畳リビングと薪ストーブのある温かい家

木づかいの家、薄井工務店の注文住宅。今回は畳リビングと薪ストーブを備えた、温かみのあるシンプル和モダンなお宅をご紹介します。

IMGP3874 h093

開催予定のイベント&注目記事

IMGP3874

キッチン脇から眺めるリビング

白い壁と柔らかな色合いの木づかいで統一されたリビングを、おしゃれなペニンシュラキッチン側から眺めました。
床には琉球畳風の、へりのない正方形の畳が敷き詰められており、一昔前の“和室”とは一線を画した「和モダン」スペースになっています。
シンプルでモダンな、洗練されたリビングです。

IMGP3877

ダイニング側から眺めるリビング

同じリビングスペースを、今度はダイニングの奥から眺めてみました。
腰壁が高めに設置されているので、ダイニングでくつろぐ家族やお客様からは、作業中のキッチンにありがちなゴチャゴチャ感を見られることがありません。
またコンロの前に当たる部分には、本棚を内部に備えたカウンター部分を広めにとり、油ハネなどがダイニングスペースまで汚さないように工夫されています。
ダイニングには楽に座ることができる掘りごたつ式のテーブルのほか、本棚や扉付き収納などが、造作で設置されています。

IMGP3871

薪ストーブ

キッチン脇からのぞいた時には狭く見えた薪ストーブですが、実は畳とフラットにつながっているフローリングから、一段下りた土間部分に設置されています。
土間はかなり広々といており、死角になっている部分で玄関ともつながっています。
薪ストーブのある土間には、大きな掃き出し窓があり、こちらからも家族やお客様が家の中外を行き来できるようになっています。

IMGP3884

吹き抜け

ほっこりと落ち着く和モダン空間で、掘りごたつに腰を落ち着けると、見上げればそこは広々とした吹き抜けになっています。
二階の天井部分に照明が設置されているので、光が降り注ぐように部屋を明るく照らします。
吹き抜けには2階からも顔が出せるようになっており、2階にいる家族も、和モダンリビングの団らんが眺められるように工夫されています。

  • IMGP3892

    キッチン

    キッチンは、水や油がはねてもお掃除しやすいフローリングの床を採用しています。
    冷蔵庫をはじめ、収納スペースや作業スペースも充分に備えているので、お料理好きなファミリーにも満足度の高い造りです。
    キッチン横の壁には大容量収納スペース、キッチン奥は通り抜けが可能なので、料理はもちろん、お掃除など家事動線もバッチリです。

  • IMGP3904

    キッチン前棚

    キッチンの前に備えられている、腰壁と棚に焦点を当てました。
    コンロ前の腰壁は、他の部分より1段高くなっており、広さも少し多めに取られています。
    こうした厚みなどを放置しないことが、薄井工務店の腕の見せ所です。
    マガジンラックなどの収納を造作で取り付け、電源も取れるようになっています。
    こまごまとした生活用品がどうしても多くなってしまうリビングダイニングも、細やかな収納から大きな収納がそろっているので、キレイに片付きます。

IMGP3897

浴室

浴室も柔らかな色合いで統一されています。
広々とした空間で、洗濯物も干せるようになっているため、梅雨どきや真冬でも安心です。

IMGP3911

2F洗面台

2階にもトイレとともに洗面台を設置しました。
トイレの後にしっかりと手を洗えるほか、赤ちゃんが生まれた時や、家族が体調を崩したときなど、大いに役立つオススメの空間です。

IMGP3913

WIC(ウォークインクローゼット)

家族の成長とともにどんどん増えていく衣類や装飾品、アウトドア用品などに対応するためにも、大容量ウォーキングクローゼットを設置しました。
ウォークインクローゼットとしては珍しく、窓を開けることができるので換気もバッチリです。
普段あまり使わないものは上の棚に、使用頻度が高いものは下に、洋服類はポールに“かけたまま収納”が可能です。

今回は、落ちついた和モダンのリビングと、広々とした土間を持った薪ストーブのあるお宅に仕上がりました。
ウォークインクローゼットや2階の洗面台など、細やかな工夫も満載で、住むほどに使い勝手の良さが染みてくる造りです。

創業1946年(昭和21年)地域と共に歩む 木づかいの家 薄井工務店

私たちは宇都宮に拠点を置き、住宅を中心に、デザイン、施工を行うプロフェッショナルが集う企業です。創業より一貫して『人に優しい住まい・木づかいの家づくり』を理念に歩んでおります。

今、世界中で住まいの在り方が大きく変わろうとしています。帰りたい場所であるはずの家が、外に出られない事で逆にストレスの溜まる場所になってきています。特に日本は家族と共に過ごす時間が世界的にも少ない国です。これは住まいの環境を大切にしてこなかった日本の住宅事情が大きな原因ともされています。

住まいは、ただ寝に帰る場所ではありません。家族が集い、支え合い、楽しみ、寛ぎ、そして人生を共に歩んでゆく大切な空間です。その大切な空間は、安心であり、安全であり、快適であり続ける、本物の住まいでなくてはなりません。

これからは、確実に家で家族と過ごす時間、お仕事をする時間は増えてきます。人生で最も長くいる場所・それが住まいの空間です。私たちはその大切な住まいを、今までにない最高の空間として皆様にお届けすることを、お約束致します。

まずは私たちと夢を語り合い、見て触れて本物の家をお確かめください。それが、木づかいの家づくり 薄井工務店です。

代表取締役薄井 寿男

開催予定のイベント&注目記事

薄井工務店で理想のお家を
一緒に作りませんか?

家づくりに関するどんな悩みでもOK。
まずはお気軽にご相談ください!