2008年11月23日 Category :: 日記

暖房方法と結露対策4

男体山はまた雪降りましたね。 山が真っ白です。
うぉー 寒そう (>_<) さて、暖房方法と結露対策シリーズ です。 昔ながらの暖房器具といえば・・・ やっぱりコタツですかね~。 足があったかいっていいですよね。 本当ぬくぬく。 部屋が少しくらい寒くても大丈夫。 潜っちゃえばいいんですから。 今は電気コタツだからいいですが、昔は練炭ですから潜ったら危険でしたね。 私も子供の頃、実家のコタツでよく靴下を焦がしました。 (~_~) さて、この快適なコタツも危険が潜んでいます。 ずっとコタツにいられればいいんですが、出なくちゃならないときがありますね。どうしても。 そう。  トイレです。 この時事故がおこります。 ぬくぬくに温まった下半身、足の裏は血流がよくなっています。 さあ、立ち上がり寒い廊下、寒いトイレに入ります。 そのとき温まった下半身は冷気にさらされ一瞬のうちに血管が収縮します。 その反動が冷えた上半身に流れ脳内血管に負担がかかります。 トイレで踏ん張ろうものならなお更です。 皆さん気をつけましょう。 トイレ、洗面、浴室の冬の事故は本当に多いんです。 浴室内の死亡事故は交通事故死よりもはるかに上回っています。 これ事実です。 特に栃木県は脳疾病による死亡率は全国トップ、女性は何年連続でしょうか。忘れるくらいです。 男性も5位以内に入っています。 さて、何故なのか? 食事の影響もあるでしょうが、やはり寒さ、寒暖の差です。 栃木県は本当、底冷えします。  朝晩が寒いんですよね。 東北行くと昼間もそこそこ寒いので体が用心するんですが、栃木は日中は暖かく夕方から急に冷え込みますよね。 体が準備できてないんですよね。 昔は家の中でも外と同じくらい寒かったですから、家の中でも厚着をしていつも体は用心してましたが、今は一部屋だけがんがんと暖め、湿度や一酸化炭素濃度は高く他の部屋は湿度は低く寒い、この環境では体に負担がかかるのは仕方ありませんね。 なるべく室内間の環境を同じくすることですね。 さて、残りの暖房方法は明日に続きます。

2008年11月22日 Category :: 日記

暖房方法と結露対策3

家にいると分かりませんが外は寒そうですね~。 今朝はまだ外に出てないので。 チョット出てみましょう。
ウォー  寒い!  これは氷点下だ!
我が家は築14年経ちますが、外断熱にしたおかげで冬は本当に快適です。  感謝感謝!
さて、それでは暖房方法ですが何がいいのでしょう。
ちなみに家は温水式の床暖房にしました。
14年前ですとオール電化にすることはまだありませんでしたし、蓄熱暖房も日本では普及してませんでした。
当時は灯油もℓ40円前後でしたから割安感はありましたね。
でも最近は原油高でチョット苦しんでますが。
■ 温水式床暖房 : 床下の空間をまず暖めそれから床表面に熱を伝えてきます。 温まるには時間が非常にか   かりますがその分一度温まれば冷めずらくもなります。 床に無垢材を使えるのも特徴です。家全体を暖める    ことができるのでオール電化希望でなければ一押しです。在宅時間が長い方にはお勧めです。
■ 電気式床暖房 : 床の表面を暖めるので立ち上がりが非常に早いです。 ほっとカーペットをイメージして頂けれ   ば近いものがあります。 家全体を暖めたいとなると相当のイニシャルコストがかかりますので、リフォームなど   一部を暖めたり、急遽暖が欲しいなどと言う方にはお勧めです。
■ 蓄熱暖房機 : 最近一番多いタイプの暖房です。 深夜電力を利用し特殊なレンガに蓄熱し朝から放熱するタイ   プです。 オール電化の家にはよく使います。 値段も出頃で広いLDKなどにはお勧めですが、重くて場所をと   るのが欠点です。 2階などの間仕切りの多い空間には不向きで、主に1階部分に設置し2階はエアコンで賄   うケースが多くなります。
■ 床下暖房(エナーテック) : 基礎のコンクリートに熱線を配線し、これも深夜電力にてコンクリートを暖めます。   熱容量のあるコンクリートを全面温めるので非常に暖房効果はあります。 1階は暑いくらいです。 価格は温   水式床暖房のほぼ倍はしますが、オール電化で室内に暖房機を置きたくないという方にはお勧めです。 但し   これも2階には熱が行きづらく1、2階の温度差が出てしまうのが欠点でもあります。 平屋には最高です。
さて、まだまだあります。暖房方法 続きはまたあとで。

2008年11月21日 Category :: 日記

暖房方法と結露対策2

いや~今朝は冷えましたね。 氷点下になりましたね。
出社途中、朝陽にに染まった日光連山がきれいでした。
さて、こうも冷え込むと結露も本番ですね。
どうですか皆さん。 今朝寝室の窓がびっしょり何てことないですか?
どうして結露はおきるのでしょう?
まずはそのメカニズムを考えてみましょう。
空気中に含まれた水分は温度が高いと多く保有できて、温度が低いと少ししか保有できないのはご存知ですよね。
ではどうして窓がびっしょりになるのか。 
外部が冷えてくると直接接してる窓表面が外気により冷やされます。
外が氷点下にでもなればシングルガラスなどの表面温度は5度くらいになってしまいます。
すると室内の空気が窓付近で冷やされたとき、暖かい空気のとき含んでた水分を抱えきれなくなり吐き出すんですね。
それが結露となって窓を濡らします。
グラスに冷たい水を入れたときグラスの外側が濡れますね。 これ結露です。
20度と5度では水分の保有量は1/3以下になってしまいます。
古い家でよくタンスや食器棚の後ろがカビたりクロスが剥がれたりするのも結露が原因です。
これは角は断熱が不備になりやすいことや、タンスの後ろは空気が対流しずらいので冷やされた状態になるためです。
対策としては壁にピッタリ付けないで少し隙間を空けること。 そして暖かい風を後ろにも回せるようにすると結露は随分防げます。
室内間で温度差をなるべく無くすことですね。
それと室内の湿度管理も重要です。
温湿度計を用意することをお勧めします。
灯油やガスのヒーターは燃料が水蒸気となり発生しますので湿度を上げる原因になります。
注意が必要です。
湿度を下げるには、ちょっと寒いですけど寝る前に一度窓を全開して室内の湿気を掃き出すと効果的です。
一度お試し下さい。
但し、エアコンなどで湿度を下げすぎるとウィルスが発生しやすくなりますので、要注意です。 30%以下にはしないように。
寝ている間もずっと呼吸してますので特に寝室などは湿度が上がり結露しやすいですね。冬になると寝室の換気をしてない方もいるようですので。
最低一日に一回は換気しましょう。
大人一人で平常時でも一時間に30㎥(8帖間の空間分)は呼吸しますので二人で6~7時間も締めっきりにしてれば相当水分と二酸化炭素濃度が高くなります。
酸欠でスッキリ眠れない、頭痛が取れないなんていう方、換気を試してみてください。
窓を開けるのが大変な場合は換気扇を付けるといいです。
熱交換型の換気がお勧めです。
さて、結露のメカニズム何となくお分かりいただけましたか?
それでは次に暖房です。
続きはまた明日。

2008年11月20日 Category :: 日記

暖房方法と結露対策1

このところめっきり冷え込んできましたね。 いよいよ冬到来って感じです。
こうなってくると暖房は欠かせません。
さて、その暖房方法。 何がいいと思います?
いろいろ方法はありますね。
・エアコン
・蓄熱暖房機
・温水式床暖房
・電気式床暖房
・床下蓄熱暖房
・暖炉
・ファンヒーター
・コタツ    などなど・・・・・・
何かしかは必要ですよね。  さて、何がいいか?
一概にどれがいいとは言えませんが、まず基本中の基本としては熱が外に逃げづらい造りであることですね。
要するに家の断熱性能です。
少ないエネルギーで暖房できると共に、冷輻射が少ないので同じ室内温度でも体感的には暖かく感じます。
室温+輻射温÷2=が体感温度になります。
古い家で既に断熱性能が衰えてる場合は少なくても暖房を窓の下に設置するようにしましょう。 (但し、火が出るものはカーテンなどに注意!)
窓からの冷気がコールドドラフトとなり気流を作りますので足元が寒くなります。
熱の逃げは大きく分けて二つあります。
①熱伝導による逃げ(物質の断熱性能です)
②換気による逃げ(建物の気密性能です)
熱の発生も大きく分けて二つあります。
①内部発生熱(暖房機器・照明、家電製品・人体発熱などです)
②日射取得熱(太陽からの取得熱です)
この4つの要素を上手く使えば快適な空間が得られます。
それと重要なことは自分自身で発熱できる体質になることですね。
最近、平熱が低い人が多いと聞きます。 男性の冷え性も増えてるみたいですね。
デスクワークに車移動、筋肉を使わなければ発熱もしませんし、食事の影響もありますね。
ハウス栽培や冷食などで夏の食物も冬に食べれば当然体は冷やされますし発熱機能を失います。
もう一度根本的なところを見直すことも必要ですね。
さて、それでは暖房方法と結露対策この続きはまた明日書きます。