おかげさまで創業72周年

栃木県宇都宮市の注文住宅・新築・建替え・リフォームなら木づかいNo.1の薄井工務店

  • お問合せ
  • お問合せ・ご相談
  • トップページへ戻る

新築・注文住宅施工例

天井高5mの明るいリビングがある家

木づかいの家、薄井工務店の注文住宅。今回は、5mの高い天井と、たっぷりの窓からリビングに光が満ちる、子どもをキッチンで出迎えられるお宅です。

IMGP8400-(1) h072
IMGP8400-(1)

天井高5mで、光がたっぷり入るリビングです

リビングに足を踏み入れると、そこは光あふれる空間――なんと、リビングの天井高は5mなのです。さらに、壁面いっぱいに切り取られた窓と、高い位置にしつらえられた窓からさんさんと外光が室内に差し込みます。
 太陽光を浴びながら、思い切り伸びができるリビングなら、毎日すがすがしい朝をスタートさせられそうですね。

IMGP8416

幅いっぱいの造作のTVカウンターが、リビングをより引き立たせます

高い天井が自慢の明るいリビングには、壁の幅いっぱいに造作家具のテレビカウンターが設置されています。造作家具だからこそできる、ムダの無い家具づかいは、リビングの広々としたイメージをいっそう引き立たせてくれます。
 ともすればゴチャゴチャになりやすいリビングの収納ですが、壁のはばピッタリだからスッキリ見せることができますね。

IMGP8428

食事の用意をしながら、子供たちの帰りを出迎えられるリビング階段

リビングの一角には階段が続いています。「ただいま!」と帰ってきた子どもたちを、キッチンで食事の用意をしながら出迎えることができます。キッチン前にはダイニングテーブルがあるから、そこでおやつを食べたり、宿題をする子どもたちと今日あったことの話も弾みそうですね。
このお宅で採用したのはI型キッチンです。I型キッチンとは一般的な対面式システムキッチンのこと。キッチン前にはカウンターを兼ねた腰壁があるため、奥様が気になるシンク周りの生活感も外からは見えませんし、水はねなども防ぎます。コンロ前には透明な壁を設置し、油はねを防ぎつつ料理中も子どもたちを見守ることができますよ。

I型キッチン

一般的な住宅で1番使われているキッチンです。

キッチンの前にカウンター(腰壁)があるので、シンクの水はねやキッチン特有の生活感を

隠すことができます。また、コンロ前に壁があるので、油はねも防ぐことができます。

IMGP8439

ディスクカウンターで2階寝室が書斎空間になる

2階の寝室にはディスクカウンターが設置されています。ちょっとしたアイテムをプラスするだけで、寝室が夫婦二人の書斎に変わります。旅行雑誌で家族の旅に思いをはせるもよし、お互いにおすすめの本を選び、読みあう時間も素敵ですね。
 空間をムダにしない造りで、ノートパソコンやタブレットを使うちょっとした仕事や、スマートフォンの充電もできます。ちょうどよい高さの棚も嬉しいですね。

和室

小上がりの和室の下は、収納を設けました

リビングにある小上がりには、六畳の和室。お客様に和のおもてなしをするもよし、実家のご両親が宿泊するためのお部屋としても活躍しそうですね。
 もちろん、畳のうえでゴロリと横になって、家族でリラックスタイムを楽しむこともできます。
 さらに小上がりの下には引き出し収納が設置されているので、かさばるリネンやオフシーズンの衣類・備蓄食料など、さまざまなものを収納しておけます。

エントランス

玄関廻りもお洒落に演出

スッキリと見せたい玄関まわりには、ちょっとした段差をつけることで角度がつき、お洒落な空間を演出できます。コーナーに飾り棚を設けて、花を生けたり、照明を置いたり、いつもお客様を温かくお迎えします。

今回は5mもの天井高を生かし、窓を大きくとったくつろぎの空間が広がるお宅に仕上がりました。子どもたちとの会話も弾むキッチン&ダイニングとリビングには、家族でのんびりできる和室もありますよ。

薄井工務店で理想のお家を
一緒に作りませんか?

家づくりに関するどんな悩みでもOK。
まずはお気軽にご相談ください!

木づかいの家

創業1946年、地元密着で千年企業をめざす
木づかいの家 薄井工務店です。

  • 『素敵なデザイン』
  • 『快適で暖かい住まい』
  • 『家族の健康』
  • 『自分らしい暮らし』
  • 『資金の計画』
  • 『耐震のこと』
  • 『アフターメンテナンスのこと』 など…

薄井工務店は宇都宮に拠点を置き住宅を中心に、デザイン・施工を行うプロフェッショナルが集う企業です。お住まいをご計画の皆様は楽しみなこと・不安なこと・たくさんあると思います。私たちは常に仕事に自信と誇りを持って取り組んでいます。ご家族の健康と財産をお預かりするうえで十分な話し合いをし、一邸一邸魂を込めて造るよう心がけています。それは、共に『家づくり』を分かち合うパートナーとしては当然のことです。まずは、実際にお会いして夢を語りあいませんか?そして、明るく楽しい暮らしのある『マイホーム』を実現してみませんか。

代表取締役薄井 寿男