薄井寿男のひとりごと

お家コラム

2019年11月2日 Category :: お家コラム

様々な災害に遭いながらも、新しい期を迎える事ができました。

皆様こんにちは。

栃木県宇都宮で新築・リフォーム・ガーデンを取り組んでます。薄井工務店代表の薄井でございます。

10月は大型台風に集中豪雨など、甚大な被害があり、被災された皆様方におかれましては慎んでお見舞いを申し上げます。

100年に一度の災害ともいわれていますが、気候変動や温暖化などにより今後は毎年のように水害が起きる可能性もあります。

今後の家づくりについては、本当に水害を考慮した作りにする必要がありますね。

弊社のお客様においても、床下床上浸水など罹災された建物も数件ありました。

まだまだ処理が追い付かない状態ではありますが、今後も全力を尽くして修復作業を進めたく思います。

 

さて、私共も長い間、建設業に携わっておりますと、今までにも様々な災害に遭遇してきました。

薄井工務店の創業は昭和21年。戦後間もない時期ですので戦争の影響は直接受けてはおりませんが、自然災害については震災、風災、水災など数多くの影響を受けてきました。記憶に新しいのは、やはり2011年の東日本大震災、そして先月の台風19号。

大震災も勿論心配ですが、頻度からすると水害の方が多くを考慮する必要がありますかね。

先の施工手引きの見直しでは防水性に絡むバルコニーや換気箇所の収まりを強化してまいりましたが、現在は屋根や窓周りの直接的に影響を受ける箇所のデザインも見直しを掛けています。

建物の性能も耐震耐風、断熱気密と、いまや当たり前ですが。

これからは水密性、防水性の向上を目指していかなくてはなりません。

既に、あるメーカーさんでは1メートルまでの浸水に耐えられる家なども開発しましたね。

ん~凄い! 弊社も頑張らねば!

 

そんな多くの災害に遭いながら、家づくりを常に考えてきました薄井工務店ではありますが、お陰様で弊社も会社設立で11月1日より第44期目を迎えることが出来ました

これもひとえに長期に渡り、支えて下さったお客様、業者様、社員さんなど本当に感謝に堪えません

会社にとってはお誕生日のようなものです。

1人で育つことも大きくなることもできません。皆様のお力があってこそこれまで長く営業をすることが出来ました。 ありがとうございます。

 

経営理念 『人に優しい住まい。木づかいの家づくりを。地域と共に目指していく。』

 

この理念に基づき、今期も新たな気持ちで取り組んでまいります。

皆様より、引き続きのご指導ご鞭撻を何卒宜しくお願い申し上げます。

 

2019年3月27日 Category :: お家コラム

集成材を燃やしたらとんでもないことに!!

こんにちは。 薄井工務店代表の薄井です。

このところ、すっかり春らしい陽気になってきましたが、まだまだ朝晩は冷え込むときもありますね~

会社に居ても朝方はまだまだ暖がほしいです。

そんな時は燃料費のかからない薪ストーブがなんともありがたい!

これからの季節は薪をストックする時期なので、今のうちに去年の薪は消化しないと。

 

さて、今回は普通に家の柱に使っている桧と集成材を燃やし比べてみました。

もちろん薄井工務店では無垢の柱しか使わないので、集成材はサンプルですが。

 

こちらは ↓ 薄井工務店が標準で使用している桧の柱

柱の芯と年輪がよくわかりますね。

 

そしてこちらは ↓ 集成材の柱

5層に分かれていますが、接着剤でしっかりと付けていますので普通の状態では特に割れや狂いは出ていません。

 

上記の写真はサンプル品ですが同じ材料を薪ストーブで燃やしてみました。

柱だけでは火が付きにくいので焚きつけ材と一緒にガンガン燃やしてみたら、衝撃の結果が出ました!

まずは20分燃やしてみた結果がこちら ↓

 

【桧の柱】

真っ黒に焦げていますがまだ原型はとどめています。

木は焦げることで炭化層ができ酸素が入りづらくなるものですから、すぐに芯までは火が届きづらくなります。 大きな木材は焦げたことも計算にした『燃えしろ設計』で部材の大きさを考えたりもします。

 

更に20分後(合計40分)がこちら↓

さすがに40分もすると周りはだいぶ燃えてきました。

でも何とか原型は保っていますね。 乾燥するので中心から放射状にひびが入り少しづつその割れ目から燃えて行きます。

因みに鉄骨は不燃材なので燃えはしませんが、耐火ではないので熱が加われば柔らかくなり強度は落ちます。500度の熱で強度は半分になると言われています。

ぐにゃ~と曲がった鉄を見る事ありありますよね。

 

さて、それでは次に集成材の柱を20分燃やしてみた状況です。

驚きの現実はこちら ↓

 

【集成の柱】

ジャジャジャジャーン!

なんとなんと! 4つに裂けています。

実際に燃やしたのは4層に接着された柱ですが、見事に裂けています。

考えてみれば当たり前のことですが、接着剤ですから熱が加われば溶けます。

溶ければ接着効果も無くなり裂け始めます。

裂ければそこに酸素が入り更に燃えやすくなります。

また、燃えた接薬剤のガスも発生します。

 

 もう一本の修正柱の方はこちら↓

もうこちらは殆ど原型をとどめていません!

つい20分前までは割れもひびもなかった柱です。

 

もう一度、上に戻って桧の柱を見て下さい  ↑ ↑ ↑

 

どうですか皆さん。

今回は小さな薪ストーブで燃やしただけですが、もし実際の火災にあったとき。

どちらが燃え広がるスピードが速いか。 一目瞭然ですね。

もちろん火災など起きない事が一番ですが、皆さんも万が一の事を考え必ず火災保険には加入しますよね。

もし、もう少し火の回りが遅かったら! と考えると・・・・

無垢の柱を使う事も大切な保険ですね。

2019年2月1日 Category :: お家コラム

73年間の大工道具

こんにちは、宇都宮で新築・リフォームを取り組んでいます。 薄井工務店代表の薄井です。

今年もはや1ヶ月が過ぎました。

あっという間ですね。 計画なしに過ごしていると1年何で何も出来ずに過ぎてしましますので、僕も毎年、自分のテーマを一文字にし意識しながら過ごすようにしています。

因みに去年は『単』でした。

単純の単で、シンプルに物事を考え、物も少なくしていこうとの考えでした。

会社も個人的にもシンプルに出来まして、昨年は90点の評価です!

さて、今年はと言いますと、自分のテーマは 『活』です。

物事をシンプルにしたら、それを最大限、活用していこうとの考えです。

早速、1月も取り組んでいます。

現在、薄井工務店では、本社(下砥上町)に事務所と体験館・ガーデン・リビングショールームがあり、

もくもく館(砥上町)に木の展示館と造作家具の加工場、倉庫があります。

それ以前に、鹿沼市の南上野町というところに、倉庫加工場があるのですが、実は今年の3月からパートナー企業様にそこをお貸しすることになり、年初から全体的に荷物の整理をしていたところです。

お恥ずかしながら、長年の不要な在庫も沢山あり、処分するものは処分し、活かせるものは活かしと振り分けていたのですが。

現在、使うことはあまりなくなったのですが、処分するには勿体ない! というものも沢山出てきました。

それは、73年間の間では絶対的に必要であった、大工道具です。

見たことある方もいると思いますが、事務所の入り口のガラスケース内には昔の古い大工道具が一部展示してあります。

会社中の鉋や鋸、鑿を寄せ集めたら、こんな数になってしまいました!!!

 

 

金物屋さんを開けそうな数です。

昔は電動工具も少なった時代。 ほとんどが鉋や鑿を使って加工していました。

創業者や2代目の道具が大半だとおもいますが、その頃に携わった大工さん方の道具も少しはあると思います。

時代が変わり、現在では工場の加工品が殆ど。

手道具を使う機会は大幅に減りました。 日本古来の伝統技術を大切にしていきたいですよね。

それでも、薄井工務店ではまだまだ無垢の素材を加工することも多いので、うちの大工さん方は木の取り扱いにはとても慣れていますが、決まった分譲やメーカーさんの規格品では、大工さんの腕を発揮する場所は殆どないと思います。

聞いたところによると、業者名簿に大工は無く、『組立て作業員』となっているメーカーさんもあるようですから。

ちょっと、淋しい・・・・

薄井工務店ではこれらの大切な道具を活かしながら、現場活用、または展示をしていきたいと思います。

皆さん、展示されたら見に来てください。

その時はまたご案内いたします。

 

2019年1月11日 Category :: お家コラム

築25年・・・でも冬の停電に強い家!

1月11日(金)午前5時49分

いつもの時間に起き朝の作業をしていたところ、突然『プツ!』 あれ?

ブレーカーが落ちたな。

炊飯器・電子レンジ・ドライヤーなどが重なると落ちることがあるが、今朝はまだその時間帯ではなかった。

ん? ブレーカーは落ちてないな。どうやら停電らしい。こんな時間に珍しい。

どうせすぐ復帰するだろうと待っていたが、5分経っても10分経っても復帰しない。

あれ? なんか変だぞ。 夜明け前のまだ暗い時間帯だったので外を見まわしてみると、地域一帯が真っ暗。 どうやら広範囲に大停電になっているようだ。

非常用の電灯があるので、真っ暗ではないが、もちろん暖房はゼロ。 外は氷点下。

さてそんな中、室内温度はどうなるのか?

 

我が家は1994年に新築し現在で築25年目になります。

今でこそ断熱の重要性は当たり前ですが、当時はまだ着目されていなかった高断熱高気密住宅の外張断熱工法で家をつくりました。

その1年前の1993年からこの工法を始めたのですが、当時は断熱材に予算を掛ける事がお客様にはご理解戴けず大変でした(~_~;)

もうこうなったら! まずは自分の家で体感してから多くの方に体感戴くしかない!

そんな思いで25年前から沢山の高断熱の家をご提供させて戴きました。

こんな寒い朝の停電が起きた時こそ! 本当に高断熱の家を造って良かったと思って戴けるんじゃないですかね~

 

はい我が家の仕様ですが。

普段の熱源は温水式の床暖房に、温水式ガス暖房機、エアコンは使いません。

25年前の外張断熱工法に当時の古い熱交換換気、サッシは一応ペアガラスの木製輸入サッシです。

いずれも現在の薄井工務店の施工している家よりは性能は劣りますが、今でも普通に流通している住宅よりは断熱性能は良いと感じます。

 

さて、午前4時に温水式の床暖房はタイマーセットでON!

起床5時、普段通りに朝の作業をしているところ5時49分に突然停電!

停電から約1時間後には会社に向かってしまったが、その時の室内の温度はこの通り。

一番冷える日の出の時間帯。

停電時の室温 *18.6度

1時間後の室温 *16.5度

なんと! 1時間で約2度の熱損失でした。  これ築25年の家です。

特に断熱改修は全くしておりません。

当時から多くの方に高断熱の家をご提供できて本当に良かったと思います。

 

さてさて、その他停電で感じた事。

①やっぱりガスコンロはお湯が沸かせる(隣にいる娘の子〈孫〉のミルクが作れました)

②エコキュートにはお湯が溜まっいるので普通にお湯が使えます。

③タンク付のトイレは水が流せる(タンクレスも切替が出来るが停電時の作業で知らない人が多い)

④ダウンライトの電球で充電式があります(上の写真の電球がそうです)

 

そして暖房でいいのは!

我が家にはありませんが、会社にはありました。

何と言ってもこれ! ↓

 

 

燃えるものがあればOKです!

約2800件の大停電のようでしたが、結局原因は何だったのでしょうか?

2018年7月7日 Category :: お家コラム

合板(ベニヤ)工場見学

こんにちは!

宇都宮で新築、リフォームで『木づかいの家造り』をしている薄井工務店代表の薄井です。

現在、宮城県は石巻に来ています。

美味しい魚介類とお酒を飲みに・・・・・・

ではなく(それもありますが(^^ゞ )

下の写真をご覧ください!

丸太が沢山あると思います。

 

実はこれ、合板(ベニヤ)を作る工場に来ています。

日本では一番シェアのある、セイホク という合板を専門に作っているメーカーさんの石巻工場に勉強に来ているのです。

皆さん、合板(ベニヤ)ってどのように作られてるか見た事ないでしょう?

4万坪もある工場敷地には数万本の丸太が並べられています。

日本国内はもとより、ロシア、中国、東南アジアと様々な国からも輸入されています。

でも最近は国産材の普及から輸入よりも国内の材木を多く使われてるようです。

樹種も様々で、カラマツ、杉、赤松などが主流ではありますが、中には桧もあります。

桧と言えば! 栃木県には一流のブランド桧 『桧粋』 があるのをご存知ですか?

そう、薄井工務店でも標準仕様の材料です。

その桧を惜しげもなく、合板(ベニヤ)にしているのがこの工場なのです!

まさに、栃木県産材を使ったオリジナルの合板なのです。

 

 

 

こちらの写真が、栃木県から来た桧の丸太です。

さて、これをどのようにして合板にするのか?

ここから先は工場内にて撮影禁止となり写真はお見せ出来ないのですが、流れをご説明します。

 

① 丸太の皮むきをする機械に運び水圧にて皮を剥きます。

② 皮を剥いた丸太を170度以上の高温蒸気で20分以上かけて蒸します。

③ 柔らかく蒸された丸太を2m間隔で大きなチェンソーで切ります。

④ 2mの長さに切られた丸太の両サイドで固定し『くるくるー』と高速回転し一気にかつら剥き

(大根でよくやりますね)され、数秒で厚さ3ミリ程度の薄い板に剥かれます。

⑤ 即座に幅2m、長さ10mほどの薄い板を1間隔に裁断されます(2m×1mの板が出来ます)

⑥ 裁断された板はカメラ付きの自動コンピューターにより質の善し悪しを5段階ほどに分かれて

主分けされます。

⑦ 厚さ12ミリのベニヤが出来るにはこの裁断された板を5枚使います。

強度を増すため板は縦横と交互に貼り合わされます。(ここからは手作業も入ります)

⑧ 合わさった板は圧縮される為、12ミリの合板は最初13.5ミリほどの厚さになっています。

⑨ 長さを縦横、1820㎜×910㎜に仕上げ、両面をペーパーで滑らかにします。

⑩ その後、人工乾燥され、刻印をして完成です

 

どうですか!!

たかが合板、されど合板!  凄い仕組みでした。

愛着を感じますよね。

工場内には全国に出荷される数万枚の合板がありますが、1週間足らずで出荷されるようです。

高く積みあがった倉庫内で、我が社で使う『桧粋合板』を発見しました!

来週出荷分で500枚ほどありました。

数ある合板の中でも地元材の桧合板はここだけ。 他と比べても一際いい材料だけに、私も誇らしげになりました!

物の出来上がる過程って重要ですね。

無駄にしないようにしっかりと使わせて戴きます。

 

2017年9月23日 Category :: お家コラム

周りの目線を気にしない生活。

暮らし方の希望を聞いてるとこんなことをよく耳にします。

 

お客様 『広いウッドデッキと少しは庭が欲しいです』

何故ですか?

お客様 『庭を眺めて、たまにはバーベキューしたり外でコーヒーを飲んだりしたいんです』

また、こんな話もよくあります。

お客様 『道路は出来れば南面で、大きな開口部が欲しいです』

何故ですか?

お客様 『その方が明るいし、日影にならないので』

そうですか~

 

など、家づくりの会話では普通に出てくることなのですが。

実は、イメージだけが先行して仮にそのような配置にしても、バーベキューをすることもないし、大きな開口部から庭を眺めていることも殆どありません。

 

何故なのか?

 

それは周りの目線が気になるからです。

何百坪もの敷地があり、お隣の家まで数十メートルというのであれば、どのような造りにしても周りの目線は気になりませんが、通常の敷地であれば50~60坪、広くても80坪くらいではないでしょうか。

 

一般的な分譲地ではお隣の家の窓まで数メートル、窓を開ければ話声は聞こえるし、道路面に広いバルコニーを設けても、お散歩の人の視線は感じるし、落ち着いてバーベキューもできません。

まして、明るく光を取り込もうとして大きな開口部を設けても、結局はカーテンを閉めてることが多く、光を取り込むどころか、庭を眺めることもできない (*_*;

 

実はこのようなお宅はたくさんあります。  実に勿体ない・・・・

ちょっと目線を変えていけば暮らしのイメージはだいぶ良くなります。

 

薄井工務店がお勧めする中庭のある家では、様々な暮らしの変化があります。

 

東西南北どこからでも光を取り入れられます

周りからの視線を気にすることなく、自由にバーベキューが出来ますし、コーヒーを好きな時に外で飲むこともできます

カーテンは閉めるどころか、カーテンそのものが必要ありません

外から見られることはないので、夜もライトアップされた植物をリビングから眺めながら生活です

 

常に庭を眺めながら開放的な空間でキッチンに立てます

外部には条件のいい所だけ景色を取り込めます

人の歩く視線は気になるが、お隣の緑は眺めていたい

 

ペットを自由にしておける。

中庭があれば、ワンちゃん、ネコちゃんも自由にしておけます。

交通事故の心配もないし、トイレの心配も無くなります。

小さいお子さんのストレスが溜まりません

常に外の環境に触れ、自然に接する時間が長くなります

少しぐらい騒いでも周りに音が漏れずらくなります

 

見てきて感じて下さい。

薄井工務店の中庭のある家。

2017年5月28日 Category :: お家コラム

リノベーション

こんにちは、新築・リフォーム・ガーデン工事をしております。

宇都宮の薄井工務店 代表の薄井です。

 

事務所にツバメの雛が4匹生まれたのですが、1週ほど経ったころ カラスに全部食われてしましました!!

全くカラスめ~ 池の金魚も食っちゃうし!  プンプン!

 

と  まあこの話ではないのですが・・・・(*_*;

 

さて、今日はリノベーションについてお話しします。

最近よく聞くこの リノベーション とは リフォームを全面的に大規模改修したものを呼んでいますが、われわれ業界でも10年前はあまり聞かない言葉でした。

日本では、どうしてもリフォームするより建て替えをした方が早い! と建物を修繕しながら永く持たせるという考えが定着しませんでした。

それもそのはず!

 

日本の住宅の資産価値は一般的に築20年もするとゼロになってしまいます。

しかし、長期優良住宅などの性能の優れた建物をしっかりと維持管理していけば25年経っても新築時の35は価値を持つことができます。

 

住宅を建てるには目先の予算ばかりにとらわれず、しっかりと先を見据えた性能の良い家を建てることが必要なんですね。

結果それが資産価値を高めることになるのですが、日本ではまだまだ中古住宅の流通が少なく資産価値を高める為に。しっかりとしたリフォームをするという風習がまだまだ少ないのですね。

その裏図けとして、先進国の中古住宅流通を見ると

 

■日本 13% ← 少ない・・・・

■アメリカ 78%

■イギリス 89%

と、こんなにも意識の差があります。

しかし、それでも最近リノベーションのご相談が確実に増えています。

昨日も今日もご相談で現地調査に伺いました。

以前は1000万以上かかるようであれば建て替えしようと皆さん割り切っていたのですが、最近は2000万くらいは掛けてもいい家になるのであればとご相談されます。

でも、そこまでかけて家が持たなかったらどうしよう・・・・・と心配される方もいるのですが。

 

ハッキリ言います!   家は持ちます!

適切な診断をして適切な施工をすれば100年でも200年でも持ちます。

永く持たないのは、持たせるような施工や手入れをしないからです。

適切な時期に適切なお手入れをし続ければ必ず持ちます。

 

いまや日本では空家率が14%近くにまで上がっています。

ちなみに栃木県は16.3%とはあるようです。

この率は今後まだまだ増えると予測をしていますが、中古住宅の流通が高いイギリスでは空家率も2.6%と低いのですよね。

こんなに家が余っているのに更に建ててどうすんの??

工務店がいうのも変ですが・・・(笑)

 

本当に、資産を高める為の必要な工事のみを行えばいいと思います。

見かけだけの器具交換や内装の貼替では根本的に家を長持ちさせることはできません。

必要ないことにお金を出さない方がいいです。

活かせるものは活かす!  資源を大切にしましょうね!

 

それでも、それでも!

 

どうしても建替えしたい場合はご相談下さい (笑)

 

 

薄井工務店で理想のお家を
一緒に作りませんか?

家づくりに関するどんな悩みでもOK。
まずはお気軽にご相談ください!