薄井寿男のひとりごと

2020年1月6日 Category :: 未分類

初日の出、東見るより西が先。

新年明けましておめでとうございます!

昨年中は大変お世話になりました。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

2020年 令和2年が始まりました。

今年はうるう年なので366日ありあります。 1日多くの時間を戴きました。 ありがとうございます。

とは言え、既に4日が過ぎましたので、残りは362日(当たり前ですが)

どんな1年になるかはこれからの自分の行動で決まるのでしょうが、自分の命の時間ですから1日1時間を大切に過ごして行きたいですね。

新年だからと特別な事をするのではなく、毎日同じことをしっかりと繰り返し積み重ねていくしかないのかなと思っております。

 

さて、皆さんも年末年始をいろんな形で過ごされてきたと思います。

家の大掃除  ・  帰郷した  ・  旅行に出かけた  などなど

私はというと、特に何末年始だからと特別な事をするのは殆どなく、掃除は普段通り、旅行は高くて混むから行かない。

私も妻も地元出身なので帰郷することもないので遠出はしません。

逆に東京は空いいる場所もあり、ビジネスホテルなど普段の半額で泊まれるので、東京散策をしながら地元の人が行くような食堂などを探して食べ歩きをしています。(結構楽しいですよ)

 

年始には初日の出を近くの陸橋から拝み、その後はお決まりの神社にご祈祷に行き。

両実家で昼と夜はお年始回り。

2日は日光へ墓参りに行きながら奥日光まで足を延ばし、温泉に入って帰ってくる。

とこんな感じの年末年始。 何も特別変わった事はないのですが、毎年面白いな~と思うのが初日の出の時です。

私は自宅が西川田本町なので、環状線の東武宇都宮線の陸橋に行き初日の出を拝んできます。

今年の宇都宮の日のでは6時52分。 6時半過ぎに家を出て陸橋に行きます。

日の出前には続々と人が集まってきて、皆さん東の空を見ながらご来光を待っています。

まだかな~まだかな~ と皆が東の空を見てる中、私一人はいつも西の空を見ています。

私は一人で西を見ながら『まだだな、まだ上がらないな』とつぶやいていると、周りは変な人だな?

という目線で私を見ています。

それでも、私は西を見ながら『おっ!来た!もうすぐ上がる』と言うとみんな私を見るので、『はい皆さん山を見て下さい』と一言。

 

実はこういう事です。  ↓

 

 

 

男体山と女峰連山

ご来光に染まった素晴らしい景色です。

この連山のふもと迄、赤く染まったその直後に東の空から日が昇ります。

私はすかさず、東を向き、両手を広げて太陽のエネルギを戴きます。

 

 

世の中、色んな見え方があります。

今年も精一杯、大切に生かさせて戴きます。

 

ありがとうございます。

 

薄井工務店で理想のお家を
一緒に作りませんか?

家づくりに関するどんな悩みでもOK。
まずはお気軽にご相談ください!