Tagゼロエネ

Post date:2019.02.19

大掛かりな全館空調システムって必要?

山縣です、

 

これから新築を考える時に快適な家にしたいなとの思いが非常に強いと思います。

CMでよく宣伝されている全館空調システムは最たる例でしょうか。

もちろん薄井工務店でも導入した実績があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

設置場所は天井や床下、小屋裏と様々なタイプの機械があります。

住宅用の壁掛けエアコンに比べて普及していない機械でもあります。

機械なのでメンテナンスや修理、取替えをできるように計画をしておく事が必要ですね。

これは購入される方がよく検討しておかなければならない事です。

 

 

一昔前の暖房と言えば石油ストーブとコタツが一般的なモノでしたね

私の実家では今でも同じで、更にエアコンで追加暖房するようになってました。

光熱費だけで恐らく3万円は超えているのではないですかね。

 

住宅のプロとしては何とかしてあげたい気持ちですが先立つものが不足しています。

断熱改修をやろうとしたら500~1000万円はかかる工事なので今少し辛抱してね。。

 

 

話しが逸れてしまいましたが、今どきの住宅事情は大きく変化してきています。

エアコンだけで家全体を暖めることができる作りになってきています。

いわゆる、高気密高断熱住宅やZEH(ゼッチ)住宅が建てられて来ています。

 

断熱性能を表す数値をUA値(外皮平均熱貫流率)と言いますが

この数値が小さいほど熱の移動が小さくなります。

つまり、少ない光熱費で暖かさを持続させることができるんですね。

 

日本では、家を建てる時の断熱性能に決まりはありません。

ですので、各住宅会社の好きなように建てることができるんですね。

断熱に凄くこだわる会社もあればそうではない会社もあるという事です。

これは守るべき法律がないので仕方ありません。

 

宇都宮市は夏暑くて、冬寒い。冬も昼と夜の寒暖差の激しい地域ですね。

冬の昼間は10度以上あっても、夜の最低気温はー7度近くになります。

これは東北地方と比べても同程度の寒さなんです。ホント寒い!

実家に住んでいる時は石油ストーブと電気毛布が欠かせませんでした。

 

 

私の家は薄井工務店で新築して2年経ちました。

冬は1階のエアコンを24時間営業で23度以上をキープするように設定しています。

帰宅すると非常に暖かく、家のどこにいても温度が変わらない【温度バリアフリー】になっています。

床暖房すらいらず、床の上に置き畳を置いてくつろいでいます。

 

気になる光熱費はエアコンだけで月4000円程。

これを聞いて安いか高いか分かりませんが、我が家が常に暖かい費用としては満足しています。

 

こういう家に住んでいると大掛かりな冷暖房システムは不要だなとつくづく思います。

大型の機械が壊れて買い替える費用を蓄える必要もなければ、

メンテナンスで毎年業者を呼ぶ必要もありません。

 

 

最後に売り文句のようになってしまいますが、高気密高断熱住宅を建て続けている薄井工務店

栃木県で暖かく、木の雰囲気が好きな方はぜひ一度資料請求やイベントにご参加ください(^^)/

LINEで送る
Pocket

Post date:2016.06.24

まだ夢のマイホームで消耗してるの?

 

栃木県宇都宮市の薄井工務店でお笑い担当!もとい、

設計・積算・アフターメンテナンスを担当している山縣です。

 

今から自宅を建てようと思っている方には刺激的な表題ですが、

私が最近よく感じることです。

世の中には様々な住宅会社があり、それぞれに特色を持って

営業されています。ハウスメーカーならブランド力や安心感を持って

最近ではスマートハウスやZEH住宅など、商品バリエーションを豊富に展開しています。

ビルダーや工務店は価格帯や技術力、自然素材、つながりなどを重視した展開をしています。

 

shutterstock_221719666

 

まだ夢のマイホームで消耗してるの?

このお題には家を選ぼうとしている方には深い意味が隠れています…

マイホームで消耗するとは何なのか。

逆に、消耗しない方法などあるのか?

みなさんは何だと予想できますかね。

 

(さらに…)

LINEで送る
Pocket

Post date:2016.04.06

28年度のZEH(ゼロエネルギーハウス)補助金が発表されました!薄井工務店でも標準化を進めてます。

薄井工務店のお笑い担当・・もとい。設計・積算担当をしております山縣です。

 

これまで長期優良に関してご紹介させていただいておりましたが

今回は先に送ってネットゼロエネルギーハウスに関するご紹介をさせていただきます!

 

ついに平成28年度のZEH(ゼロエネルギーハウス)補助金の詳細が発表されましたね!

補助金額は一戸あたり定額125万円!となったようです。

昨年は130万円でしたから、わずかに減った感じですが、

毎年続いてる補助金としては多い金額で一安心です!!

 

定置型蓄電池の補助金も組み込まれるタイプになり

補助額が1kw当たり5万円

上限は補助対象経費の1/3または50万円のいずれかの低い額

詳しくはこちら

https://sii.or.jp/zeh28/

だそうです。

 

ZEH(ゼロエネルギーハウス)住宅の仕様がある程度固まってきたのでしょうね!

太陽光発電+創蓄連携システムは2020年に向けて標準化が進んで行きそうです。

 

img_visual01

薄井工務店ではパナソニック製品を標準化する予定です。HEMSと連携して

お家の電気を自動でコントロールしてくれるので、太陽光発電を検討されている方は

おすすめです!詳しくはこちら

http://sumai.panasonic.jp/chikuden/sochiku/about.html

 

薄井工務店でも来たるZEH(ゼロエネルギーハウス)標準化に向けて商品作り・仕様作りを行っています。

外断熱+樹脂サッシや内断熱+アルミ樹脂複合サッシによるさまざまな住宅を

長年ご提供させていただいております。

おかげさまで創業70周年を迎えるこの年にこれまで以上の木づかい・心づかいを

込めた住宅をご提供できるよう準備中です。

こうご期待です!!

 

長期優良住宅の丈夫さはもちろん残しながら、ZEH住宅を作るにはどうして行くのか

なぜそんなにお金をかけてまでZEHをする意味があるのかそんな視点で

私の偏見でまとめてみます。

 

images

そもそもZEH(ゼロエネルギーハウス)の目的は何なのか!?

要は住宅で使われているエネルギー(色々ありますが)を自然エネルギーを使ってゼロに

しましょう!という事です。

そう!簡単に言ってしまうと光熱費がゼロになるんです。

いいですね。光熱費ゼロ。

うちなんてアパートに住んでて月平均の光熱費は1万2000円を超えてます。

年間通すと約15万にもなりますね。

10年後には家族も増えて、エネルギー単価も上がるだろうから200万以上行くのかな。。

そう考えると年間のエネルギー収支をゼロにしてくれる住宅とかありがたい限りですね!

 

10年後に設備のメンテナンスを考えると一般仕様からZEH仕様にして200万以下での

アップなら導入しやすい。

 

導入に関して一番に考えないといけないのは、人が住む家なので

夏にはエアコン。冬には暖房をつけますね。快適な温度は21度前後と言われてます。

断熱・気密性能の低い家の場合、ガンガンエネルギーを使って温度調整をしないと

熱いし、寒いわけです。

そうすると光熱費がチャリンチャリン音がするようにかさんでしまうんですね。。

だからエネルギーを使わないように断熱材や気密工事にお金をかけて、少

ないエネルギーに快適に過ごしましょう!という国からの指令があるんですね。

大手住宅メーカー各社も補助金もらえますよ!というアピールをして売り込んでますね。

 

でもどうしたら補助金をもらえるのかよくわからないですよね。

太陽光発電とか蓄電池入れればもらえるのかな?

とりあえず高い材料にするともらえるのかな?? 僕も初めはよくわからなかったです。

 

調べてみると補助金を受けるための規定がいろいろあるんですね。いろいろ。

断熱がどうだとか、高効率設備とか、節湯水栓がなんだとか。

 

pic03

 

内容は複雑ですが、

要は平成25年省エネ基準という指標から、エネルギーを使う量を20%以上削減できるように計算して

太陽光発電で作ったエネルギーを、使うエネルギー分賄えればゼロエネ達成したね!

ということみたいです。

計算式に必要な内容を入れると下記のようなグラフができます。

 

ZEH

なるほど。こういうラベルがあると分かりやすい。

住宅は夢だけではなく、性能も求める時代になったんですね。

薄井工務店でも建物の性能表示をできるようにしていきますよ!!

夢も性能もご提案できる経験も知識も技術も兼ね備えた住宅屋として

今後も頑張って行こうと思うお笑い担当の山縣でした。

 

薄井工務店規格のデザインコンセプトハウスwithZEHパッケージを

企画しておりますので完成した際にはぜひ

見て・触れて・体感していただければと思います。

こちらもこうご期待!!

 

地元宇都宮市の地場工務店ならではの木づかい・心づかいを感じていただけたでしょうか。

住宅建築のプロとして高寿命・高性能・低価格なご提案。

注文住宅として住まい手の暮らしに合うジャストフィット設計。

不安や不便のない暮らしを支える迅速な対応。

 

LINEで送る
Pocket