2017年3月28日 Category :: 未分類

人にやさしい住まい、木づかいの家づくりをテーマにしている薄井工務店の薄井寿男ブログ復活しました!

皆さんご無沙汰しておりました!

薄井工務店代表の薄井でございます!

いやはやしばらくブログをご無沙汰したいましたが、実は乗っ取りに会ってしまいまして。

何やら過去の僕のブログを消したりいじったり、されていたようです。

何の目的かはわかりませんが気持ち悪いですよね。

今度はパスワードもかなり複雑にしましたのでそう簡単には入れないと思います(^^ゞ

さてさて、しばらくご無沙汰している間にもいろんなことがありました。

お陰様でお仕事は皆様からのご依頼により忙しくさせて戴いています(感謝!)

そんな中、最近の大きな出来事?は うちのスマイル部長が先日おやつを喉に詰まらせて死にそ~でした!

立てなくなり、呼吸も弱弱しく『あぁもうお終いか~』 と、様々な介護用品をそろえたのですが。

それから1週間ほど詰まりが取れたのか、数日で体調も復活!

いまでは以前より元気になり、先日の誕生日では大好物の チーズケーキをバクバク食べていました。

やっぱりスマイル部長が元気だと会社も明るくなる。

これからどんどんブログ更新していきます。

また、見て下さい!

 

2017年1月17日 Category :: 日記

地震への備え

皆さんこんにちは!

 

薄井工務店代表の薄井です。

今日は何の日だかご存知ですよね?

少し古い記憶になってきましたが。

 

そう 『阪神・淡路大震災』 1995年1月17日 午前5時46分

 

あの日です。あれから22年が経ちます。

 

栃木県では直接的な揺れは感じませんでしたが、テレビで惨事を見る限りでは凄い衝撃的な映像でした。

当時、私は前年に自宅を新築し、この震災があった年には一級建築士の試験にチャレンジすべく勉強をしている時でした。

 

建築の実務経験は既に10年あり二級建築を取得していましたが、改めて構造力学の勉強をしている真っ最中でしたので強度や倒壊の仕組みがわかる分、地震に対しての不安が相当増していったのを覚えています。

 

もちろん、当時の法律基準をクリアした住宅を設計してはいましたが、気になり今まで携わった建物の図面をもう一度 全部目を通していました。

 

しかし、 テレビでは毎日古い木造住宅の倒壊画像が流れ、『木造住宅は危険!』 『瓦は重くて危ない!』などの情報が流れ、もうじっとしていられず震災から2週間過ぎたころに、

 

自分の目で確かめよう!とワゴン車に布団と自転車を積んで神戸に向かっていました。

 

実際目にした光景は想像以上!

神戸市内は車で移動できるところは限られており、途中で止めては自転車に乗り換えながら3日間で市内のほとんどを確認して回り、多くの方々のお話を聞いてきました。

 

木造も鉄骨もコンクリートも どれだから安心! と言えるものではありませんでした。

でも、全てに於いて倒壊するには理由があることもわかりました。

 

東日本大震災では多くの被害は津波によるものでした。

これは建築の構造で防げるものではなく、いかに非難するかが重要でしたが、阪神大震災の場合は直下型。

 

逃げる余裕はなく死者の殆どが地震直後の建物倒壊による圧死が原因でした。

命を守るべく建物が凶器となり命を奪ってしまったのです。

 

住宅は長く使うものです。

建てた時は丈夫でも、その後 経年劣化により強度が落ちてしまっては意味がありません。

そのようなことが起きずらい、素材、工法、納まりとし。

何よりもしっかりと定期点検することが重要です。

 

定期点検 ・ 耐震診断 をして下さい。

 

大きなことになる前に。

2017年1月10日 Category :: 日記

縁起物! 

世の中いろいろ縁起物がありますが、正月にいつも話題になるのが築地の初競りに出される

 

大間の本マグロ!

 

今年も すしざんまい さんが見事獲得! 6年連続ですね!

その額何と! 7420万円!!! 

 

1キロ当たり35万円、1貫あたり5千円するらしいです。 それを通常の値段でお店に出すというのですから実質は赤字でしょうね。

『でも宣伝効果を考えればいいんじゃないの』 と普通考えますが、実はそこまでして競りを落とす社長の熱い思いがあったようです。

 

 

今でさえ2012年から6年連続で競りを落とし、正月の話題の人ですが、その前は香港の大手すしチェーン店が毎年連続で競り落としていたらしいです。

 

ところが2011年未曾有の大災害となった東日本大震災が起こり、翌年の初競りから

『日本の縁起物を海外には渡さん!』 という木村社長の熱い思いから続いているようです。

 

もうジーンときてしまいます。

 

いるんですね。 こういう方が。  あっぱれ!!

 

 

 

ご利益を戴いてきました(笑)

2017年1月6日 Category :: 日記

2017年 賀正

旧年中は格別のご厚情を賜り誠にありがとうございました。

本年も相変わらぬご愛顧を賜りますよう心よりお願い申し上げます。 休日中は大変ご不便をお掛け致しました。 薄井工務店は本日より仕事始めとなりますが、またこのように業務を営めることを心より感謝申し上げますと共に、皆様がより安心して快適に暮らせる環境作りを目指し、社員一丸となって取り組んでいく所存でございます。 皆様の今後益々のご多幸とご健勝をご祈念申し上げ新年のご挨拶とさせて戴きます。

2016年12月31日 Category :: 日記

一年間大変お世話になりました。

多くの皆様にお世話なり本当にありがとうございました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

お陰様で今年は創業70年も迎えることもできました。

歴史って凄いんですね。 一人では達成できませんからね。

私がまだ生まれる前から薄井工務店を支えて下さっているのですからもう頭が上がりません。

 

★一年間、お仕事を依頼して戴いたお客様!

★歴史を支えて戴いた先輩方!

★家づくりに協力を戴いたパートナー業者、職人の皆さん!

★ご迷惑を掛けながらもご協力戴いた現場近隣の皆様方!

★そして毎日毎日、会社に来て仕事をしてくれた社員と支えた家族の皆さん!

本当、ありがとうございます。

 

薄井工務店は来年も地域の皆様が安心して快適に暮らせる環境作りに全力で取り組んでまいります。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

皆々様のご多幸とご健勝を祈念申し上げご挨拶とさせて戴きます。

良い年をお迎え下さいませ!

ありがとうございます! 感謝!!

2016年11月2日 Category :: 日記

41期目を迎えるにあたって

こんにちは。

薄井工務店代表の薄井です。

お陰様を持ちまして11月より第41期目を迎えることができました。

創業としては71年目ではありますが、法人としての会社設立からは丸40年。

本当に皆様のお力添えのお陰でここまで継続することができました。 ありがとうございます。

私が就職したときはまだ8期目でしたが、代表に就かせて戴いた時は既に26期目。

代表としての歴史はまだまだ浅いですが、無我夢中で仕事をしてきて 気が付いたら あっという間に今になってた感じです。

微力ながら自分なりには夢中でやってきたつもりですが、やっぱり反省のが多いのかな。

本当に建築って奥が深く、経営って難しいですね。

やればやるほど難しさが感じます。 まだまだ未熟だな~って。

そんな未熟な自分でも、多くの社員や業者さん職人さんに助けてもらいながら41期目を迎えることができた事は本当に幸せ者です。

そして何より、これまでご指示戴いた多くのお客様には感謝の念が絶えません。

新たな期を迎えこれからも社内一丸となって頑張っていきます。

薄井工務店は皆様と共に成長し、安心して暮らせる環境を創造して参ります。

今後とも皆様のご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

2016年7月10日 Category :: 日記

工務店ネットワーク

こんにちは。

薄井工務店代表の薄井です。

 

ジメジメ ムシムシ とはっきりしない天気が続いてますね。

でも比較的 今年は雨が少なく現場的には助かってますが、その分水不足のようでやっぱり環境的には平年並みに降るのが一番いいんでしょうかね。

 

さて、今日は全国の工務店ネットワークについてお話を致します。

ネットワークといっても私たち何かのフランチャイズに加盟している訳でもなく、大手メーカーさんの代理店になっている訳でもないのですが。

 

長年に渡りそれぞれのエリアで頑張ってらっしゃる地場の工務店さんへ勉強会や情報交換会に参加させて戴いたことにより、今では北海道から鹿児島まで何かとご相談できる工務店さんが数多くできました。

 

ありがたいことです!

 

そんな中、先日 東京のある建築家の先生からこんなご相談がありました。

『こんにちは薄井さん、実は私の姪っ子が盛岡で家を計画してるのだけど、どちらかお勧めできる工務店さんいますか?』

 

と、盛岡ですか~・・・

 

実は岩手県には特に知り合いの工務店さんがなく、私から直接のご紹介はできなかったのですが、他県の工務店さん方へ問い合わせたところ、何と大阪の工務店さんからとてもいい情報を戴きました!

 

早速、東京の先生へご紹介し連絡して戴くことになったのです。

何とか上手くまとまるといいなと思ってます。

 

実はこのような問い合わせというのは結構ありまして。

事情があり他県へ行くことになったり、数十年ぶりに実家に戻ることになり家を計画することになったりとか。

ありがたいことに、できれば地場の工務店にお願いしたいのだけれど・・・・・

木の家がいいんだけど・・・・・

でも、どこに頼んだらいいかわからない?

という方が多いんですよね。

 

これは私たちの反省として、知名度が少なく営業宣伝不足ということもあるとは思います。

でもそんなに多くの宣伝をしては結局その広告費は建てるお客様へ負担が回るわけですから、なかなか大手さんのようにはいきません。

 

そんな時は、是非、地元では信頼がおけるという工務店へまずは相談してみて下さい。

できれば地域密着型の工務店さんがいいです。

 

同じような熱心な工務店同士けっこう全国ではつながっています。

 

先日も神奈川県のあるかたから、名古屋でセカンドライフの計画をしているのだけど対応可能ですか?

とお問合せを戴きました。

さすがに名古屋まで施工に伺うことは難しいので、何とか地元でいい工務店さんをご紹介することができればと考えています。

 

我々のネットワーク是非ご活用下さい。