休みの日に東京に行きある建物を見てきました。

それは、来年の世界的な大イベント!

と言えば!  そう東京オリンピック

その東京オリンピックのメイン会場になる新国立競技場の現場に行ってきました。

屋根も仕上がったという事で外観はほぼ完成したように感じます。

 

【写真がこちら】 ↓

皆さんご存知のようにこちらは世界的な建築家 『隈研吾先生』 の設計による競技場です。

隈先生の特徴と言えば木材を格子状に使う建築が多くみられますね。

この競技場も外周部全てに使っている 『庇』

これは全て全国47都道府県から取り寄せた地元の 『杉材』 です。

隈先生によると、北側と南側、東側のエントランスゲートの軒には震災被災県の木を利用しているようです。

新国立競技場を『国産木材の利用による世界に誇れるスタジアム』として世界に発信するため、『全ての日本人の心を一つにするナショナルスタジアム』を目指し、日本全国から木材を調達することを決めたようです。

軒庇の木材は北から北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州、沖縄の材料で北と東のメインゲートには岩手、宮城、福島の材料を、南ゲートには熊本の材料を使うようです。

材料の大きさは一般的に木造住宅の 『間柱』 として利用する100㎜×30㎜の材料を使います。

皆さんの住まいにも普通に使う県産材と同じです。

決して輸入木材は仕様しておりません。

内部の大きな大断面の木材もなるべく全国の製材所で加工できるような大きさに調整したとも聞かれています。

出来る限り全国での参加を目指しているのですね。 素晴らしいことです。

ところで栃木県の材料はというと 『北東の位置にある軒庇』 のようです。

早く見たいですね~!

またまた、競技場の近くには既に 五輪のモニュメントもありました。

 

【こちら】 ↓

あれれ! スマイルくんもいましたね!

少しづつ雰囲気が出てきました。

前回の東京オリンピックは、私も生まれてはいましたがまだゼロ歳児。

実際には覚えていません。

という事で自国では初めて体験するオリンピックもあと1年ちょっと。

楽しみですね~

 

2018年3月27日 Category :: その他

年輪

寒さも和らいできて、このところ春らしい陽気になってきましたね。

花も咲き、新しい芽が出、心も体も活動的になってきます。本当に気持ちが良くウキウキする季節ですね。

しいて言えば、花粉が辛いことくらいが憂鬱ですが・・・・

でも、杉も桧も私たちは大変お世話になっていますので、花粉が無くなったらそれこそ大変な事です。

家を造る資材がなくなり全く仕事になりません (~_~;)

特に県産材の杉、桧はうちの標準仕様ですから様様です。

もう一心同体! 花粉も喜んで受け入れるしかありませんね。

 

さて、これからの季節は木も成長する時期になってきます。

寒い冬は木もじっと成長を止め、寒さに耐えています。 春から夏、秋までは水を多く吸い始め成長する季節に入ります。

みなさん、木の年輪はどなたも見たことはあると思いますが、年輪そのものはどのように出来るかご存知ですか?

実は日本は、四季がはっきりとしてるが故、綺麗な年輪、木の目が出来るのですね。

特に私たちが住む栃木県は冬はとても寒く、夏は暑い地域です。 そのような地域こそ身の締まった年輪の綺麗な木が出来ます。

 

下の写真は、100年生の桧を伐採する時の様子です。

寒い地域はこのように上に真っすぐ伸びるスーとした質のいい木が育ちます。

(栃木のブランド桧・桧粋です)

このように真っすぐ伸びる強い木が育つのにはある程度の寒さと、四季がはっきりとした気候が必要です。

年輪の筋のような濃い所は、冬を表しています。薄茶の所は春と秋、白っぽい所は成長の多い夏になります。 このように一年一年、成長と停滞期を繰り返しながらゆっくりと木は育って行きます。

寒さの厳しい栃木の環境は強い木を育てるにはもってこいの地域なんですね (^^♪

従いまして、木の年輪を見てもらうと温かい地域で育った木は年輪の幅も広く、寒い地域で育った木は年輪の幅が狭く身の締まった強度のある木という事です。

また寒すぎても成長が遅く、木の構造に使うには時間がかかりすぎますし適度な気候が必要なんです。

逆に熱帯地方の木は年中夏ですので成長が止まる時が無く『年輪の無い木』というのもあります。

年輪が無いなんてなんだか変ですよね。

 

下の写真は(上の写真の木)実際に山で自分たちで伐採した木を家の大黒柱に使用しました。

立木の状態から伐採、製材を経て、乾燥し、工場に運ばれ、大工さんが加工して初めて家に使われます。

100年の命を頂戴して家に活用するわけですから、感謝しなければいけませんね。

2018年1月27日 Category :: その他

スマイルは天国から笑顔を届けることになりました。

 

 

 

いままで皆様より大変可愛がって戴きました薄井工務店の看板犬 スマイルくんは昨夜、天寿を全うし天国へと旅経ちました。

12歳と10ヶ月でした。

毎日休むことなく会社に通勤し、皆に癒しと笑顔を与えてくれました。

私たちも、つらい時、悲しい時、どんなに助けになったことでしょうか。

本当に感謝に堪えません。

皆様方にもいつも遊んで戴きスマイルもとても幸せな時間を過ごせたのではと思います。

ありがとうございます。

想い出を上げるときりがないのですが、いまは走馬灯のように頭の中を駆け回っています。

加齢と共に自然な体力の衰えはあったのですが、年末ごろから時折一人で歩くことが困難となり今年に入ってからは食事もとれずに寝込んでしまうことが何度かありました。

私と妻で夜中も交代で介護をしていたのですが、3日ほど前から容態が悪化し、昨夜0時10分に家族3人に看取られながら旅立ちました。

いまは苦しむこともなく、静かに寝ているようです。

こんな中、ちょうど私がインフルエンザにかかってしまい最後の3日間を殆ど看病できなかったのが心残りではありますが、妻と娘が腰痛になりながらも頑張って看病してくれました。

これからは、直接 皆様に笑顔を届けることはできませんが、今後とも薄井工務店の名キャラクターとしては生き続けますので今後とも宜しくお願い致します。

 

本当に長い間ありがとうございました!

 

暑い夏は扇風機が大好き!  気持ちよさそうでしょう。

 

 

 

どこにいるかわかりますか? チャンピオンになったときのドッグショーです!

見て下さい。この堂々たる立ち振る舞い!

 

 

食べたいけど~ よしが出るまで食べられない~

何分でも我慢強く待ってました。

 

 

去年の12歳のお誕生日。 あと2カ月で13歳だったのですか・・・

 

スマイル たくさんの想い出をありがとう!

 

2017年12月15日 Category :: その他

とちぎテレビに出演しました。

こんにちは!

薄井工務店の薄井です。

私ごときではあるのですが、先日、とちぎテレビの

『トップに聞く~トチギのリーダー~

というニュース番組に出演してきました。

8分程度の短い番組なのですが、取組などを紹介戴きました。

事前に会社収録にきて、本番はスタジオでの生放送という事で、私もかなり緊張しております~(~_~;)

収録は何度か経験あるのですが、生は初めて!

時間の調整というのは難しいですね~

リハーサルでは4分超過!

急遽内容を詰めて『本番では短めにお願いしま~す』 

と私も台本調整にワラワラ

ディレクターさん曰く、いつもは最後にコマーシャルが入り多少の時間調整が出来るらしいのですが、

今日はコマーシャルが無く次の番組がいきなり入るらしく、オーバーすると最後の質問が無くなるとか

『ひえ~!!』

8分番組で4分調整は厳しい! 急遽控室にて調整 (>_<)

本番間近 もうドキドキです!

10秒前 ・ 3 ・2 ・ 1

わっ! 来た!

・・・・・・

 

終わってみればアッと言うまでしたが、1分余計に戴き、9分13秒にて終了しました。

最後の方は、時間が詰まってカウントの秒数を出された途端 次を忘れ飛んでしましました(~_~;)

全く未熟でございます。

それでも何とか無事終了!

ディレクターさん、アナウンサーさん、カメラマンさんに助けられました。

ありがとうございます。

やはり、プロは凄いですね~

■緊張してる ■目が泳いでる ■飛んだ ■訛ってる

など、ありがたいご意見も戴きましたが、宜しかったら見て下さい。

私なりに精一杯頑張りました。

 

【映像はこちら】  ↓

 

2017年12月2日 Category :: その他

お陰様で42期目を迎えました。

お陰様を持ちまして薄井工務店も、法人設立してから42期目を迎えることが出来ました。

創業としては71年なのですが、会社を興してからは丸41年を過ぎました。

ありがとうございます!

その内、私が代表として勤めさせて戴いてるのは、ほんの16年です。

先代、先々代と皆様にお仕事を戴きながらこうして長い間、会社を運営出来ているのは本当に有難いことです。

感謝しかありません!

家づくりは日々進化しておりますが、常に勉強させて戴きながら皆様の暮らしにお役に立てるよう今後とも頑張ってまいります!

何卒、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

 

【経営理念】

人にやさしい住まい、木づかいの家づくりを、地域と共に目指していく。

2017年7月29日 Category :: その他

多くのご厚情ありがとうございました。

去る7月19日

弊社 取締役会長 薄井惣寿 が他界致しました。

 

行年80歳でありました。

 

生前中は一方ならぬご厚情を授かり、また葬儀に於いては多くの皆様にご焼香、ご会葬戴きまして誠にありがとうございました。

厚く御礼申し上げます。

 

会長は昭和12年に日光町清滝で生を受け、父(留吉)が大工業であったこともあり、学校卒後は自ずと大工業に進んでおりました。

 

昭和42年に道具箱一つとオートバイ1台で宇都宮に拠点を移すと、昭和51年には 薄井工務店を法人設立し、その後26年間に渡り、代表を務めて戴きました。

 

その間、ライオンズクラブのメンバーとしても長きに渡りボランティア活動をし、16歳から習った三味線では日光弥生祭の屋台に乗り、趣味の面でも70歳からピアノを習い始め、76歳からはオカリナを始めるなど好きな音楽でも楽しんでおりました。

 

最後まで仕事も携わっておりましたが、11年前の69歳で前立腺癌を患い、その後 胃癌、直腸癌、2度の肺癌と3回の手術やレーザー治療、抗癌治療を行い全て完治してきました。

 

しかし、昨年の2月にリンパ付近に発見された癌にて、今後は治療をせず自然に任せるとの本人の意思もあり、今まで自分らしく好きなような人生を歩んでまいりました。

 

今回は一度も入院することなく、自宅にてたくさんのお力を借りながら、最後まで居ることが出来ました。

在宅介護することにより、多くのことを学ぶことができ、家づくりの在り方を改めて考えさせられました。

これまでの歴史と絆を残してくれた会長(父)を誇りに思います。

 

皆様から戴いた数々のご厚情に感謝し、多くのご縁を大切にしてまいります。

今後とも、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

薄井工務店で理想のお家を
一緒に作りませんか?

家づくりに関するどんな悩みでもOK。
まずはお気軽にご相談ください!