Staff:

Post date:2022.07.14

工事の安全のために

皆様、こんにちは。

薄井工務店の小山です。

今回は私が入社してから経験しました地鎮祭という儀式についてお話させていただきます。

まず地鎮祭とは何なのかを簡単に説明しますと、工事を始める前に土地の神様に安全を願う

儀式のことだそうです。

                            地鎮祭 イラスト に対する画像結果

地鎮祭準備

最初に地鎮祭の準備についてご説明します。

まず神主さんに竹を渡され、祭壇の周りの4か所に立てます。

そしてその竹に注連縄をつけ、その縄に紙垂を4方向に4つつけます。

ちなみに紙垂とは稲妻のような白い紙のことです。正月の鏡餅についているものが分かりやすいですかね。

そうして囲まれた場所を祭場として準備完了です。

それ以外の準備は神主さんに行っていただきます。

入社して初めて準備した時は、神聖な儀式ということもあり複雑ではない準備であっても

一つ一つの動作が慎重になるほど緊張しました。

ソース画像を表示

地鎮祭

実際に地鎮祭が始まると神主さんからお客さんへのお話から開始します。

ここで一般的な地鎮祭の流れを説明します。

①開会の儀式

②お祓い  (参列者やお供えものを祓い清める儀式)

③お供え物を神様に食していただく儀式

④祝詞奏上  (その土地の神様に建物を建てますと告げて、工事の安全を祈る儀式)

⑤現場を祓い清め、地鎮の儀

⑥玉串を祭壇に (神様が宿るという榊を祭壇に置き、二礼二拍手一礼)

      

⑦お供え物を下げて地鎮祭の閉式

一般的な地鎮祭の流れをざっくりとご説明しましたが、私には難しい内容ばかりでした。それでも最近では少なくなってきているということもあるそうで、貴重な体験をさせていただいて勉強になります。                 

皆さんも地鎮祭を体験できる機会があれば、ぜひ経験してみることをおすすめしますよ。

それでは今回の地鎮祭はお話はここまでとさせていただきます。これからも経験したことのない行事があれば、皆さんにお話しできればと思います。

最後に、暑さに気を付けて楽しい夏を過ごしてくださいね。

以上4か月目の新入社員の話でした。

Category:
薄井工務店の家づくりブログ
Tags:
LINEで送る
Pocket

薄井工務店で理想のお家を
一緒に作りませんか?

家づくりに関するどんな悩みでもOK。
まずはお気軽にご相談ください!