薄井寿男のひとりごと

未分類

2020年1月12日 Category :: 未分類

CRT栃木放送に出演しました。

こんにちは! 宇都宮で新築・リフォーム・ガーデンをしています。薄井工務店代表の薄井です。

殆どの方が6日からお仕事だつたと思います。 そろそろエンジンがかかってきた頃じゃないですか~?

私はと言うと、やっぱり仕事をしていた方がリズムが掴めていいですね。

今年もこうしてお仕事ができる事が幸せです!

ありがとうございます <(_ _)>

 

さてさて、仕事が始まって5日後ではありましたが、10日(金)にCRT栃木放送に生出演してきました。

金曜日の『まるきん大行進!』の一部で『とちぎの頑張る企業、ホップ・ステップ・ジャンプ』という企業紹介にご推薦戴きました。

パーソナリティーは大ベテランの矢野健一さん、臼井佳子さん!

2020年・今年最初の番組放送ということで気合が入っていました(笑)

 

(栃木放送ではいつも聞きなれたお二人の声でした。)

 

8分くらいの番組ですが、会社の歴史から家づくりの特徴、取り組み方。

設計やバーチャル3Dのお話。

そして今後の展望や夢、そして連絡先などなど。誘導されるままにお話をさせてもらい、とても楽しく あっという間の8分間でした。

流石プロ!

番組案内はこちら!

www.crt-radio.co.jp/blog/2056

 

何はともあれ、滑り出しのいい1週間でした。

この1週間を振り返ると、前半は業者さんやメーカーさんなど多くの方が、ご挨拶周りに来ていただきました。 1年間一緒に家造りをするパートナーさんです。 更に結束を高めて行きたいですね。

ありがとうございます。 7日には今年最初の全体会議。営業、設計、工程など皆から積極的な意見を戴きました。 9日には今年最初の棚卸し、倉庫も在庫も綺麗に整理させていました。

 

さて、その中でもやっぱり6日に行う毎年恒例の社内初顔合わせにての、今年の一文字発表。

私は去年の一文字は『活』 何事も活用する事を意識していました。 評価は85点

今年の一文字はというと 『拓』 ひらくです。

一般的には『開』ひらくになりますが、どちらかというと開拓の意味で『道を拓く』を使いました。

今年は新たな展開にチャレンジしていく考えです。 やるべきことを絞り込み、最も得意な分野にエネルギーを集中して取り組んで行こうとの考えです。

部首が手偏に石とは、自分の手で石を除けながら道を作りこんでいく。という事なんですね。

 

今年も益々、暮らしやすく人に優しい、環境に優しい、居心地の良い空間を造ってまいります。

楽しみにして下さい!

2020年1月6日 Category :: 未分類

初日の出、東見るより西が先。

新年明けましておめでとうございます!

昨年中は大変お世話になりました。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

2020年 令和2年が始まりました。

今年はうるう年なので366日ありあります。 1日多くの時間を戴きました。 ありがとうございます。

とは言え、既に4日が過ぎましたので、残りは362日(当たり前ですが)

どんな1年になるかはこれからの自分の行動で決まるのでしょうが、自分の命の時間ですから1日1時間を大切に過ごして行きたいですね。

新年だからと特別な事をするのではなく、毎日同じことをしっかりと繰り返し積み重ねていくしかないのかなと思っております。

 

さて、皆さんも年末年始をいろんな形で過ごされてきたと思います。

家の大掃除  ・  帰郷した  ・  旅行に出かけた  などなど

私はというと、特に何末年始だからと特別な事をするのは殆どなく、掃除は普段通り、旅行は高くて混むから行かない。

私も妻も地元出身なので帰郷することもないので遠出はしません。

逆に東京は空いいる場所もあり、ビジネスホテルなど普段の半額で泊まれるので、東京散策をしながら地元の人が行くような食堂などを探して食べ歩きをしています。(結構楽しいですよ)

 

年始には初日の出を近くの陸橋から拝み、その後はお決まりの神社にご祈祷に行き。

両実家で昼と夜はお年始回り。

2日は日光へ墓参りに行きながら奥日光まで足を延ばし、温泉に入って帰ってくる。

とこんな感じの年末年始。 何も特別変わった事はないのですが、毎年面白いな~と思うのが初日の出の時です。

私は自宅が西川田本町なので、環状線の東武宇都宮線の陸橋に行き初日の出を拝んできます。

今年の宇都宮の日のでは6時52分。 6時半過ぎに家を出て陸橋に行きます。

日の出前には続々と人が集まってきて、皆さん東の空を見ながらご来光を待っています。

まだかな~まだかな~ と皆が東の空を見てる中、私一人はいつも西の空を見ています。

私は一人で西を見ながら『まだだな、まだ上がらないな』とつぶやいていると、周りは変な人だな?

という目線で私を見ています。

それでも、私は西を見ながら『おっ!来た!もうすぐ上がる』と言うとみんな私を見るので、『はい皆さん山を見て下さい』と一言。

 

実はこういう事です。  ↓

 

 

 

男体山と女峰連山

ご来光に染まった素晴らしい景色です。

この連山のふもと迄、赤く染まったその直後に東の空から日が昇ります。

私はすかさず、東を向き、両手を広げて太陽のエネルギを戴きます。

 

 

世の中、色んな見え方があります。

今年も精一杯、大切に生かさせて戴きます。

 

ありがとうございます。

 

2019年7月17日 Category :: 日記,未分類

創業者と三代目

こんにちは。 宇都宮で木造住宅の新築・リフォームをしている薄井工務店代表の薄井です。

長~~い梅雨ももうすぐ明けそうですね (^^♪

涼しいのはいいのですが、こうも雨が多いと現場にも影響は出ますし工程管理も本当に読みずらい。

あまり暑くても困りますが、やはり夏!

少しは強い日差しも欲しいですね。

 

さて、今の時期になると、ちょっと思い出すことがあります。

丁度2年前のいまごろですが、毎日寝不足で殆ど仕事も手につかずにいました。

7月19日 父(二代目)の命日になります。

肺癌の末期でしたので動くこともままならず、ベッドの上で過ごす毎日でしたが。

最後まで良かったな~と思えたのは 亡くなるまでずっと自宅介護できた事です。

もちろん多くの方のお世話になり協力が無ければできなかったことですが、自宅で最期を迎えることが出来たのは本人にとっても最高の幸せではなかったかと思います。

2年前の19日はちょうど水曜日(定休)だったものですから朝から多くの家族が見守る中、息を引き取りました。

薄井工務店の二代目として、昭和51年から27年間代表を務めて戴きました。

あれから丸二年になりますが、歴史を積み重ねて戴いた事、本当に感謝いたします。

薄井工務店もお陰様で現在74年目を迎えております。

創業者(薄井留吉)が昭和21年に始まり30年の後に二代目(薄井惣寿)が27年間。そして現在三代目として私(薄井寿男)が17年間勤めさせて戴いてます。

26年後には創業100周年になります。

その時まで私が代表というのはさすがに難しいですが、しっかりと次に引継ぎこの目で100年を確認したいとは思っています。

 

今日は定休日なのですが(定休は静かで仕事がはかどるものですから)ちょっと事務所で書類を整理してましたら昔のこんな懐かしい写真が出てきました。

 

 

おそらく今から53年ほど前の写真かと思います。

場所は日光市久次良町。 しっかりと薄井工務店の看板が確認できます。

もうおわかりですね。

創業者の祖父と私です。

まだ、このころは将来自分が何をするのかなどは考えていなかったと思いますが。

今でも祖父と一緒に現場や加工場に行き、一日中おが屑に埋もれながら、木の香りを嗅ぎながら過ごしていたことはよく覚えています。

何かとても安心するんですよね。 木の香りは。

やっぱり気が付いた時にはこの道に進んでいましたね。

祖父がもし違う仕事をしていたら、いま自分はいったい何をしているのだろう?

そんな事を考える時も昔はしばしばありました。

だが、今では迷うことなく家づくりが天職と感じています。

日本家屋の伝統を守り、現在の気候風土、生活環境に合わせながらこうして毎日建築に携わっていられることに本当に幸せを感じています。

74年前に建築の道を歩んでくれた創業者に感謝いたします!

 

 

2019年6月15日 Category :: その他,未分類

第15回良い家を造るパートナーの会

こんにちは! 宇都宮で新築リフォームの木の家づくりをしている薄井工務店代表の薄井です。

半年に一度の全体勉強会 『良い家を造るパートナーの会』を開催しました。

今回で15回目のパートナー会。

文字通り家づくりに携わる、ありとあらゆる業種のプロ集団です。

50社以上の業界のプロたちが、更に良い家を造るためにはどうしたらよいか。

みっちり3時間以上かけての勉強会。

社内の発表や外部講師を招いての勉強なので皆さん熱心に聞いてくれました。

今回のテーマの多くは今、旬の『働き方改革』などについてです。

式次第の流れ

①薄井工務店の現況と今後の業界動向

②働き方改革関連法について

③障がい者雇用について

④現場についての注意事項

⑤アフターメンテナンスについて

⑥設計納まりについて

⑦工事保険についての説明

⑧イベント計画の報告

⑨経理からの報告

などなど9項目についてそれぞれの担当者からの発表です。

まず、私からは上半期の業況報告を述べました。

お陰様で前期より17%増のご依頼を戴いております。

本当にありがとうございます。

とても忙しくさせて戴いてると同時に、皆様には大変お待たせしておりますこと誠に申し訳なく思っております。

ただ、業界的には決して成長産業ではなく、どちらかと言えば数的には衰退産業であります。

全国の着工戸数は2030年には現在から4割減となる予想もあり、そこに来て空家率は年々増加しております。 全国平均で13.5%、栃木県は上位10番目で空家率は17.3%にも達しています。

こちらも2030年には30%に達すのではと言われています。

このような背景には住まいに関する価値が下がっていることも大きな原因です。

良い家を手入れしながら長持ちさせるべく価値が薄れているのです。

見た目のデザインや広さ設備にだけ拘ったり、価格優先にしてしまうと、基本的性能を疎かにしがちです。

本当に良い家を造れば、誰でも手入れして長く住みたいと思うはずです。

100年前の建物でも資産価値がしっかり持てる建物はいくらでもあります。

その為には、価格の高い家ではなく、価値の高い家を造ることですよね。

本物の素材を使い、住む人の健康に拘った快適な住まいです。

薄井工務店では常にそこをテーマにし、家づくりをしています。 新築当初はどんな家でも綺麗ですが、本物の家は数年住んでみると、その違いは歴然とわかります。

地元の気候風土を理解した本物のプロ集団の家づくり。 価値ありますよ~

薄井工務店、更に勉強して成長させて戴きます!

2019年1月1日 Category :: 日記,未分類

新年明けましておめでとうございます。

(宇都宮環状線西川田陸橋よりの初日の出)

 

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

 

木づかいの家づくりをモットーに、人に優しい住まい、健康的な快適な空間を本年も目指していきたく存じます。昨年は、健康的な自然素材の良さを実験等も含め実際に体感して戴ける『もくもく館』をオープン致しました。天然素材の持つ、温もり、感触、香り、それらが人に与えるエネルギーは計り知れないものがあります。しかし、健康に害を及ぼす揮発性の有害物質はまだまだ多くの住宅に使われているのが実情です。

 

薄井工務店では、構造材のみならず実際に人が暮らす室内空間には家具を含む多くの自然素材をご提案しており、特に『睡眠と健康』については力を入れております。究極の睡眠をご体感できるベッド(ラグジュアリー・スリープ)は大変ご好評を戴いております。

皆さま是非、薄井工務店に足をお運び戴き、実際にご体感ください。家族が長年暮らす空間は健康な環境でなくてはなりません。特にお子様の成長には暮らす環境が多くの影響を与えます。

未来の子供たちに快適な環境を与えてあげて下さい。

 

さて、本年は育休中であった女性社員たちも1月より順次、復職をしてまいります。

3人同時の育休中は業務も大変ではありましたが、残りのスタッフで何とか耐え忍んでくれました。

この少子化の時代に弊社では多くの命が誕生してくれること、本当に嬉しく思います。

薄井工務店では暮らす人のみならず、働くママさんたちの環境も大切にしております。

全員が育休明けにスムーズに復職できる体制を整え、地域の皆様にも『子育てと仕事の両立』と快適な暮らす環境を、実体験をもってご提案していきます。

 

今年も復職者を含め14名のスタッフと100名を超えるパートナー業者、職人と共に快適な住まいづくりに尽力をしてまいります。

今後とも、皆様方より変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますよう何卒お願い申し上げます。

最後になりますが、本年も皆様方の益々のご健勝ご繁栄を心よりご祈念申し上げます。

 

2019年(平成31年)元日

 

 

 

 

2012年6月30日 Category :: 日記,未分類

リフォームフェア開催

今日から2日間パナソニック宇都宮ショールームで薄井工務店主催のリフォームフェアを開催します。目玉商品をたくさん用意してますので、皆さんのご来場をお待ちしております。

image

image

2012年6月17日 Category :: 日記,未分類

築101年。

娘のステイ先の家に一緒に泊めさせて戴いてます。
こちらではしっかりと手入れしながら大切に使ってます。我々も見習わなくてはいけませんね。

image

薄井工務店で理想のお家を
一緒に作りませんか?

家づくりに関するどんな悩みでもOK。
まずはお気軽にご相談ください!