薄井寿男のひとりごと

アフターメンテナンス

2019年6月15日 Category :: その他,未分類

第15回良い家を造るパートナーの会

こんにちは! 宇都宮で新築リフォームの木の家づくりをしている薄井工務店代表の薄井です。

半年に一度の全体勉強会 『良い家を造るパートナーの会』を開催しました。

今回で15回目のパートナー会。

文字通り家づくりに携わる、ありとあらゆる業種のプロ集団です。

50社以上の業界のプロたちが、更に良い家を造るためにはどうしたらよいか。

みっちり3時間以上かけての勉強会。

社内の発表や外部講師を招いての勉強なので皆さん熱心に聞いてくれました。

今回のテーマの多くは今、旬の『働き方改革』などについてです。

式次第の流れ

①薄井工務店の現況と今後の業界動向

②働き方改革関連法について

③障がい者雇用について

④現場についての注意事項

⑤アフターメンテナンスについて

⑥設計納まりについて

⑦工事保険についての説明

⑧イベント計画の報告

⑨経理からの報告

などなど9項目についてそれぞれの担当者からの発表です。

まず、私からは上半期の業況報告を述べました。

お陰様で前期より17%増のご依頼を戴いております。

本当にありがとうございます。

とても忙しくさせて戴いてると同時に、皆様には大変お待たせしておりますこと誠に申し訳なく思っております。

ただ、業界的には決して成長産業ではなく、どちらかと言えば数的には衰退産業であります。

全国の着工戸数は2030年には現在から4割減となる予想もあり、そこに来て空家率は年々増加しております。 全国平均で13.5%、栃木県は上位10番目で空家率は17.3%にも達しています。

こちらも2030年には30%に達すのではと言われています。

このような背景には住まいに関する価値が下がっていることも大きな原因です。

良い家を手入れしながら長持ちさせるべく価値が薄れているのです。

見た目のデザインや広さ設備にだけ拘ったり、価格優先にしてしまうと、基本的性能を疎かにしがちです。

本当に良い家を造れば、誰でも手入れして長く住みたいと思うはずです。

100年前の建物でも資産価値がしっかり持てる建物はいくらでもあります。

その為には、価格の高い家ではなく、価値の高い家を造ることですよね。

本物の素材を使い、住む人の健康に拘った快適な住まいです。

薄井工務店では常にそこをテーマにし、家づくりをしています。 新築当初はどんな家でも綺麗ですが、本物の家は数年住んでみると、その違いは歴然とわかります。

地元の気候風土を理解した本物のプロ集団の家づくり。 価値ありますよ~

薄井工務店、更に勉強して成長させて戴きます!

2009年8月21日 Category :: 注文住宅 木づかいの家

3ヶ月点検。

3ヶ月前に引渡しをした日光市S邸の点検をしてきました。
私は撮影とお話が殆どでしたが、当社の川又と栗原が点検はキチットしております。
外部から始まります。
排水の桝点検 ・ ボイラーの漏水点検 ・ 外壁や基礎の状態 ・ 雨樋の状態
次に内部です。
各設備費具の作動状況 ・ 排水給水の漏水点検 ・ 建具の作動状況
鍵の作動状況 ・ 床、壁の状態 ・ クロスの状態
小屋裏も入ります。
断熱材の状態 ・ 金物などの固定状況 ・ 換気ダクトの状態
最後に床下も入ります。
床下環境の確認と給排水などの漏水点検
床下はプ~ンと桧の香りがしてきました。
(点検結果)
内部建具の開閉調整が2ヶ所と浴室引戸の鍵調整がありました。
浴室の鍵については点検時には調整しきれなかったので後日メーカーで調整することになりました。
生活しているといろんなことがあります。
建ててる時だけが仕事じゃないんですよね。
建てた後がなが~いお付き合いです。
Sさん 永久的な保証はできませんが、生活に不都合があればすぐ連絡を下さい。
皆さんの暮らしを守るのも私たちの仕事です。
地域密着の『家守り』として取組んでいきますので。

2009年7月14日 Category :: お家コラム

不安解消のご相談。

家づくりをするにはいろんな不安があります。
・本当にこの予算で納まるのか?
・自分の希望が反映されているのか?
・変更は何処まで可能なのか?
・打合せは何処までしてくれるのか?
・構造は大丈夫か?
・工事中のマナーは大丈夫か?
・アフターはしてもらえるのか?
・保障はどうなのか?
・工事保険は入っているのか?
・監督は信頼できるのか?
・ちゃんと管理はしてるのか?
・検査はどうなっているのか?
などなど・・・・・・・・
不安要素を挙げたらきりがありません。
考えれば考えるほど不安は高まるものです。
ではどうしたらよいか?
構造などのハードな面は資料だけ見ても分かるもんではありません。
これは現場を見ることです。現場に行くといろんなことが分かります。
よい部材を使っていても、その保管方法や施行方法によっては、素材の性能が発揮できなくなることもあります。
そこは、職人や監督によって決まります。
ではその職人や監督をどう見極めるか?
マナーを見れば分かります。
基本的マナーが悪い人はいい仕事もできません。
挨拶ができない、現場が雑然としているなど要注意です。
どうしてそこまでマナーや整理整頓が必要か?
現場が雑然としていると、怪我などの事故の確率が高くなります。
マナーが悪いと近隣からクレームが出ます。
いずれもお施主さんにとってはマイナスになる要素です。
次に工事中、打合せの内容や対応、完成後のアフター管理などについて。
説明資料でいくら保証内容が充実しても、アフター基準が徹底しても、要は本当に実行してるかどうかが問題です。
これは施工後のお客様に評判を聞いてみればすぐ分かります。
できれば完成後5年10年以上経っている方のがいいです。
1,2年は何処でもアフター管理していても、本当に不都合が出るのは10年以降です。
そのときにどんな対応をいているかが重要です。
できれば何件かOBお施主さんを紹介してもらい直接聞くか、それが難しい場合は付き合いの古いお客さんから、リフォームなどの依頼が多く来ているかどうかです。
アフターが悪かったり失敗したと思えば依頼は来ませんから、依頼が多ければ安心のサインです。
次に、検査や保険、保証などについて。
よく、完成保証や第三者検査を行なっているから安心です。という話を聞くが、全くそれだけでは安心できません。
他人任せの保証や検査ではなく、自社検査や保証がどのようになっているのかが重要です。
言葉だけの説明ではなく、実際の報告書や写真などで説明を受けましょう。
最後に見積もりの内容や、自分の希望が何処まで反映されているのか?
見積書を見ても詳細の内容がよく分からない。
平面図だけでは細かい部分が理解できない。
仕様書の写真だけでもわかりずらい。
それらが不明の状態で契約をしては大変です。
契約後にどんな追加が出てくるかわかりません。
契約は急がずに、詳細図、詳細見積、模型、パース、ショールームで現物確認、それらを基に一つ一つ確認をしましょう。
着工後には予算の変更が殆ど出ないようになれば安心です。
そして一番大切なのは信頼関係。
家づくりはパートナーです。
お互いが信頼できるまで何度でもお話ししましょう。

薄井工務店で理想のお家を
一緒に作りませんか?

家づくりに関するどんな悩みでもOK。
まずはお気軽にご相談ください!