おかげさまで創業72周年

栃木県宇都宮市の注文住宅・新築・建替え・リフォームなら木づかいNo.1の薄井工務店

  • お問合せ
  • お問合せ・ご相談
  • トップページへ戻る

新築・注文住宅施工例

男の隠れ家!憧れの書斎がある家

木づかいの家、薄井工務店の注文住宅。今回は屋根裏スペースと書斎を備えた、家族の憧れをかなえるお宅をご紹介します。

IMGP2643 h075
No.75の写真①アーチの説明

玄関にはアーチを設けてお客様をお迎え

単調になってしまいがちな玄関から奥へと続く廊下には、天井に白壁のアーチを設けました。暗くなりやすい玄関前の廊下も、白いアーチのおかげで華やかなイメージがプラスされます。また入ってすぐに目に入る白い壁には木の板をアレンジし、白いアーチ天井とともにお客様の目線が家の奥ではなく、玄関先でとまるように工夫されています。

  • IMGP2642

    書斎スペース

    このお宅の自慢のひとつ、ご主人の書斎スペース。ダークな色合いの書棚とデスク、天井がシックなイメージの大人の空間に仕上がっています。小ぶりな窓から差し込む光とこだわりの照明が、隠れ家の雰囲気をいっそう強く感じさせてくれます。

  • _IGP7309

    3帖という絶妙な広さがポイント

    3帖という広さが意外と落ち着く男の城。広すぎず、狭すぎず、床材もワイルドな色合いにそろえられています。部屋のすべてに目が届くこぢんまりとした空間だから、「自分の城」という満足感を得られるのではないでしょうか。家族の集うリビングとも、子どもたちとワクワクしたい屋根裏とも全く違った、「男だけの世界」がここにあります。

IMGP2660

リビング脇の畳スペースはほっとする空間

明るいフローリングと白い壁、すっきりとした梁が爽やかなリビングの脇には、畳のスペースも備えられています。戸を閉めると個室にもなり、お客様もお通しできます。普段は開けっぱなしにしておけば、リビングの続きの感覚でゴロリと横になれるくつろぎ空間として使用できます。

  • IMGP2658

    キッチンには爽やかなブルーの壁紙

    ホワイトの壁紙と木づかいがぬくもりを与えてくれるリビング&和室スペースとは対照的に、その奥に見えるキッチンの壁はちょっぴりレトロなイメージのあるブルーの壁紙を使用しました。差し色として爽やかさをプラスし、人気のカリフォルニアスタイルを彷彿とさせてくれます。まるでカフェスペースのようなおしゃれなペニンシュラキッチンは、毎日台所に立つことが楽しみになりそうですね。

  • _IGP7321

    造作ダイニング収納

    キッチンカウンターのダイニング側は、造作家具の収納になっています。造り付けだからキッチンカウンターの幅と高さにぴったりフィットさせられますし、使い勝手も最高です。またお部屋のイメージにもしっくり馴染む点も嬉しいですね。市販の家具と違い、地震などの際にもそのままひっくり返る不安がないことも安心ポイントです。

IMGP2630

お子様が大好き屋根裏部屋

ご主人に隠れ家のような素敵な書斎があるこのお宅。お子様たちにもワクワクの秘密基地スペースが用意されています。屋根の勾配がそのまま生かされた屋根裏部屋は、落下を防ぐ手すりもしっかり設置されています。お星さまの照明に合わせて、壁紙も月や星柄が入ったものが選ばれています。

IMGP2634

屋根裏スペースへ上がる階段

2階にあがると、屋根裏スペースに上がるための階段が現れます。1階と2階を結ぶ階段とはまた違い、木製の手すりが可愛い階段です、階段下には収納も設けられており、白い壁と扉のカラーリングのコントラストも絵本の世界のようでとってもキュートな仕上がりになっています。

今回はダンディな書斎とハイジの世界のような屋根裏部屋を持つ、家族の夢がいっぱいつまったお宅に仕上がりました。こんな素敵な空間がたっぷりあるお家なら、お子様たちも想像力豊かに育ちそうですね。

薄井工務店で理想のお家を
一緒に作りませんか?

家づくりに関するどんな悩みでもOK。
まずはお気軽にご相談ください!

木づかいの家

創業1946年、地元密着で千年企業をめざす
木づかいの家 薄井工務店です。

  • 『素敵なデザイン』
  • 『快適で暖かい住まい』
  • 『家族の健康』
  • 『自分らしい暮らし』
  • 『資金の計画』
  • 『耐震のこと』
  • 『アフターメンテナンスのこと』 など…

薄井工務店は宇都宮に拠点を置き住宅を中心に、デザイン・施工を行うプロフェッショナルが集う企業です。お住まいをご計画の皆様は楽しみなこと・不安なこと・たくさんあると思います。私たちは常に仕事に自信と誇りを持って取り組んでいます。ご家族の健康と財産をお預かりするうえで十分な話し合いをし、一邸一邸魂を込めて造るよう心がけています。それは、共に『家づくり』を分かち合うパートナーとしては当然のことです。まずは、実際にお会いして夢を語りあいませんか?そして、明るく楽しい暮らしのある『マイホーム』を実現してみませんか。

代表取締役薄井 寿男