おかげさまで創業72周年

栃木県宇都宮市の注文住宅・新築・建替え・リフォームなら木づかいNo.1の薄井工務店

  • お問合せ
  • お問合せ・ご相談
  • トップページへ戻る

新築・注文住宅施工例

家族みんなの動線を考えた暮らし快適の木の家

木づかいの家、薄井工務店の注文住宅。今回は家族が無駄なく動ける動線を考えた設計と、ところどころに散りばめられた和のテイストが光る快適なお宅をご紹介します。

IMGP5396 h058
リビング別角度

食事して、ゴロンと横になれる畳リビング

日本人の生活習慣もずいぶん変化して、食事はダイニングテーブルで、というご家庭が非常に増えています。それでも、ごろりと横になれる温泉旅館のような畳空間にはやっぱり憧れますよね。
このお宅では、畳リビングという形でその夢をかなえました。食卓の下は掘りごたつになっているので、椅子の生活に慣れている方でもラクラクお食事ができます。ワンポイントになっているダークな色の壁には、飾り棚もつけられて、和風の照明にもこだわりました。

IMGP5369

機能的に使える造作カウンター収納

キッチンは壁・窓側に向いているタイプですが、造作家具のカウンターがペニンシュラキッチンのように設置されています。階段下のデッドスペースまでしっかり棚が造り付けられているので、無駄な空間がなく使いやすい構造になっています。ペニンシュラキッチン風カウンター収納の向こう側には、洋風のダイニングテーブルセットがあり、忙しい朝などは家族にささっと朝食が出せるように工夫されています。

IMGP5362

L字型で流れるような動線のリビングダイニング

和風のリビングとダイニングは、窓をたっぷり切り取ったL字型の構造です。キッチンから 流れるような動線が確保されているので、家事のしやすさは抜群です。料理を出す時、食器 を片付ける時など、無駄な動きをしっかり省いて家族団らんの時間を少しでも多くとること ができる、そんな動線を考えた設計です。

?主寝室

畳に布団を敷いて寝たい?そんな願いを叶えた小上がり畳スペースのある寝室

将来的なことを考えたらベッドの方が楽だけれど、畳に布団を敷いて寝る方がずっと睡眠の 質が良くなる。そんな方のために考えられたのが、小上がりの畳スペースを造作した寝室です。一般的にはフローリングの床にベッドを置く場所に小上がりを設置し、琉球畳を敷き詰めました。朱色の壁と落ち着いた色の木の格子、壁をソフトな色合いに染める照明が、やはり高級温泉旅館のお部屋のようなリラクゼーションを与えてくれるデザインです。

IMGP5396

2階へ、キッチンへ、リビングへ3方動線で暮らし快適

玄関を開けると、そこにはキッチンへとつながる扉、デッドスペースを作らないスケルトン 階段、リビングへとつながるドアがそろっています。買い物から帰った奥様はすぐにキッチ ンへ向かってパントリーや冷蔵庫に収納を、くつろぎたい家族はリビングへ、用事があるな ら二階へとすぐに移動できる3方向の動線で、家族の「ムダな時間」をカットしてくれま す。

今回は家族みんなが無駄の無い動線で生活できる、「時間をショートカットして、団らんや自分の時間を有効に使える」お宅に仕上がりました。和の生活も大切にしたいという希望もしっかり活かされて、リビングや寝室はゆったりくつろげる畳スペースが設置されています。

薄井工務店で理想のお家を
一緒に作りませんか?

家づくりに関するどんな悩みでもOK。
まずはお気軽にご相談ください!

木づかいの家

創業1946年、地元密着で千年企業をめざす
木づかいの家 薄井工務店です。

  • 『素敵なデザイン』
  • 『快適で暖かい住まい』
  • 『家族の健康』
  • 『自分らしい暮らし』
  • 『資金の計画』
  • 『耐震のこと』
  • 『アフターメンテナンスのこと』 など…

薄井工務店は宇都宮に拠点を置き住宅を中心に、デザイン・施工を行うプロフェッショナルが集う企業です。お住まいをご計画の皆様は楽しみなこと・不安なこと・たくさんあると思います。私たちは常に仕事に自信と誇りを持って取り組んでいます。ご家族の健康と財産をお預かりするうえで十分な話し合いをし、一邸一邸魂を込めて造るよう心がけています。それは、共に『家づくり』を分かち合うパートナーとしては当然のことです。まずは、実際にお会いして夢を語りあいませんか?そして、明るく楽しい暮らしのある『マイホーム』を実現してみませんか。

代表取締役薄井 寿男