2019年8月27日 Category :: 未分類

栃木県初の大型パネル工法

こんにちは!

宇都宮で新築・リフォーム・ガーデンを設計施工してます薄井工務店代表の薄井です。

暑い夏も少し和らいできましたね。

まだ、30度はありますから暑いと言えば暑いのですが、もう35度以上の酷暑からすると少しは涼しく感じますね。

本当に夏場の職人さんは大変です ι(´Д`υ)アツィー

今年はうちの大工さん方にも空調服を支給しました。 少しは体も楽になるようです。

体調を崩しては大変ですからね。

さてさて、それにしても我々建築業というのは多種多様な業種、職人さんが携わらないと、一軒の家は完成しないのですよね。

特に木造住宅(木造軸組工法)ともなると、大工さんの役割は大きく建て方から最終の造作迄、工程の8割程度は現場で施工しています。 その為、一軒の家が始まると次の現場までには3カ月はかかってしまうのです。

そんな住宅業界ですが、実は困った事に、将来の住宅着工戸数は2030年には現在から約40%は減ると予測されていますが、大工さんの減少はそれ以上に進んでいて、将来は職人さん不足は避けられない状況にあるようです。

このままでは『本物の木造住宅に住みたくても』多くを供給することが困難となってしまいます。

そんな中! 我が住宅業界に朗報あり!

大手の三菱商事建材さんの開発で『木造での大型パネル工法』の取り組みが出来るようになりました。

パネルと言うと通常は仕様材料に制約があり、自分たちの仕様が使えない事が殆どですが、この大型パネルは全てこちらの指定材料で組立て可能で、仕様は全く変わらずに精度が増し工期が短縮になるという画期的な工法です。

それがこちら!

 

サッシや通気シート迄施工してあるパネルです。

これ、ツーバイフォーではありませんよ。

ちゃんとした木造軸組み工法です『無垢材です』

 

室内はこちら⇒  

午前10時にはここまで組みあがります。

 

 

 

2階を組み立ててる状況です。

大型のパネルで組んでることもあり、ふらつきもなくしっかりしてます。

これでお昼前の状況です。

 

2階の梁も組み立てて、今は屋根パネルを設置しているところです。

ここで午後2時頃

 

 

はい!  午後の4時には屋根の防水も終わり!

これで雨が降っても安心です。

 

一日の建て方が完了!

サッシが付き、屋根は防水まで完了。 外回りの壁下地、防水紙も終わってます。

これで大工さんは本当に技術力が発揮できる中の造作工事に専念できます。

パネルは薄井工務店の施工手引きに基づいて精密に施工されています。

精度はとても高く出来ていました。

現場での廃材は少なくなり、ご近隣に施工中でのご迷惑も少なくなります。

更に、現場事故のリスクも少なくなり、何と言ってもこれからの職人さん不足には本当に助かります。

技術力のなる熟練した職人さんは内部の造作に力を発揮しやすくなります。

 

もちろんこれ 『栃木県内ではお初です』 

今後、数棟はいろんな間取りのパターンを取り組んで。

来春頃からは標準的な取り組みに入る計画にしております。

薄井工務店はこれからも、益々技術力を高めて行きます。

 

2019年7月17日 Category :: 未分類

創業者と三代目

こんにちは。 宇都宮で木造住宅の新築・リフォームをしている薄井工務店代表の薄井です。

長~~い梅雨ももうすぐ明けそうですね (^^♪

涼しいのはいいのですが、こうも雨が多いと現場にも影響は出ますし工程管理も本当に読みずらい。

あまり暑くても困りますが、やはり夏!

少しは強い日差しも欲しいですね。

 

さて、今の時期になると、ちょっと思い出すことがあります。

丁度2年前のいまごろですが、毎日寝不足で殆ど仕事も手につかずにいました。

7月19日 父(二代目)の命日になります。

肺癌の末期でしたので動くこともままならず、ベッドの上で過ごす毎日でしたが。

最後まで良かったな~と思えたのは 亡くなるまでずっと自宅介護できた事です。

もちろん多くの方のお世話になり協力が無ければできなかったことですが、自宅で最期を迎えることが出来たのは本人にとっても最高の幸せではなかったかと思います。

2年前の19日はちょうど水曜日(定休)だったものですから朝から多くの家族が見守る中、息を引き取りました。

薄井工務店の二代目として、昭和51年から27年間代表を務めて戴きました。

あれから丸二年になりますが、歴史を積み重ねて戴いた事、本当に感謝いたします。

薄井工務店もお陰様で現在74年目を迎えております。

創業者(薄井留吉)が昭和21年に始まり30年の後に二代目(薄井惣寿)が27年間。そして現在三代目として私(薄井寿男)が17年間勤めさせて戴いてます。

26年後には創業100周年になります。

その時まで私が代表というのはさすがに難しいですが、しっかりと次に引継ぎこの目で100年を確認したいとは思っています。

 

今日は定休日なのですが(定休は静かで仕事がはかどるものですから)ちょっと事務所で書類を整理してましたら昔のこんな懐かしい写真が出てきました。

 

 

おそらく今から53年ほど前の写真かと思います。

場所は日光市久次良町。 しっかりと薄井工務店の看板が確認できます。

もうおわかりですね。

創業者の祖父と私です。

まだ、このころは将来自分が何をするのかなどは考えていなかったと思いますが。

今でも祖父と一緒に現場や加工場に行き、一日中おが屑に埋もれながら、木の香りを嗅ぎながら過ごしていたことはよく覚えています。

何かとても安心するんですよね。 木の香りは。

やっぱり気が付いた時にはこの道に進んでいましたね。

祖父がもし違う仕事をしていたら、いま自分はいったい何をしているのだろう?

そんな事を考える時も昔はしばしばありました。

だが、今では迷うことなく家づくりが天職と感じています。

日本家屋の伝統を守り、現在の気候風土、生活環境に合わせながらこうして毎日建築に携わっていられることに本当に幸せを感じています。

74年前に建築の道を歩んでくれた創業者に感謝いたします!

 

 

2019年6月15日 Category :: 未分類

第15回良い家を造るパートナーの会

こんにちは! 宇都宮で新築リフォームの木の家づくりをしている薄井工務店代表の薄井です。

半年に一度の全体勉強会 『良い家を造るパートナーの会』を開催しました。

今回で15回目のパートナー会。

文字通り家づくりに携わる、ありとあらゆる業種のプロ集団です。

50社以上の業界のプロたちが、更に良い家を造るためにはどうしたらよいか。

みっちり3時間以上かけての勉強会。

社内の発表や外部講師を招いての勉強なので皆さん熱心に聞いてくれました。

今回のテーマの多くは今、旬の『働き方改革』などについてです。

式次第の流れ

①薄井工務店の現況と今後の業界動向

②働き方改革関連法について

③障がい者雇用について

④現場についての注意事項

⑤アフターメンテナンスについて

⑥設計納まりについて

⑦工事保険についての説明

⑧イベント計画の報告

⑨経理からの報告

などなど9項目についてそれぞれの担当者からの発表です。

まず、私からは上半期の業況報告を述べました。

お陰様で前期より17%増のご依頼を戴いております。

本当にありがとうございます。

とても忙しくさせて戴いてると同時に、皆様には大変お待たせしておりますこと誠に申し訳なく思っております。

ただ、業界的には決して成長産業ではなく、どちらかと言えば数的には衰退産業であります。

全国の着工戸数は2030年には現在から4割減となる予想もあり、そこに来て空家率は年々増加しております。 全国平均で13.5%、栃木県は上位10番目で空家率は17.3%にも達しています。

こちらも2030年には30%に達すのではと言われています。

このような背景には住まいに関する価値が下がっていることも大きな原因です。

良い家を手入れしながら長持ちさせるべく価値が薄れているのです。

見た目のデザインや広さ設備にだけ拘ったり、価格優先にしてしまうと、基本的性能を疎かにしがちです。

本当に良い家を造れば、誰でも手入れして長く住みたいと思うはずです。

100年前の建物でも資産価値がしっかり持てる建物はいくらでもあります。

その為には、価格の高い家ではなく、価値の高い家を造ることですよね。

本物の素材を使い、住む人の健康に拘った快適な住まいです。

薄井工務店では常にそこをテーマにし、家づくりをしています。 新築当初はどんな家でも綺麗ですが、本物の家は数年住んでみると、その違いは歴然とわかります。

地元の気候風土を理解した本物のプロ集団の家づくり。 価値ありますよ~

薄井工務店、更に勉強して成長させて戴きます!

2019年5月21日 Category :: 未分類

全国の木材を使った競技場

こんにちは!

栃木県宇都宮市で住宅の新築リフォームを手掛ける薄井工務店代表の薄井です。

最近、季節の変わり目なのか、体調を崩している人が多いですね。

かくいう私も数日前から微熱続きでもう5日間37度前後を行った入り来たりしています。

中途半端な熱なので寝込むほどでもないのですが、いやですね~

さてさて、そんな中 先日休みの日に東京に行きある建物を見てきました。

それは、来年の世界的な大イベント!

と言えば!  そう東京オリンピック

その東京オリンピックのメイン会場になる新国立競技場の現場に行ってきました。

屋根も仕上がったという事で外観はほぼ完成したように感じます。

 

【写真がこちら】 ↓

皆さんご存知のようにこちらは世界的な建築家 『隈研吾先生』 の設計による競技場です。

隈先生の特徴と言えば木材を格子状に使う建築が多くみられますね。

この競技場も外周部全てに使っている 『庇』

これは全て全国47都道府県から取り寄せた地元の 『杉材』 です。

隈先生によると、北側と南側、東側のエントランスゲートの軒には震災被災県の木を利用しているようです。

新国立競技場を『国産木材の利用による世界に誇れるスタジアム』として世界に発信するため、『全ての日本人の心を一つにするナショナルスタジアム』を目指し、日本全国から木材を調達することを決めたようです。

軒庇の木材は北から北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州、沖縄の材料で北と東のメインゲートには岩手、宮城、福島の材料を、南ゲートには熊本の材料を使うようです。

材料の大きさは一般的に木造住宅の 『間柱』 として利用する100㎜×30㎜の材料を使います。

皆さんの住まいにも普通に使う県産材と同じです。

決して輸入木材は仕様しておりません。

内部の大きな大断面の木材もなるべく全国の製材所で加工できるような大きさに調整したとも聞かれています。

出来る限り全国での参加を目指しているのですね。 素晴らしいことです。

ところで栃木県の材料はというと 『北東の位置にある軒庇』 のようです。

早く見たいですね~!

またまた、競技場の近くには既に 五輪のモニュメントもありました。

 

【こちら】 ↓

あれれ! スマイルくんもいましたね!

少しづつ雰囲気が出てきました。

前回の東京オリンピックは、私も生まれてはいましたがまだゼロ歳児。

実際には覚えていません。

という事で自国では初めて体験するオリンピックもあと1年ちょっと。

楽しみですね~

 

2019年5月14日 Category :: 未分類

自然豊かな抜群の環境の6区画

こんにちは。栃木県の快適な家づくり・健康な家づくりをしている薄井工務店代表の薄井です。

皆さん、気持ちが 『ほっとする時』 『安心出来る時』 『安らぐ時』 ってどんな時? どんな場所ですか?

多くの人が、家にいる時、家族と会っている時、自然に触れるとき・・

何て言うと思います。

では、『不安な時』 『ストレスが溜まる時、場所』 『落ち着かない場所』 ってどんな時? どんな場所ですか?

個人差はあると思いますが、うるさい場所、人の出入りが多い場所、自然が無い場所・・・・

何てかなり候補に入ると思います。

もし、何十年でどちらかの環境にいなければならないとしたら、皆さんはどうしますか?

私だったら、もちろん自然が多い空間がいいですね。(とはいえあまり不便な山奥では困りますが)

はい!

そこで今回、皆さんにご案内したいのは、薄井工務店本社近くにある土地を6区画限定でお譲りすることとなりました。

 

【こちらが区割りの計画図】 ↓

 

じつはこのエリアは調整区域でしてやたら家が建てられる場所ではありません。

ですが。既存宅地でありますので、現在無資産の方であればどなたでも求めることが出来ます。

自然が多く残りながらも、交通の便もよくコンビニまで徒歩11分、小学校までは12分、バス停まで9分、

薄井工務店までは徒歩4分(何かあればすぐ行けます)薄井工務店のガーデンにはドッグランもあり自然豊かなお庭ですのでいつでもご利用いただけます。

更に、鹿沼インターまで車で9分(5.4K) 壬生インターまでは車で16分と、どちらに行っても便利です。

【敷地内から見える夕日】

【少し角度が変わればこんな感じ】

【近くの雪景色】

【こんな花畑もあります】

 

どうですか!

癒されますよね~!

二階からは日光連山もよ~く見えます。

こんなに自然豊かであり、とても静かな場所です。

それでいて生活に特に不便さは感じません。

これからは交通手段(モビリティー)もどんどん良くなり、買い物はネットですぐ届く時代です。

在宅勤務も普通になるかもしれません。

そうしたら、ますます住まいの環境が重要になりますね。

敷地は72坪から100坪までの6区画

西に緩やかな傾斜で景観は抜群です!

どのエリアも日当たり良好!

それでいて、価格は全て1000万以内(600万代~900万代の範囲です)

上下水道完備・仲介手数料なし

既に3区画は予定を戴いてる方がいます。

でもご契約順になりますのでご希望の方はお早めにお問合せ下さい。

2019年3月27日 Category :: 未分類

集成材を燃やしたらとんでもないことに!!

こんにちは。 薄井工務店代表の薄井です。

このところ、すっかり春らしい陽気になってきましたが、まだまだ朝晩は冷え込むときもありますね~

会社に居ても朝方はまだまだ暖がほしいです。

そんな時は燃料費のかからない薪ストーブがなんともありがたい!

これからの季節は薪をストックする時期なので、今のうちに去年の薪は消化しないと。

 

さて、今回は普通に家の柱に使っている桧と集成材を燃やし比べてみました。

もちろん薄井工務店では無垢の柱しか使わないので、集成材はサンプルですが。

 

こちらは ↓ 薄井工務店が標準で使用している桧の柱

柱の芯と年輪がよくわかりますね。

 

そしてこちらは ↓ 集成材の柱

5層に分かれていますが、接着剤でしっかりと付けていますので普通の状態では特に割れや狂いは出ていません。

 

上記の写真はサンプル品ですが同じ材料を薪ストーブで燃やしてみました。

柱だけでは火が付きにくいので焚きつけ材と一緒にガンガン燃やしてみたら、衝撃の結果が出ました!

まずは20分燃やしてみた結果がこちら ↓

 

【桧の柱】

真っ黒に焦げていますがまだ原型はとどめています。

木は焦げることで炭化層ができ酸素が入りづらくなるものですから、すぐに芯までは火が届きづらくなります。 大きな木材は焦げたことも計算にした『燃えしろ設計』で部材の大きさを考えたりもします。

 

更に20分後(合計40分)がこちら↓

さすがに40分もすると周りはだいぶ燃えてきました。

でも何とか原型は保っていますね。 乾燥するので中心から放射状にひびが入り少しづつその割れ目から燃えて行きます。

因みに鉄骨は不燃材なので燃えはしませんが、耐火ではないので熱が加われば柔らかくなり強度は落ちます。500度の熱で強度は半分になると言われています。

ぐにゃ~と曲がった鉄を見る事ありありますよね。

 

さて、それでは次に集成材の柱を20分燃やしてみた状況です。

驚きの現実はこちら ↓

 

【集成の柱】

ジャジャジャジャーン!

なんとなんと! 4つに裂けています。

実際に燃やしたのは4層に接着された柱ですが、見事に裂けています。

考えてみれば当たり前のことですが、接着剤ですから熱が加われば溶けます。

溶ければ接着効果も無くなり裂け始めます。

裂ければそこに酸素が入り更に燃えやすくなります。

また、燃えた接薬剤のガスも発生します。

 

 もう一本の修正柱の方はこちら↓

もうこちらは殆ど原型をとどめていません!

つい20分前までは割れもひびもなかった柱です。

 

もう一度、上に戻って桧の柱を見て下さい  ↑ ↑ ↑

 

どうですか皆さん。

今回は小さな薪ストーブで燃やしただけですが、もし実際の火災にあったとき。

どちらが燃え広がるスピードが速いか。 一目瞭然ですね。

もちろん火災など起きない事が一番ですが、皆さんも万が一の事を考え必ず火災保険には加入しますよね。

もし、もう少し火の回りが遅かったら! と考えると・・・・

無垢の柱を使う事も大切な保険ですね。

2019年3月13日 Category :: 未分類

暖かくなってきたのでもう一度、断熱材のお勉強です!

こんにちは。 薄井工務店代表の薄井です。

骨に凍みるような厳しい寒さも和らいできて、今度は花粉が本格的な季節となってきました。

こうなってしまうと寒い冬の事は忘れ、花粉の辛さばかりを感じているのではないでしょうか?

『喉元過ぎれば熱さ忘れる』という諺がありますが、あれほど家の中が寒いと感じていたことをすっかり忘れていませんか?

でもまた年末には寒い冬がやって来るのですよ!

さてさて、暖かくなる春だからこそ、もう一度、断熱の種類とその重要性を再確認しましょう。

 

実は以外に新しい断熱材の歴史

今でこそ当たり前になっている断熱材ですが、実はその歴史は非常に浅く1979年に『住宅金融公庫』に『断熱』が初めて記載され、それから10年後の1989年に義務化になりました。エアコンやストーブが普及し、そこにオイルショックが重なることにより有限である資源を大切に使うため設けられました

 

断熱材の種類には大きく分けて繊維系と発砲系があります

  繊維系断熱材

  • グラスウール  ●ロックウール  ●セルローズファイバー
  • 炭化コルク   ●羊毛断熱材
  • 発泡系断熱材
  • ウレタンフォーム(フォームライト)  ●フェノールフォーム
  • ポリスチレンフォーム(スタイロフォーム)

 

断熱材の色んな使われ方

断熱材の特徴としては、繊維系の断熱材は加工がしやすく安価であるが、水分を吸いやすいというのが欠点である。

水を吸うと熱伝導が高まり断熱性能が著しく低下してしまいます。『日常で体感するには、熱いフライパンを乾いたタオルと濡れたタオルで持ち比べればすぐわかります』連続気泡体は気泡がつながっており、気体や液体は通り抜けることができます。

発砲系の断熱材でもスポンジのように水を吸う連続気泡体の断熱材とボード状になり変形をしない独立気泡体の断熱材があります。

連続気泡体は圧縮してもまた、元の形に復元します。現場発泡などのウレタンはこれにあたります。

独立気泡体は水に浮くため水具やサーフボードなどにも使われます。スタイロフォームなどはこれにあたります薄井工務店標準の断熱材はこれです↑(発砲系の独立気泡体)】

また、ボード状の断熱材では凍結防止の為に北海道では道路の下に埋められたり、土留めに土の代わりに断熱材を積んだりもします。 軽くて加工性がいいことから土木の現場でも多く使われています。

ちなみに東京ディズニーランドホテルの外階段の下にもスタイロフォームが多く使われています。

 

左が発砲系の独立気泡体の断熱材  右が繊維系の断熱材

(水に浮いています)        (水に沈んでいます)

さて、壁の中で結露するとどうなるでしょうか!

なるべくリスクは避けたいものですね!