おかげさまで創業72周年

栃木県宇都宮市の注文住宅・新築・建替え・リフォームなら木づかいNo.1の薄井工務店

  • お問合せ
  • お問合せ・ご相談
  • トップページへ戻る

笑顔あふれる親子3世代の暮らし

子どもたちの成長とともに暮らしのリズムが変わっても この家なら、きっと…絶対、大丈夫。

  • 1

    新築時に作った大きな1枚板のテーブルに、毎日家族が集います。

  • 2

    ロフトのある子供部屋は2人のお嬢さまたちの夢の城。

  • 3

    子供部屋の真下にある広い収納(スキップフロア)がとっても便利。

  • 4

    パパの念願だった幅が広い階段。小さなお子様と並んで歩けます。手すりの位置にもこだわりました。

  • 5

    こちらは「パパのお城」書斎、お気に入りの本や小物がぎっしり。

  • 6

    関脇のシューズクロークは「あってよかった」収納のひとつ。

  • 7

    レンガを使った外構も家族みんなのお気に入りポイント。

ピンポーンという玄関チャイムに「はーい」とインターフォンで応えくれたのは、4歳になりすっかりお姉さんらしくなった上のお嬢さん。新築時にはまだ赤ちゃんだった下のお嬢さんは2歳。ママと手をつないで階段も自分の足で上れます。2人のお嬢さんのお気に入りの場所は、もちろん『夢のお城』の子供部屋。部屋のまん中にはオシャレなお嬢さんのための小さなドレッサーが置かれていました。広々とした収納部屋と一対になったこの子供部屋は「大正解でした」とママも大絶賛。独立した子供部屋を設けたことで子供とパパだけで過ごす時間が増え、ママのプライベートタイムが充実したそうです。「子育ての緊張から解放されるほんの少しの時間が貴重」…その気持ち、よく分かります。  一方、パパのプライベートタイムは…何も言わなくても、書斎の様子を見ただけで、その充実ぶりがうかがえます。「書斎は自分の部屋、毎日ここで過ごす時間が楽しみなんです」とご満悦のパパ。高さが自由に変えられる棚を上手く活用して、小物をすっきりと収納していらっしゃいます。  そして家族みんなのお気に入りは、リビングに合わせて作った大きな一枚板のテーブル。食事はいつもこのダイニングセットで、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に摂っているそうです。  「2階のキッチンはほとんど使っていないんですよ。将来、子供たちが成長して生活の時間帯が変わった時には、2階のキッチンも活躍すると思います。この家の機能すべてを使うようになるのは、まだまだ先ですね」と笑うママ。その目はすでに未来へと向いています。  

2世代それぞれの生活時間帯やライフスタイルを考慮しながらも、『家族』として触れ合うことができる住まい。  「薄井さんにお任せして良かった」とH様はありがたい言葉をおっしゃいますが、理想を形にしたのは、家族みんながそれぞれを大切に思う気持ち以外の何物でもありません。  おじいちゃん、おばあちゃん、パパとママ、みんなに見守られながら成長する2人のお嬢さん。10年後…20年後、将来が楽しみですね。

【 お住まい探訪一覧へ戻る 】