2017年9月23日 Category :: 未分類

周りの目線を気にしない生活。

暮らし方の希望を聞いてるとこんなことをよく耳にします。

 

お客様 『広いウッドデッキと少しは庭が欲しいです』

何故ですか?

お客様 『庭を眺めて、たまにはバーベキューしたり外でコーヒーを飲んだりしたいんです』

また、こんな話もよくあります。

お客様 『道路は出来れば南面で、大きな開口部が欲しいです』

何故ですか?

お客様 『その方が明るいし、日影にならないので』

そうですか~

 

など、家づくりの会話では普通に出てくることなのですが。

実は、イメージだけが先行して仮にそのような配置にしても、バーベキューをすることもないし、大きな開口部から庭を眺めていることも殆どありません。

 

何故なのか?

 

それは周りの目線が気になるからです。

何百坪もの敷地があり、お隣の家まで数十メートルというのであれば、どのような造りにしても周りの目線は気になりませんが、通常の敷地であれば50~60坪、広くても80坪くらいではないでしょうか。

 

一般的な分譲地ではお隣の家の窓まで数メートル、窓を開ければ話声は聞こえるし、道路面に広いバルコニーを設けても、お散歩の人の視線は感じるし、落ち着いてバーベキューもできません。

まして、明るく光を取り込もうとして大きな開口部を設けても、結局はカーテンを閉めてることが多く、光を取り込むどころか、庭を眺めることもできない (*_*;

 

実はこのようなお宅はたくさんあります。  実に勿体ない・・・・

ちょっと目線を変えていけば暮らしのイメージはだいぶ良くなります。

 

薄井工務店がお勧めする中庭のある家では、様々な暮らしの変化があります。

 

東西南北どこからでも光を取り入れられます

周りからの視線を気にすることなく、自由にバーベキューが出来ますし、コーヒーを好きな時に外で飲むこともできます

カーテンは閉めるどころか、カーテンそのものが必要ありません

外から見られることはないので、夜もライトアップされた植物をリビングから眺めながら生活です

 

常に庭を眺めながら開放的な空間でキッチンに立てます

外部には条件のいい所だけ景色を取り込めます

人の歩く視線は気になるが、お隣の緑は眺めていたい

 

ペットを自由にしておける。

中庭があれば、ワンちゃん、ネコちゃんも自由にしておけます。

交通事故の心配もないし、トイレの心配も無くなります。

小さいお子さんのストレスが溜まりません

常に外の環境に触れ、自然に接する時間が長くなります

少しぐらい騒いでも周りに音が漏れずらくなります

 

見てきて感じて下さい。

薄井工務店の中庭のある家。