SDGsへの取り組み

SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。(外務省 JAPAN SDGs Action Platformのページより引用)

薄井工務店 SDGs宣言

SDGs TOCHIGI

人と環境に優しい住まい
木づかいの家づくりを、地域と共に目指していく

私たち薄井工務店では、1946年の創業以来、一貫して木造住宅を手掛けており、現在は全ての構造材及び下地合板を県産材の桧、杉を活用し、co2削減に向けたカーボンオフセットを心掛けております。更に、室内も脱塩ビ製品を使用し木材の端材はストーブ等の暖房燃料及び木育普及のため、教育機関へ提供したく存じます。

全社員、役員が一丸となり2030年の指針に向け取り組んでまいります。

01地域材を活用した家づくり

地域材使用率
(2020年75%⇒2030年90%)

地域材を活用した家づくり
02障害者雇用の促進

障害者雇用率
(2020年5%⇒2030年15%)

障害者雇用の促進
03住宅のエネルギー消費削減

高断熱高機能による1次エネルギー削減率
(2020年⇒2030年-20%)

住宅のエネルギー消費削減

開催予定のイベント&注目記事

薄井工務店で理想のお家を
一緒に作りませんか?

家づくりに関するどんな悩みでもOK。
まずはお気軽にご相談ください!

資料請求