薄井寿男のひとりごと

木造住宅

2019年8月27日 Category :: 注文住宅 木づかいの家

栃木県初の大型パネル工法

こんにちは!

宇都宮で新築・リフォーム・ガーデンを設計施工してます薄井工務店代表の薄井です。

暑い夏も少し和らいできましたね。

まだ、30度はありますから暑いと言えば暑いのですが、もう35度以上の酷暑からすると少しは涼しく感じますね。

本当に夏場の職人さんは大変です ι(´Д`υ)アツィー

今年はうちの大工さん方にも空調服を支給しました。 少しは体も楽になるようです。

体調を崩しては大変ですからね。

さてさて、それにしても我々建築業というのは多種多様な業種、職人さんが携わらないと、一軒の家は完成しないのですよね。

特に木造住宅(木造軸組工法)ともなると、大工さんの役割は大きく建て方から最終の造作迄、工程の8割程度は現場で施工しています。 その為、一軒の家が始まると次の現場までには3カ月はかかってしまうのです。

そんな住宅業界ですが、実は困った事に、将来の住宅着工戸数は2030年には現在から約40%は減ると予測されていますが、大工さんの減少はそれ以上に進んでいて、将来は職人さん不足は避けられない状況にあるようです。

このままでは『本物の木造住宅に住みたくても』多くを供給することが困難となってしまいます。

そんな中! 我が住宅業界に朗報あり!

大手の三菱商事建材さんの開発で『木造での大型パネル工法』の取り組みが出来るようになりました。

パネルと言うと通常は仕様材料に制約があり、自分たちの仕様が使えない事が殆どですが、この大型パネルは全てこちらの指定材料で組立て可能で、仕様は全く変わらずに精度が増し工期が短縮になるという画期的な工法です。

それがこちら!

 

サッシや通気シート迄施工してあるパネルです。

これ、ツーバイフォーではありませんよ。

ちゃんとした木造軸組み工法です『無垢材です』

 

室内はこちら⇒  

午前10時にはここまで組みあがります。

 

 

 

2階を組み立ててる状況です。

大型のパネルで組んでることもあり、ふらつきもなくしっかりしてます。

これでお昼前の状況です。

 

2階の梁も組み立てて、今は屋根パネルを設置しているところです。

ここで午後2時頃

 

 

はい!  午後の4時には屋根の防水も終わり!

これで雨が降っても安心です。

 

一日の建て方が完了!

サッシが付き、屋根は防水まで完了。 外回りの壁下地、防水紙も終わってます。

これで大工さんは本当に技術力が発揮できる中の造作工事に専念できます。

パネルは薄井工務店の施工手引きに基づいて精密に施工されています。

精度はとても高く出来ていました。

現場での廃材は少なくなり、ご近隣に施工中でのご迷惑も少なくなります。

更に、現場事故のリスクも少なくなり、何と言ってもこれからの職人さん不足には本当に助かります。

技術力のなる熟練した職人さんは内部の造作に力を発揮しやすくなります。

 

もちろんこれ 『栃木県内ではお初です』 

今後、数棟はいろんな間取りのパターンを取り組んで。

来春頃からは標準的な取り組みに入る計画にしております。

薄井工務店はこれからも、益々技術力を高めて行きます。

 

2019年5月21日 Category :: その他

全国の木材を使った競技場

こんにちは!

栃木県宇都宮市で住宅の新築リフォームを手掛ける薄井工務店代表の薄井です。

最近、季節の変わり目なのか、体調を崩している人が多いですね。

かくいう私も数日前から微熱続きでもう5日間37度前後を行った入り来たりしています。

中途半端な熱なので寝込むほどでもないのですが、いやですね~

さてさて、そんな中 先日休みの日に東京に行きある建物を見てきました。

それは、来年の世界的な大イベント!

と言えば!  そう東京オリンピック

その東京オリンピックのメイン会場になる新国立競技場の現場に行ってきました。

屋根も仕上がったという事で外観はほぼ完成したように感じます。

 

【写真がこちら】 ↓

皆さんご存知のようにこちらは世界的な建築家 『隈研吾先生』 の設計による競技場です。

隈先生の特徴と言えば木材を格子状に使う建築が多くみられますね。

この競技場も外周部全てに使っている 『庇』

これは全て全国47都道府県から取り寄せた地元の 『杉材』 です。

隈先生によると、北側と南側、東側のエントランスゲートの軒には震災被災県の木を利用しているようです。

新国立競技場を『国産木材の利用による世界に誇れるスタジアム』として世界に発信するため、『全ての日本人の心を一つにするナショナルスタジアム』を目指し、日本全国から木材を調達することを決めたようです。

軒庇の木材は北から北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州、沖縄の材料で北と東のメインゲートには岩手、宮城、福島の材料を、南ゲートには熊本の材料を使うようです。

材料の大きさは一般的に木造住宅の 『間柱』 として利用する100㎜×30㎜の材料を使います。

皆さんの住まいにも普通に使う県産材と同じです。

決して輸入木材は仕様しておりません。

内部の大きな大断面の木材もなるべく全国の製材所で加工できるような大きさに調整したとも聞かれています。

出来る限り全国での参加を目指しているのですね。 素晴らしいことです。

ところで栃木県の材料はというと 『北東の位置にある軒庇』 のようです。

早く見たいですね~!

またまた、競技場の近くには既に 五輪のモニュメントもありました。

 

【こちら】 ↓

あれれ! スマイルくんもいましたね!

少しづつ雰囲気が出てきました。

前回の東京オリンピックは、私も生まれてはいましたがまだゼロ歳児。

実際には覚えていません。

という事で自国では初めて体験するオリンピックもあと1年ちょっと。

楽しみですね~

 

2018年3月23日 Category :: 注文住宅 木づかいの家

もくもく館、もうすぐ完成!

こんにちは!

もう年度末で慌ただしい日々となっております。

皆さんもお忙しくしていることと思います。

こんな時こそ、じっくりと腰を据えて物事に取り組んで行かなくてはならないのですが、なんだか気がソワソワしてますね~

実はその一つの要因として、現在 薄井工務店から歩って5~6分の所に 木と家具を展示する

『もくもく館』を改修中でして、もともとあった土木やさんの事務所を譲って戴き1階部分を使っているのですが、12畳ほどのイメージ空間と洗面室、トイレを作りました。

全て無垢材の 床・建具・カウンター家具です。

下の写真は高さ2.2メートルの赤松の千本格子3本引きです。

素材を引き立てるため全てクリアで着色塗装はしていません、2枚目の写真はクロークとカウンターですが、こちらは全て 桐材です。

カウンターも引出しも中も全て桐で、クロークは扉はもちろん、床、壁、天井から棚に至るまで桐で出来ています。

高級な代名詞の『桐たんす』がクロークそのものになります。

その他、洗面所には樹齢1000年のヒバの床材、トイレにはタモのカウンターが使われてます。

まだ、写真は工事中でイメージがわかりずらいですが、4月14日には完成オープンします。

イメージ空間の他に36畳のスペースを使って様々な木を展示します。

小さな小物用の板材から樹齢400年の4m以上の板材まで、普段あまりお目にかかれない材木を展示し皆様に自由にご覧いただく空間になります。

その他、無垢の木を使用した家具も展示しますので楽しみにされて下さい。

 

 

下はカタログ写真ですが、W1200の薄井工務店オリジナル洗面カウンターです。

ミラーと収納もセットされてこれで20万円以下でご提供できます。通常このサイズですと30万円は優に下らない価格です。

こちらも実は もくもく館に 設置致します。

 

また、家具は 『赤松、桐、ナラ、メープル、パイン、ウォールナット』のテーブルや椅子、ソファーやセンターテーブル。

ドレッサーやナイトテーブル、スツールなど木工家具製品も様々。

その他、小皿や時計など木製品の小物も展示致します。

木製品ではありませんが、健康にこだわる薄井工務店では、安眠できる最高級ベッドを大変お手頃な価格でご提供できるようになりました。

現在はシングルとセミダブルですが、厚さ42㎝の究極のコスパで天皇皇后両陛下も御就寝されたというベッドです。

実物はオープンには展示致します・・・・  が!

その前に、3月24日25日の両日にトップページでも掲載させております、雀宮地内での完成見学会にて家具やベッドも設置されております。

雀宮駅の東口ですので駅からでも見える場所です。

皆さん、是非お時間を見つけ見学されて下さい。

2011年4月8日 Category :: 日記

ちょっとビビりました!!

昨夜の最大余震!ちょっとビビりましたね。

宇都宮は幸い震度4でしたが、今までの余震とはちょっと違いましたよね。

地鳴りといい、揺れる長さといい 『またか!!』 と思いました。

東北の皆さんはさぞ怖かったと思います。

原発は今のところ問題なさそうで ホッ としましたが。

早く安心できる状態に戻れることを祈るばかりです。

安心できる木造住宅 ・ 地震に強い、防災に強い住まい・ 更に更に強化しなくては!

追伸

ホッとするここを昨日見つけました。

氷漬けになっていた池のメダカが生きていました。

3匹ともげんきでしかも大きくなっていました。

自然の生命力ってすごいですね~

2011年2月14日 Category :: お家コラム

今なら補助金90万!!

今日は朝から 『木造住宅の耐震診断と補強方法』 の講習会を1日受けてました。  (>_<)

日本では全国で4000か所の地震計があるようで、これは世界でも断然トップらしく全世界の半分の地震計は日本にあるらしいです。

このデーターと実物の振動実験に基づいた日本の住宅技術は本当素晴らしいですね。

日本古来の伝統建築と最新の技術!

今の住まいは本当に丈夫です  (・へ・)

でも、1981年以前のいわゆる新耐震基準前の建物は耐震補強が必要です。

『いや~栃木は地震が少ないから大丈夫だよ』 とお思いの貴方!!

日本全国、絶対安心はどこにもありません!!

命を守る住まいです。 もう一度見直しましょう。

今なら追加補助金も含め、最大90万円!! です。

今年度中に申請し、工事は23年度でも大丈夫らしいです。

診断及び補強工事は薄井工務店へご相談ください。

2010年7月4日 Category :: 注文住宅 木づかいの家

げんき村!

昨年から取り組んでいた多機能複合施設、『伊保内げんき村』がいよいよ完成し、6日より開所することになりました。
県内でもこの規模の木造平屋建ては珍しいようで各界から非常に注目を戴いています。
施設利用者が自宅で過ごしているような気持ちになるようにと、院長先生からの強いご要望でした。
『木づかいNO1』としては遣り甲斐が十分ありました。
仕上がりとしては住宅の延長的考えで進めていましたので、自然に囲まれた温かな雰囲気の空間が実現したと思います。
この手の施設はどうも無機質な冷たい感じのするものが多いのですが、ここは違います!
是非、皆さんも一度足を運ばれてみてください。
場所:佐野市伊保内町3841-1
IMGP9702.jpg
IMGP9685.jpg
IMGP9665.jpg
IMGP9633.jpg
IMGP9603.jpg

2010年5月8日 Category :: その他

桧丸太の管切り。

3月3日に桧粋の森で伐採した桧の大樹。
2か月ほど葉枯らしして、昨日山から運び出しました。
大黒柱にして6本分。
山の中にあるとあまり太さを感じないのですが、下ろすとやっぱし大きいですね。
これからご計画中の住まいに使わせて頂きます。
産地の分かる、私が見立てた正真証明の県産材です。
ご希望の方はお早めに、特値にてご提供させて戴きます
山の中ではこんな感じ。
IMG_7982.jpg
運び出しの途中です。
IMG_79852.jpg
トラックに積むとこんな感じ。
IMG_79863.jpg

薄井工務店で理想のお家を
一緒に作りませんか?

家づくりに関するどんな悩みでもOK。
まずはお気軽にご相談ください!