栃木県鹿沼市 プライバシーを守り家族仲良く暮らす2世帯の家

木づかいの家、薄井工務店の注文住宅。今回は、休日は子ども世帯と親世帯がそれぞれプライバシーを守れる2つのLDKを備えた、家族6人が仲良く暮らせる2世帯の家をご紹介します。

5 h020

開催予定のイベント&注目記事

6

平日は1階のダイニングで2世帯でお食事

将来的に共働きを想定した2世帯住宅です。お子さん達が大きくなってきたら、奥様も仕事に復帰することを考え、キッチンなどの配置を考え、2つのLDKをそろえました。
平日は1階の広々としたダイニングで、2世帯そろって夕食の時間のだんらんを楽しめるようになっています。
ご主人の帰りが遅い時や、休日は2階のダイニングでお食事できるよう2階にもダイニングキッチンを配置しています。
いずれ階段の昇り降りが大変になることを想定し、親世代の生活の場は1階に。お子さん達が学校から帰ってきたら、お祖父ちゃまとお祖母ちゃまが温かく出迎えてくれます。
また奥様が仕事に出るようになったら、夕食調理はお祖母ちゃまが担当されます。そのため平日は1階の広々ダイニングでお食事をとれるようにしました。

1

2世帯それぞれに確保した大容量の食品庫を採用しました

2世帯それぞれのキッチンに、大容量のパントリーを設置しています。普段よく使うお米やパスタ、缶詰などはもちろん、災害時の備えなども収納しておけます。
大容量収納が2軒分あるので、収納スペース不足も補えます。子ども達が食べ盛りを迎えても心強いですね。

3

収納の上と小屋裏空間を活用したワクワクする子ども部屋

収納スペースの上にあたる空間と、小屋裏にあたる空間を活用して、子ども部屋を工夫しました。ロフトのような、屋根裏の隠れ家のような楽しいお部屋です。

5

働き盛りで多忙なご主人のプライバシーを守る専用の書斎

働き盛りでとても忙しいご主人は、お家で仕事をすることも。そこでだんらんのにぎやかさから離れられる、専用の書斎を設けました。
プライバシーが保たれるので、ご主人も落ち着いて仕事をしたり、読書や趣味のギターを楽しんだりすることができます。自分だけのスペースは大切ですね。

  • 2

    2階が生活の場となる子ども世帯。

    子ども世代の生活空間は、2階です。まだ小さなお子様と手をつないで昇り降りできるように、階段の幅を広くとりました。
    いずれ子ども達が大きくなった時も、朝のあわただしい時間帯など、急いで昇り降りできます。家事動線の面からも便利です。

  • 4

    プライバシーを守れる大型バルコニー

    バルコニーは、プライバシーをしっかり守れるように、外からはのぞき込むことができないようになっています。
    洗濯物もたっぷり干せますし、子ども達がまだ小さいうちは落下の危険性などを考えても、しっかりとしたバルコニーは安心感があります。

今回は2世帯が将来のことを見据えて、仲良く、でもそれぞれのプライバシーをしっかり守れるお宅に仕上がりました。
施工主様は「各展示場を見学したが今ひとつ…、二世帯・予算・間取り・家族の意見をどう取り入れるか?など、分からないことばかり、そんな時、薄井工務店を知りました。」とお話してくださいました。

創業1946年(昭和21年)地域と共に歩む 木づかいの家 薄井工務店

私たちは宇都宮に拠点を置き、住宅を中心に、デザイン、施工を行うプロフェッショナルが集う企業です。創業より一貫して『人に優しい住まい・木づかいの家づくり』を理念に歩んでおります。

今、世界中で住まいの在り方が大きく変わろうとしています。帰りたい場所であるはずの家が、外に出られない事で逆にストレスの溜まる場所になってきています。特に日本は家族と共に過ごす時間が世界的にも少ない国です。これは住まいの環境を大切にしてこなかった日本の住宅事情が大きな原因ともされています。

住まいは、ただ寝に帰る場所ではありません。家族が集い、支え合い、楽しみ、寛ぎ、そして人生を共に歩んでゆく大切な空間です。その大切な空間は、安心であり、安全であり、快適であり続ける、本物の住まいでなくてはなりません。

これからは、確実に家で家族と過ごす時間、お仕事をする時間は増えてきます。人生で最も長くいる場所・それが住まいの空間です。私たちはその大切な住まいを、今までにない最高の空間として皆様にお届けすることを、お約束致します。

まずは私たちと夢を語り合い、見て触れて本物の家をお確かめください。それが、木づかいの家づくり 薄井工務店です。

代表取締役薄井 寿男

開催予定のイベント&注目記事

薄井工務店で理想のお家を
一緒に作りませんか?

家づくりに関するどんな悩みでもOK。
まずはお気軽にご相談ください!