2018年3月27日 Category :: 未分類

年輪

寒さも和らいできて、このところ春らしい陽気になってきましたね。

花も咲き、新しい芽が出、心も体も活動的になってきます。本当に気持ちが良くウキウキする季節ですね。

しいて言えば、花粉が辛いことくらいが憂鬱ですが・・・・

でも、杉も桧も私たちは大変お世話になっていますので、花粉が無くなったらそれこそ大変な事です。

家を造る資材がなくなり全く仕事になりません (~_~;)

特に県産材の杉、桧はうちの標準仕様ですから様様です。

もう一心同体! 花粉も喜んで受け入れるしかありませんね。

 

さて、これからの季節は木も成長する時期になってきます。

寒い冬は木もじっと成長を止め、寒さに耐えています。 春から夏、秋までは水を多く吸い始め成長する季節に入ります。

みなさん、木の年輪はどなたも見たことはあると思いますが、年輪そのものはどのように出来るかご存知ですか?

実は日本は、四季がはっきりとしてるが故、綺麗な年輪、木の目が出来るのですね。

特に私たちが住む栃木県は冬はとても寒く、夏は暑い地域です。 そのような地域こそ身の締まった年輪の綺麗な木が出来ます。

 

下の写真は、100年生の桧を伐採する時の様子です。

寒い地域はこのように上に真っすぐ伸びるスーとした質のいい木が育ちます。

(栃木のブランド桧・桧粋です)

このように真っすぐ伸びる強い木が育つのにはある程度の寒さと、四季がはっきりとした気候が必要です。

年輪の筋のような濃い所は、冬を表しています。薄茶の所は春と秋、白っぽい所は成長の多い夏になります。 このように一年一年、成長と停滞期を繰り返しながらゆっくりと木は育って行きます。

寒さの厳しい栃木の環境は強い木を育てるにはもってこいの地域なんですね (^^♪

従いまして、木の年輪を見てもらうと温かい地域で育った木は年輪の幅も広く、寒い地域で育った木は年輪の幅が狭く身の締まった強度のある木という事です。

また寒すぎても成長が遅く、木の構造に使うには時間がかかりすぎますし適度な気候が必要なんです。

逆に熱帯地方の木は年中夏ですので成長が止まる時が無く『年輪の無い木』というのもあります。

年輪が無いなんてなんだか変ですよね。

 

下の写真は(上の写真の木)実際に山で自分たちで伐採した木を家の大黒柱に使用しました。

立木の状態から伐採、製材を経て、乾燥し、工場に運ばれ、大工さんが加工して初めて家に使われます。

100年の命を頂戴して家に活用するわけですから、感謝しなければいけませんね。

posted by hisao at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年3月23日 Category :: 未分類

もくもく館、もうすぐ完成!

こんにちは!

もう年度末で慌ただしい日々となっております。

皆さんもお忙しくしていることと思います。

こんな時こそ、じっくりと腰を据えて物事に取り組んで行かなくてはならないのですが、なんだか気がソワソワしてますね~

実はその一つの要因として、現在 薄井工務店から歩って5~6分の所に 木と家具を展示する

『もくもく館』を改修中でして、もともとあった土木やさんの事務所を譲って戴き1階部分を使っているのですが、12畳ほどのイメージ空間と洗面室、トイレを作りました。

全て無垢材の 床・建具・カウンター家具です。

下の写真は高さ2.2メートルの赤松の千本格子3本引きです。

素材を引き立てるため全てクリアで着色塗装はしていません、2枚目の写真はクロークとカウンターですが、こちらは全て 桐材です。

カウンターも引出しも中も全て桐で、クロークは扉はもちろん、床、壁、天井から棚に至るまで桐で出来ています。

高級な代名詞の『桐たんす』がクロークそのものになります。

その他、洗面所には樹齢1000年のヒバの床材、トイレにはタモのカウンターが使われてます。

まだ、写真は工事中でイメージがわかりずらいですが、4月14日には完成オープンします。

イメージ空間の他に36畳のスペースを使って様々な木を展示します。

小さな小物用の板材から樹齢400年の4m以上の板材まで、普段あまりお目にかかれない材木を展示し皆様に自由にご覧いただく空間になります。

その他、無垢の木を使用した家具も展示しますので楽しみにされて下さい。

 

 

下はカタログ写真ですが、W1200の薄井工務店オリジナル洗面カウンターです。

ミラーと収納もセットされてこれで20万円以下でご提供できます。通常このサイズですと30万円は優に下らない価格です。

こちらも実は もくもく館に 設置致します。

 

また、家具は 『赤松、桐、ナラ、メープル、パイン、ウォールナット』のテーブルや椅子、ソファーやセンターテーブル。

ドレッサーやナイトテーブル、スツールなど木工家具製品も様々。

その他、小皿や時計など木製品の小物も展示致します。

木製品ではありませんが、健康にこだわる薄井工務店では、安眠できる最高級ベッドを大変お手頃な価格でご提供できるようになりました。

現在はシングルとセミダブルですが、厚さ42㎝の究極のコスパで天皇皇后両陛下も御就寝されたというベッドです。

実物はオープンには展示致します・・・・  が!

その前に、3月24日25日の両日にトップページでも掲載させております、雀宮地内での完成見学会にて家具やベッドも設置されております。

雀宮駅の東口ですので駅からでも見える場所です。

皆さん、是非お時間を見つけ見学されて下さい。

posted by hisao at 15:14 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年1月27日 Category :: 未分類

スマイルは天国から笑顔を届けることになりました。

 

 

 

いままで皆様より大変可愛がって戴きました薄井工務店の看板犬 スマイルくんは昨夜、天寿を全うし天国へと旅経ちました。

12歳と10ヶ月でした。

毎日休むことなく会社に通勤し、皆に癒しと笑顔を与えてくれました。

私たちも、つらい時、悲しい時、どんなに助けになったことでしょうか。

本当に感謝に堪えません。

皆様方にもいつも遊んで戴きスマイルもとても幸せな時間を過ごせたのではと思います。

ありがとうございます。

想い出を上げるときりがないのですが、いまは走馬灯のように頭の中を駆け回っています。

加齢と共に自然な体力の衰えはあったのですが、年末ごろから時折一人で歩くことが困難となり今年に入ってからは食事もとれずに寝込んでしまうことが何度かありました。

私と妻で夜中も交代で介護をしていたのですが、3日ほど前から容態が悪化し、昨夜0時10分に家族3人に看取られながら旅立ちました。

いまは苦しむこともなく、静かに寝ているようです。

こんな中、ちょうど私がインフルエンザにかかってしまい最後の3日間を殆ど看病できなかったのが心残りではありますが、妻と娘が腰痛になりながらも頑張って看病してくれました。

これからは、直接 皆様に笑顔を届けることはできませんが、今後とも薄井工務店の名キャラクターとしては生き続けますので今後とも宜しくお願い致します。

 

本当に長い間ありがとうございました!

 

暑い夏は扇風機が大好き!  気持ちよさそうでしょう。

 

 

 

どこにいるかわかりますか? チャンピオンになったときのドッグショーです!

見て下さい。この堂々たる立ち振る舞い!

 

 

食べたいけど~ よしが出るまで食べられない~

何分でも我慢強く待ってました。

 

 

去年の12歳のお誕生日。 あと2カ月で13歳だったのですか・・・

 

スマイル たくさんの想い出をありがとう!

 

posted by hisao at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年1月6日 Category :: 未分類

今年は戌年にふさわしい始まりです!

新年明けましておめでとうございます。

上の写真は会社近くでの初日の出です。

全国的に元旦は晴天でいい日の出が見られたようですね。

本年も宜しくお願い致します。

 

さて、今年もう6日になりもう初仕事になってる方も多いと思います。

薄井工務店では本日から初仕事になります。

長い間お休みをいただきましてありがとうございました <(_ _)>

 

大型連休ですので、故郷に戻ったり、ゆっくり自宅で休んだり、どこかへ出かけたりと、普段では出来ない事をこの連休中にしたいですよね。

 

私もしました、普段できない経験を!

今年は『戌年!』 

犬と言えば! うちには看板犬 スマイル部長がいます。

実はスマイル君も3月で13歳と、だいぶご高齢になられたのですが、残念ながらスマイル君には定年はございません。  毎日毎日 出勤しては営業をしていますが、この暮れにはボーナスがなかったせいかだいぶ落ち込んで体が弱ってしましました。

急遽、暮れの30日に車椅子を手配!

まだまだ、頑張ってもらわねば!

私の自宅はリビングと浴室が2階なので、高齢になったスマイルは2階に上がることが出来ず、一時期 私が2階まで毎日運んでいたら、暮れに『ギックリ腰』になってしまい、もう諦め(-“-)

困ったことは二つ。

 

一つは、粗相をしたとき洗うのにお湯が1階にない。

冷たい水でタオルや体を拭いていると、もう大変!

とはいえ2階からバケツで下までもってくるもの大変!

そこで! 考えたのが、実はこれ私も初めてやったのですが、外のボイラーから直接給湯の配管を作れば簡単にお湯が出せるんですね。 工事は1時間もあれば十分。

取り敢えず外でお湯を使いたい方、連絡下さい。 実証済です!

もうこれで外水道のホースからお湯が出て元旦の朝から車洗いも全く辛くありません。

 

二つめは、1階にスマイルを置いとく場所が無い。

そこで! 建物に接続して駐車場に4帖ほどのスマイル専用室を作りました。

作り方は至って簡単!

スタイロフォーム(弊社仕様の断熱材)の25㎜で囲っただけ。

そこにエアコンを付けたら何とも快適!

実はスタイロフォームって水を吸わない素材なので、オシッコを漏らしてしまっても、染みてくことないんですね。  これは助かる。

普通に人がすんでも快適です。 というか今の一般的な住宅より快適かもしれません (笑)

ちょっとしたアイデアで暮らしはだいぶ変わります。

家族の変化に住まいも対応していかねばですね。

 

スマイル共々、本年も宜しくお願い致します。  <(_ _)>

 

posted by hisao at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年12月15日 Category :: 未分類

とちぎテレビに出演しました。

こんにちは!

薄井工務店の薄井です。

私ごときではあるのですが、先日、とちぎテレビの

『トップに聞く~トチギのリーダー~

というニュース番組に出演してきました。

8分程度の短い番組なのですが、取組などを紹介戴きました。

事前に会社収録にきて、本番はスタジオでの生放送という事で、私もかなり緊張しております~(~_~;)

収録は何度か経験あるのですが、生は初めて!

時間の調整というのは難しいですね~

リハーサルでは4分超過!

急遽内容を詰めて『本番では短めにお願いしま~す』 

と私も台本調整にワラワラ

ディレクターさん曰く、いつもは最後にコマーシャルが入り多少の時間調整が出来るらしいのですが、

今日はコマーシャルが無く次の番組がいきなり入るらしく、オーバーすると最後の質問が無くなるとか

『ひえ~!!』

8分番組で4分調整は厳しい! 急遽控室にて調整 (>_<)

本番間近 もうドキドキです!

10秒前 ・ 3 ・2 ・ 1

わっ! 来た!

・・・・・・

 

終わってみればアッと言うまでしたが、1分余計に戴き、9分13秒にて終了しました。

最後の方は、時間が詰まってカウントの秒数を出された途端 次を忘れ飛んでしましました(~_~;)

全く未熟でございます。

それでも何とか無事終了!

ディレクターさん、アナウンサーさん、カメラマンさんに助けられました。

ありがとうございます。

やはり、プロは凄いですね~

■緊張してる ■目が泳いでる ■飛んだ ■訛ってる

など、ありがたいご意見も戴きましたが、宜しかったら見て下さい。

私なりに精一杯頑張りました。

 

【映像はこちら】  ↓

 

posted by hisao at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年12月2日 Category :: 未分類

お陰様で42期目を迎えました。

お陰様を持ちまして薄井工務店も、法人設立してから42期目を迎えることが出来ました。

創業としては71年なのですが、会社を興してからは丸41年を過ぎました。

ありがとうございます!

その内、私が代表として勤めさせて戴いてるのは、ほんの16年です。

先代、先々代と皆様にお仕事を戴きながらこうして長い間、会社を運営出来ているのは本当に有難いことです。

感謝しかありません!

家づくりは日々進化しておりますが、常に勉強させて戴きながら皆様の暮らしにお役に立てるよう今後とも頑張ってまいります!

何卒、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

 

【経営理念】

人にやさしい住まい、木づかいの家づくりを、地域と共に目指していく。

posted by hisao at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年9月23日 Category :: 未分類

周りの目線を気にしない生活。

暮らし方の希望を聞いてるとこんなことをよく耳にします。

 

お客様 『広いウッドデッキと少しは庭が欲しいです』

何故ですか?

お客様 『庭を眺めて、たまにはバーベキューしたり外でコーヒーを飲んだりしたいんです』

また、こんな話もよくあります。

お客様 『道路は出来れば南面で、大きな開口部が欲しいです』

何故ですか?

お客様 『その方が明るいし、日影にならないので』

そうですか~

 

など、家づくりの会話では普通に出てくることなのですが。

実は、イメージだけが先行して仮にそのような配置にしても、バーベキューをすることもないし、大きな開口部から庭を眺めていることも殆どありません。

 

何故なのか?

 

それは周りの目線が気になるからです。

何百坪もの敷地があり、お隣の家まで数十メートルというのであれば、どのような造りにしても周りの目線は気になりませんが、通常の敷地であれば50~60坪、広くても80坪くらいではないでしょうか。

 

一般的な分譲地ではお隣の家の窓まで数メートル、窓を開ければ話声は聞こえるし、道路面に広いバルコニーを設けても、お散歩の人の視線は感じるし、落ち着いてバーベキューもできません。

まして、明るく光を取り込もうとして大きな開口部を設けても、結局はカーテンを閉めてることが多く、光を取り込むどころか、庭を眺めることもできない (*_*;

 

実はこのようなお宅はたくさんあります。  実に勿体ない・・・・

ちょっと目線を変えていけば暮らしのイメージはだいぶ良くなります。

 

薄井工務店がお勧めする中庭のある家では、様々な暮らしの変化があります。

 

東西南北どこからでも光を取り入れられます

周りからの視線を気にすることなく、自由にバーベキューが出来ますし、コーヒーを好きな時に外で飲むこともできます

カーテンは閉めるどころか、カーテンそのものが必要ありません

外から見られることはないので、夜もライトアップされた植物をリビングから眺めながら生活です

 

常に庭を眺めながら開放的な空間でキッチンに立てます

外部には条件のいい所だけ景色を取り込めます

人の歩く視線は気になるが、お隣の緑は眺めていたい

 

ペットを自由にしておける。

中庭があれば、ワンちゃん、ネコちゃんも自由にしておけます。

交通事故の心配もないし、トイレの心配も無くなります。

小さいお子さんのストレスが溜まりません

常に外の環境に触れ、自然に接する時間が長くなります

少しぐらい騒いでも周りに音が漏れずらくなります

 

見てきて感じて下さい。

薄井工務店の中庭のある家。

posted by hisao at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) |