2013年2月7日 Category :: 日記,未分類

大阪、浜松へ出張です。

昨日は大阪で無添加住宅さんの見学で今日は浜松で制震ダンパーを勉強してきます。
今回も得ること多そうです。

2013年2月3日 Category :: 日記,未分類

沢山のご来場戴きありがとうございます。

昨日今日とスカイリビングのある家の見学会が終了しました。
2日間に渡り沢山のご来場を戴きありがとうございました。
今月はまだまだイベントを企画してますので皆さん楽しみにして下さい。

image

2013年1月29日 Category :: 日記,未分類

100年企業

33年後に無事100年企業になるためにセミナーを受けに東京へ出張中です。
もっとも目指しているのは1000年企業ですが、まずは100年!
継続は力なり それまでは現役で頑張れねば!

2013年1月26日 Category :: 日記,未分類

新春経済講演会

毎年恒例の新春経済講演会に出席してきました。

今年は特別講演で麻生太郎副総理が来れれるとのことで国際パミールが超満員の1700名が参加しました。

私は早めに行き中央の3列目に席を取りましたのでオーラが直接伝わってきました。

いやはや飾らないで率直な方、またユーモアセンスもありますね。

今まで多くの方のお話を聞かせて戴きましたが、ちょっと違います。

さすがは大物政治家。聴衆を引きつける力が十分ありました。

GDPを上げるには個人消費、企業投資、政府の歳出ですが一番大きいのはやはり個人消費。

お金が余っているのに使わないので経済は廻らず、どんどんデフレ不況になっています。

『景気も気から』と言っていたのがとても印象的です。

確かに政権が代わってから景気が良くなるだろうという期待感だけで、株価は上昇し円安になってきました。

まだ特に政策は実行してないのにですね。

確かに今は金利も安く、土地も安く、物価も安い時期なのにお金を使わないのはもったいない。

みんなで気持ちを前向きにお金を使っていけば相当の経済効果があり、しいては皆さんの収入も増えるということでしょうか?

元気を戴きました!

2013年1月15日 Category :: 日記,未分類

住宅ローン減税延長に現金支給!

久しぶりに宇都宮も積雪になりましたね。 今朝は路面が凍結してますからゆとりを持って出かけないといけませんね。

さて、消費税、所得税、の増税で世なのか過敏になっていますね。

最近、消費税に関しては随分とご相談を戴くようになりました。

住宅の場合、2000万で60万円の違いが出ますから真剣ですよね。

その3% どう埋め合わせするのか?

1つは今年の年末で終了の予定だった住宅ローン減税が5年間延長になりましたね。

しかも減税枠が年20万~50万に引き上げ。

減税枠を使い切れない所得の方は不足分を現金支給という制度も出るようです。

結局は3%の消費税を多く支払う人には何らかの形で還元しようということです。

ここで注意点は増税駆け込みで来年の今頃は相当職人さん不足が発生すると予測されます。

にわか職人も増えるでしょう。

計画は早めに、施工は余裕をもってしっかりとです。

先を急がされる場合は要注意を!

2013年1月13日 Category :: 日記,未分類

朝日記。

今年も早13日、一月ももう中盤に差し掛かりました。

皆さん充実した日々をお過ごしですか?

私は今年になって朝の習慣を少しだけ変えました。

それは日記を朝書くようにしました。

日記そのものは17年ほど書いているのですが、その日の夜に一日の出来事、あるいは次の日の朝に昨日の出来事。

酷い時は一週間まとめ書き。

これでは日記とは言えませんが・・・・・・

今年は朝にその日の出来事を想定して先に書いてしまいます。

違うときは夜に修正するのですが、これがイメージトレーニングになるのかわりとその通りの一日になります。

つまり! 予定通り。 計画通りに過ごせるというわけです。

皆さんも一度お試しあれ!

2013年1月11日 Category :: 日記,未分類

住宅購入に現金給付

新しい政権に変わり予想されていた制度も方向性が付いてきましたね。

来年4月からの消費税8%に際して住宅建設の駆け込みが予想されますが、急激に増えると職人不足に加え資材高騰となる恐れがあります。

今年の9月末までに請負契約を交わせば来年4月以降の引き渡しでも5%のままという制度もありますが,逆に8%になっても住宅ローン減税の拡充延長がほぼ確定的になりました。

しかし、この制度は納税額に対する還付なので、中低所得層の方は減税枠が使い切れない場合があります。

そこでまず住民税の控除枠を引き上げ、更に控除枠に満たない人には現金給付するという制度ができそうです。

住宅を購入する人には3%の負担増を何らかの形で戻そうというわけですね。

一生に一度の家づくり。

計画は早めに!

施工はじっくりの方が『いい家』ができると思いますね。

惑わされないように注意してください。