薄井寿男のひとりごと

住宅ローン

2016年3月22日 Category :: 日記

家の建て時はいつ?

マイナス金利や消費税増税前!

これだけ聞くと、とても今がお得な感じがしますね。

確かに金利に関しては住宅ローン、フラット35とも徐々に金利の引き下げになってきました。

10年固定でも1%を切っているのですから驚きです。

以前は固定の方が定期的な金利ブレがありかえって変動の方が長期的に安定していましたが、ここまで下がると逆に固定にした方がお得感があるように感じます。

今であればフラット35もいいのではないかと思います。

ただ最終的には決済になった時期の金利なので申し込み時ではないことを考慮してください。

さて、 問題は消費税!

8%?10%になることで2000万円の建物であれば40万円の差額になりますが、これを高いとみるかどうか?

前回の5%?8%になる時のことを考えてみましょう。

この時は2000万円の建物であれば60万円の差額になるのですが、増税後にはローン減税の拡充などにより条件によっては殆ど差額が埋められる方もいました。

前回は相当の駆け込み需要により、資材や人件費の高騰!

仮にこれが契約後であれば業者が負担することになるのでお客様は特に気にすることはありませんが、前回これに懲りた業者は今回相当価格の変動を気にしながら見積もりを決めることと思います。

また、資材や人材不足により工期は延び、無理に終わそうとするならば3流職人をあてがっての突貫工事!

そんなことをすれば質の低下につながるのは当たり前です。

いま政府も増税には相当慎重論が出ているようで、仮に予定通り来年4月1日より増税となればその半年前が経過措置で9月30日までに請負契約を交わせば平成29年4月1日以降の引き渡しになっても契約時の税率にて計算されます。

その経過措置期限まであと半年!

その判断はおそらく7月25日に任期となる参議院選挙前に増税の判断が下されると思います。

経過措置2か月前です!

この時に慌てても注文住宅では設計見積もりから契約までには時間がとても足りません。

薄井工務店では年間に施工できる棟数を決めていますので駆け込みだからと言って無理に詰めることはできません。

そんなことをすれば結果的に質の高い家はできなくなるからです。

住まいは完成品を買うわけではなく、職人さんが現場で作りあげていくもの。

どんなに営業がまだ間に合うと言っても現場ではバタバタとしています。

では結局いつが建て時?

それは 『家が欲しいと思った時』 が一番の建て時です。

増税や金利に踊らされることなく、じっくりと検討していい家を造っていこうではありませんか!

2013年1月15日 Category :: 日記

住宅ローン減税延長に現金支給!

久しぶりに宇都宮も積雪になりましたね。 今朝は路面が凍結してますからゆとりを持って出かけないといけませんね。

さて、消費税、所得税、の増税で世なのか過敏になっていますね。

最近、消費税に関しては随分とご相談を戴くようになりました。

住宅の場合、2000万で60万円の違いが出ますから真剣ですよね。

その3% どう埋め合わせするのか?

1つは今年の年末で終了の予定だった住宅ローン減税が5年間延長になりましたね。

しかも減税枠が年20万~50万に引き上げ。

減税枠を使い切れない所得の方は不足分を現金支給という制度も出るようです。

結局は3%の消費税を多く支払う人には何らかの形で還元しようということです。

ここで注意点は増税駆け込みで来年の今頃は相当職人さん不足が発生すると予測されます。

にわか職人も増えるでしょう。

計画は早めに、施工は余裕をもってしっかりとです。

先を急がされる場合は要注意を!

2013年1月11日 Category :: 日記

住宅購入に現金給付

新しい政権に変わり予想されていた制度も方向性が付いてきましたね。

来年4月からの消費税8%に際して住宅建設の駆け込みが予想されますが、急激に増えると職人不足に加え資材高騰となる恐れがあります。

今年の9月末までに請負契約を交わせば来年4月以降の引き渡しでも5%のままという制度もありますが,逆に8%になっても住宅ローン減税の拡充延長がほぼ確定的になりました。

しかし、この制度は納税額に対する還付なので、中低所得層の方は減税枠が使い切れない場合があります。

そこでまず住民税の控除枠を引き上げ、更に控除枠に満たない人には現金給付するという制度ができそうです。

住宅を購入する人には3%の負担増を何らかの形で戻そうというわけですね。

一生に一度の家づくり。

計画は早めに!

施工はじっくりの方が『いい家』ができると思いますね。

惑わされないように注意してください。

2012年11月12日 Category :: その他

消費税増税に関する注意点!

平成26年の4月1日から消費税が8%になる見通しとなっていますが、それに関する様々な注意点があります。

■最終的な増税引上げは平成25年の秋に経済状況により決定(閣議決定によ
り決まる)従いそれまでは正式に増税決定ではないので判断を間違ってはいけません。

■建物の引き渡しが平成26年4月以降になると8%の扱いに建物全てが対象にな
ります。但し、平成25年9月30日までに請負契約を交わせば、引き渡しが4月以降
になっても5%の扱いになります。着工が何年後でもです。
でも請負業者は8%で材料を仕入れるようなのでそんなことはしないと思いますが。

■請負契約が9/30までに交わしても、引き渡しが4月以降の場合追加工事分は認

められないので注意が必要です。

■住宅ローン減税や住宅エコポイント等の更なる拡充の可能性もあります、従い3%余
計に払っても何らかの形で戻る還付制度が増える見込みなので一概に増税前後どちら

が損得かは判断できません。

結局、住宅は一生もの。 損得で考えずに必要な時期に建てるのが一番いいと思います。

2011年9月30日 Category :: 日記

今は本当に建て時??

今週は3日間交代でFP研修(ファイナンシャルプランナー)のため東京に行ってました。

先月資金計画の専用ソフトを導入したのでその研修です。

いや~それにしても 『知れば天国・しらなきゃ地獄』 とはこのこと!!

家を買うより、ローンを買うと思った方がいいですね。

いろんな制度の取り扱い、時期、タイミングによりこんなに違いがでるとは!!

現在の超低金利時代に建てないのは本当に損だというのがよ~くわかりました。

たとえばこんなご家族が家を建てる検討をしていたとします。

■ ご主人35歳 年収500万

■ 扶養は妻と子供2人(5歳と2歳)

■ 現在家賃6万円のアパート暮らし

■ 手持ち金200万円

このような設定の方が今すぐ建てるのか? 5年後に建てるのか?

この方は頭金をもう少し貯め、500万にしてから5年後に建てようと考えました。

2500万の借入予定を2200万にして30年ローンを25年にするという考えです。

そうすればローンの借り入れも減り、返済期間も5年短くなるからと思いました。

さ~て、得をするのか? 損をするのか?

5年後建てる場合のメリットは?

(メリット)

頭金が貯まる ・ 借入額が減る ・ 返済期間が短い

(デメリット)

家賃がかかる

金利が上がるかもしれない

消費税が上がるかもしれない

長期優良住宅の補助金がなくなる

住宅取得減税制度がかくなる

繰り上げ返済がしずらくなる

物価が上昇するかもしれない

などなど、予測もありますがほぼ確実な内容ばかりです。

さ~て どっちが得か???

答えは ○○○万円 こっちがお得!!!!!

詳しくは来月の資金計画セミナーにて  (^^ゞ

2010年8月18日 Category :: お家コラム

住宅ローンの獲得競争激化。

いよいよ0.9%代の住宅ローンも登場しました。
最近、各銀行ともこぞって金利を引き下げしていますね。
住信SBIネットでは変動ですが0.975%
UFJ、みずほ、三井住友などのメガバンクも変動ながら1.075%
東京スター銀行は締め切りになりましたが、先着500名まで15年までは金利ゼロ。  但し事務手数料は融資額の5.25%はかかりますが。
もちろん地銀も頑張っていますよ!
それにしても安い!!
やっぱりフラット35の10年間金利1%優遇が効いてるんですかね。(10年間ではありますが)
確かに最近はフラット35で検討される方が圧倒的に増えてきましたね。
ただこのフラット35もよ~く調べないと事務手続きがえらく面倒だったり、高かったり、またつなぎ融資の金利は4%代のところもありますので注意が必要です。
最近ではデフレ不況の影響で変動金利でもさほど上がらないであろうとの見方から3年前は10%程度の利用者が今では約半数が変動を利用するようになったようです。
利用者にとっては絶好の時期になりましたね  (*^_^*)

2010年5月17日 Category :: お家コラム

住宅ローンどれがお得?

最近の住宅ローンは金利優遇やらで随分と安くなりましたよね。
とはいえ、金額が金額ですから0.1%違うだけでも総額で考えると結構違いますけどね。
さて、最近注目されてるのがフラット35S20、35年間金利統一ながら今年は更に10年間は1%金利優遇、11年目~20年までは0.3%優遇、しかも保証料なし、繰上げ返済手数料なし、取り扱い金融機関により違いはあるが、安いところでは2.5%程度ということは当初の10年間は1.5%の扱い。
と、ここまで聞くと『これはすごい!』
と思うでしょう。
でも、よ~く検討してみないとまだ分かりませんよ。
フラット35S20というのは、断熱等級・耐震等級・バリアフリー等級のいずれかをある水準まで上げないと利用できませんから、もともとこの性能の低い建物は水準に引き上げるのにまず費用がかかります。
(薄井工務店ではバリアフリー等級以外は標準でクリアしますが)
更に取り扱う為の申請費用やらが別途かかります。
さて、次に一般の銀行ローンではどうか?
地銀のA銀行で比較してみましょうか。
金利はお客さんのお付合い程度によっても変わりますが、仮にポイントが結構使えるとして、10年固定で考えると、約1.8%くらいでしょうか。
10年以降は金利見直しですから、このとき低ければいいが高いとどうなるか?
フラット35S20では10年間は1.5%、11年から20年は2.2%とやっぱりこっちのが得かな?
いやいやまだ分かりません??
次に保証料、A銀行は仮に3000万借りて35年返済にすればその保証料は100万以上はかかると思います。
(申請者の属性によっても変わりますが)
しかも、繰上げ返済手数料もかかります。
やっぱり フラットのが得????
さて、ところが最後に大きな違いがあるのが、団体信用生命保険、
A銀行では『8大疾病保証付き』これが最初から差額無しで入ってます。
ところがフラットの場合は別契約です。
仮に3000万を35年借りた場合。
疾病保証なしタイプでも35年分で約150万。
3大疾病付きだと35年分で約300万が別途かかります。
年払いなので一気にこの費用がかかるわけではないのですが、トータルでは結構な費用ですよね。
大どんでん返し!
さ~て、最終的にどっちがお得なんでしょう????

薄井工務店で理想のお家を
一緒に作りませんか?

家づくりに関するどんな悩みでもOK。
まずはお気軽にご相談ください!