loader

Shimotogami Garden Place

PAGE TOP

Pic Up Photo's

スタッフ一押しのモデルガーデン必見ポイント! 現在はまだ冬季の写真のみですが、
季節の移り変わりとともに変化を遂げるガーデンの様子をアップしたいと思います。

About OurGarden

藤棚やバラ園、 噴水、 ビオトープ、 農園、 バーベキュー。 ミニアスレチックにドッグラン。「下砥上ガーデンプレイス」 には、"庭でやってみたいこと" がすべて詰まっています。

代表取締役 薄井寿男

絵には額が必要なように、料理に食器があるように。

薄井工務店は、元々住宅をつくる会社。数年前までは、ほとんどの会社と同じように「建物ができる頃に庭を考え始める」ことが多かったのです。でも、それでは、「バーベキューを楽しむはずが、周りの視線が気になって…」など、望んでいた庭ではなく、住宅の隙間を埋めるだけの庭になってしまう。そう気付いて、私たちは考え方を変えました。

「こんな家に住みたい」と願うとき、そのイメージには庭や木々も大切な要素。外からどう見えるのか、中からどうやって楽しむか。家にとっての庭は、「絵にとっての額」であり、「料理にとっての皿」。セットだからこそ映える、なくてはならないもの。例えば、外壁の色に合わせて、黄色に紅葉する木を植えておけば、秋には素晴らしい景色となります。そんな、建物と庭とのマッチングをイメージできる空間としてつくったのが、今回のモデルガーデン。ぜひ、ここで理想のイメージを膨らませてください。

Garden Produce

空間デザイナー 星ひで樹

星ひで樹

プロフィール

(株) HMG Planning Office 代表取締役。日本ガーデンデザイナーズ協会 理事、GARDEN21会長。東京工科大・日本工学院土木建築学科 造園植物学ガーデンデザインコース非常勤講師、雑誌等連載コラム多数、また一般向けセミナーなど幅広く活躍。

Message

一般的には、住宅会社とガーデニング会社は別々で、その間の申し送りも不十分なことが多いのです。薄井工務店さんは、その問題にいち早く気づいていたんですね。家に調和した、素敵な庭ができる工務店を目指して、薄井工務店の設計士さんやインテリアコーディネーターさんと定期的に勉強会をさせてもらっています。「下砥上ガーデンプレイス」の全体のデーマは「水と光」。すべてのエリアに水を配置し、その水音までも計算。静から動へ、また静へ、という動線の流れをつくり出しています。
ここを見てもらえれば、「ここなら夢が叶う」とわかってもらえるはず。ぜひ、このガーデンを感じてください。