薄井寿男のひとりごと

地域密着

2019年12月29日 Category :: 日記

新年を迎えるにあたり

こんにちは。

宇都宮で木造住宅の新築・リフォームをしています。 薄井工務店、代表の薄井です。

早いもので、今年も終わりが近づいてまいりました。

会社としては本日(29日)を持ちまして仕事終いとさせて戴きます。

年明けは6日(月)からの業務再開となります。

休日中はご不便をおかけすることもあるかと思いますが、ネットからのメールご連絡については随時確認できますので、緊急の場合はそちらにお願い致します。

 

さて、本年も皆様方には大変お世話になり、誠にありがとうございました。

お陰様で今年で創業76年を迎えることも出来ました。

現在は創業から10年持つ企業は何と約6%しかいないとの総務省の統計がありますので、一年一年継続できることに本当に感謝致します。

心より御礼を申し上げます。 ありがとうございます!

 

毎年の事ではありますが、今年も様々な経験をさせて戴きました。

思い起こすと、やはり上手くいくことより反省の方が多くありますね~

この業界、私も35年ほど関わっておりますが、いつになってもまだまだヒヨッコ!

許認可や工期の遅れ、管理の不備やメンテナンスの内容など、ご迷惑をお掛けしてしまったお客様もあり、、大変お詫びを申し上げます。

色んな意味で勉強が足りないと深く反省しております <(_ _)>

 

しかし、そんな中でも少しは成長できたかなと思う事もあります。

 

4月には薄井工務店でも初となる、分譲を計画しました。

『ナチュラルタウン下砥上』会社から歩いて行ける場所に6件分の分譲です。

名の通り、普通の分譲ではなく、自然を活かした緑の感じるオープンな分譲です。

既に工事は始まっており来年の秋口にはっ全棟完成すると思います。

 

7月にはデザイン性のある外構をガーデン業界のカリスマ 宮本先生とコラボした      『GARDENS GARDEN』 を取組始めました。建物とガーデンを総合的にデザイン計画した内容です。

現在、会社のガーデンショールームもリニューアルしていますので4月頃にはオープン致します。

楽しみにされて下さい。

 

8月には、薄井工務店の現場の標準仕様手引きの見直しをし、新基準が完成しました。

大きくはこれから多くなるであろう水害に対する、外部の防水処理関係の強化を致しました。

世界の自然現象は年々変化して行きます。それらにしっかりと対応できるよう計画をしました。

 

同じく8月に栃木県内では初となる大型パネル工法に取組みました。

これが上手く成功すると、工期が大幅に短縮され、人的施工ミスや現場事故、近隣にご迷惑をお掛けするなどのリスクが大幅に改善され、完全で安心なクリーンな現場が実現します。

年明けも数件、施工計画があります。

 

また、9月頃からは新デザインの計画をしておりまして機能性、デザイン性に優れた新しいタイプの家が来年より始まります。

現在の予定で5月頃にはそのモデルハウスも完成する予定です。

 

来年は、薄井工務店の最も得意とする『木づかいの家作り』を更に強化すべく、業務範囲を縮小する計画もあります。

これまでもお世話になっておりましたが、木造以外の工法や店舗の工事、また遠方エリアの工事は条件によりお受けできなくなることもございます。

大変、心苦しいのですが、これも私たちの社会的使命である『人にやさしい住まい』を『地域と共に目指していく』 この理念に基づき来年も取り組んで行きたく思います。

 

最後になりますが、皆様方には一年間本当にお世話になりありがとうございました。

皆様のご健勝ご多幸をお祈りしますと共に、来年がより素晴らしい年となりますよう念じております。

また、来年も薄井工務店を宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

2016年7月10日 Category :: 日記

工務店ネットワーク

こんにちは。

薄井工務店代表の薄井です。

 

ジメジメ ムシムシ とはっきりしない天気が続いてますね。

でも比較的 今年は雨が少なく現場的には助かってますが、その分水不足のようでやっぱり環境的には平年並みに降るのが一番いいんでしょうかね。

 

さて、今日は全国の工務店ネットワークについてお話を致します。

ネットワークといっても私たち何かのフランチャイズに加盟している訳でもなく、大手メーカーさんの代理店になっている訳でもないのですが。

 

長年に渡りそれぞれのエリアで頑張ってらっしゃる地場の工務店さんへ勉強会や情報交換会に参加させて戴いたことにより、今では北海道から鹿児島まで何かとご相談できる工務店さんが数多くできました。

 

ありがたいことです!

 

そんな中、先日 東京のある建築家の先生からこんなご相談がありました。

『こんにちは薄井さん、実は私の姪っ子が盛岡で家を計画してるのだけど、どちらかお勧めできる工務店さんいますか?』

 

と、盛岡ですか~・・・

 

実は岩手県には特に知り合いの工務店さんがなく、私から直接のご紹介はできなかったのですが、他県の工務店さん方へ問い合わせたところ、何と大阪の工務店さんからとてもいい情報を戴きました!

 

早速、東京の先生へご紹介し連絡して戴くことになったのです。

何とか上手くまとまるといいなと思ってます。

 

実はこのような問い合わせというのは結構ありまして。

事情があり他県へ行くことになったり、数十年ぶりに実家に戻ることになり家を計画することになったりとか。

ありがたいことに、できれば地場の工務店にお願いしたいのだけれど・・・・・

木の家がいいんだけど・・・・・

でも、どこに頼んだらいいかわからない?

という方が多いんですよね。

 

これは私たちの反省として、知名度が少なく営業宣伝不足ということもあるとは思います。

でもそんなに多くの宣伝をしては結局その広告費は建てるお客様へ負担が回るわけですから、なかなか大手さんのようにはいきません。

 

そんな時は、是非、地元では信頼がおけるという工務店へまずは相談してみて下さい。

できれば地域密着型の工務店さんがいいです。

 

同じような熱心な工務店同士けっこう全国ではつながっています。

 

先日も神奈川県のあるかたから、名古屋でセカンドライフの計画をしているのだけど対応可能ですか?

とお問合せを戴きました。

さすがに名古屋まで施工に伺うことは難しいので、何とか地元でいい工務店さんをご紹介することができればと考えています。

 

我々のネットワーク是非ご活用下さい。

2009年4月5日 Category :: イベント関係

平屋の家『見学会二日目』

今日はポカポカの花見日和。 新川沿いの桜も満開でした。
さて、見学会2日目。
こんな気持ちのいい陽気には皆さん花見に行ってしまうのだろうと思いきや!
今日もご来場いただきました。  ありがとうございます
本当に皆さん『平屋の家』に興味を持たれたる方が多く驚きました。
ただ、どうしても初めての方の中には、警戒されてあまりお話しできなかったり、アンケートにお名前やご住所の記入をされないことがありますが。
でもご安心下さい。
私たち薄井工務店には専属の営業はおりませんので、訪問したりしつこく電話するようなことはありませんので。
もし、皆さんが必要と感じたときにご相談いただければそれでいいのです。
それが地域密着の『家守り』だからです。
2日間でご来場いただきました皆様には今後、イベントなどのご案内はさせて頂くことがあるかと思います。
お時間が合い、もしご興味がございましたら、またお会いできますことを心待ちにしております。
ホームページなどでも随時ご案内させて頂きます。
ご来場 本当にありがとうございました。

2009年4月4日 Category :: 注文住宅 木づかいの家

創業63年!

お陰様をもちまして今年度で薄井工務店も創業63年になりました!
1946年(昭和21年) 初代:薄井留吉が『薄井建築』として日光市久次良町で創業したのが始まりでした。
個人の大工として地元では『大工のトメさん』で親しまれてたようです。
祖父は76歳で亡くなるまで生涯、大工として現役を貫いていました。
『少しでも皆が住みやすくなればいいんじゃね~か~。』
子供の頃はオートバイの後ろに乗って、木の香る、加工場へ連れて行ってもらいました。
柱の一本一本を丁寧にカンナで削っている姿、今でも覚えています。
創業者のそんな気持ち今でも引き継いでいくよう肝に銘じておきます。
とにかく建築は長期間に渡り使用するもの。
施工者の責任は重要です。 100年、200年と工務店を継続し地域に貢献できるよう今は私が3代目としてバトンを引き継いでますが。
まだまだ私も8年生です。永く永く継続できるよう、今後ともゆっくり成長の『年輪経営』でいきたいと考えています。
今日は築75年の家を建替えた見学会です。
建築の先輩方が手造りした家を建て替えさせて頂きました。
こうして建築技術を継承できることをありがたく思います。
私たちも後世に伝えられるよう頑張ろうと感じました。

2008年12月2日 Category :: 日記

139件のお仕事ありがとうございます。

今年もあと1ヶ月ですよ。 早いですね~ 皆さんはどう感じますか? 11ヶ月間ですが今年もいろんなお仕事のご依頼いただきました。 ありがとうございます。
当社はもともと大工から始まった会社ですのでありがたいことに、大小さまざまなお仕事を頂いております。
小さな小さな困りごとでも忘れずに当社にお声掛け頂き 本当に嬉しいです。
今年一月から十一月まで大小139件のご依頼を頂きました。
3000万の新築も一件、1万円の棚付けも一件です。
本当にありがたいのはそのうち108件(約77%)が顧客様からの再依頼であることです。
何と売り上げ全体の約半分にもあたります。
・増築をしたい ・内装を替えたい ・外壁を塗り替えたい ・ボイラーが壊れた などなど・・・・
また、他社で建てた古い家の雨漏りを長年補修していて、建替えは薄井工務店へというご依頼もありました。
本当にありがとうございます。 これでこそ地域密着で仕事していた甲斐がありました。
通常この業界は新規追いが多く、細かいリフォームはリフォーム業者へ任せ、顧客様からの再依頼は10~20%程度が多いのですが、私たちはこんなに多くのお客様からご指示いただいて、いいお客様に巡り合えて本当に幸せです。
これからも生活の困りごと、どんな些細なことでもご相談下さい。
今年も残り一月、薄井工務店は頑張ります!

2008年11月28日 Category :: イベント関係

スマイルフェスタ計画。

暮らしの中でチョット不便に感じていること沢山ありませんか?
でもこんな些細なこと業者に頼みづらいし、何処に相談したらいいかも分からない人いるんですよね。
ドライバー一つで直る事も沢山あります。  ずーと長年不便な思いをして 『早く聞けばよかった』なんてね。
若い方はネットで調べたりしますが、ご高齢の方は情報源が少ないのでただ我慢してるだけなんて事もあります。
まして、防犯のこと、耐震のこと、バリアフリーのこと、暑さ寒さのこと、何処にどう相談したらいいか分からないんですよね。
そんな地域の想いを叶える為に、地元の市民センターを借りて  『スマイルフェスタ』 をやろうと計画しました。
『安心、安全な暮らし』 をテーマにし、まずは情報を知っていただく事 そして安心して頼める業者を見つけること。
当社に依頼いただけるかどうかは結果論として。 まずは知ることが優先です。
頼みつけのある方は必要ないと思いますが、それでも詳しい情報提供は案外していないものです。
これは地域密着企業でなければやる意味がなく、私も地元の市民センターに予約を取りに行きました。
ところが!
職員A 『いや~、一企業が営利目的のためにやることは禁止されてますので~。』
私 『その場で物品販売とかをするわけじゃないので、情報提供の場ですから』
職員A 『ん~そうですか。でも会場は予約が重なると抽選ですから、丸二日は確立的に無理じゃないですか』
私 『年に2回の計画なので何とか優先的に確保することはできないですか』
職員A 『ん~、気持ちは分かりますが。』
本当に分かっているのだろうか?
しばらく話していると違う職員が出てきて。
職員B 『ですから基本営利目的は禁止されてますから』
また同じことを ムカッ!
私 『営利目的じゃないって言ってるでしょ!!』
私 『結果、依頼戴くかは分かりませんが、まずは情報提供の場でしょ。地域住民が求めていることを、地元センターが拒否してどうすんですか!!』
だんだん私も熱くなってきてしまった。
行政ができないことを民間企業が進めているのにどうして協力できないか??
まして営利目的とは腹が立つ! 営利目的とは利益を得ることを目的とするのに、仕事でお金を戴いたから即、営利にはつながらないでしょ!
原価、経費を差し引いた残りの利潤が利益であり、その少ない利益の中から半分は法人税として納めているのに、その税金で暮らしている人達がそのことを理解していない。
しばらくすると、今度は副センター長が出てきて。
副センター長 『申し訳ありませんが、今すぐの即決は致しかねますので後日連絡致します。 今日のところはそういう事でご理解戴けますでしょうか?』
別に私はクレームを付けにきている訳じゃないので、理解もへったくれもないんですが。
どうして理解できないのかはこっちが聞きたい。
全国ではこのようなイベントで助かっている地域が増えてきてるというのに、宇都宮ではまだ前例がないようだ。
彼らは前例のないものは本当にやりたがらない。
私は何としても 『地域の家守り』 としてこのイベントを行う決意です。
追伸:1
外は朝から大雨ですね。
今日は建て方の予定でしたが明日に変更いたしました。
Sさんすみませんが宜しくお願いします。

薄井工務店で理想のお家を
一緒に作りませんか?

家づくりに関するどんな悩みでもOK。
まずはお気軽にご相談ください!